被害額の過多によらず、コインチェック事件は 第二のMt.Gox事件にはならない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

最後に、日本の暗号通貨交換所が記録的な被害額でハッキングされた後に残った影響は、暗号通貨の生態系に対する猛烈な打撃だった。異論があるだろうが、それが完全に回復するまでには2年を要した。

今回の事件は、被害額は似ているかもしれないが、暗号通貨市場への影響は希薄化され、一日のうちに市場は反発した。このように日本の暗号通貨の取引所であるコインチェックで起きた大規模な盗難は、表面的には悪名高い Mt. Goxを思い起こさせるものだ。しかし、個別の事件が暗号通貨業界全体にどれだけ影響を与えるのかという点ではまったく異なっている。

要約すると、コインチェックは、東京の現地時間の午後にサーバー上で発生したこのハッキングが、現在、暗号通貨界隈で最大の被害額になる可能性があることを金曜日に確認した。それが盗難であることを発見した直後に、取引所は盗難の疑いのある暗号通貨であるNEM(XEMトークン)、そして他の多くの暗号通貨の取引を中断した。

ブルームバークによれば、約5億本のXEMトークン(約4億2000万ドル相当)がコインチェックから盗まれたという。それは、Mt.Goxでビットコインが盗まれた事件よりも約 8,000万ドルも被害額が多い。

最初、ニュースの一報でXEMの価格は11%も下げたが、CoinMarketCapからのデータは、プレス発表の時点で価格が回復し始めたことを示している。他の大部分の主要な暗号通貨は、価格を下げたが、ほんのわずかだった。

予想に反して、コインチェックもXEMも、Mt.Goxが暗号通貨界隈全体に影響を及ぼしたのとは異なり、影響はわずかだった。

変化した市場

Mt. Goxは、その全盛期には、ビットコイントレーダーのための東京で唯一の取引所であり、(ビットコイン以外の)オルトコインはまだまだ新しいものだった。今日では、より多くの暗号通貨取引所、それに、より多くの暗号通貨がある。

Placeholder VCのパートナーであるChris Burniske氏は、Mt.Goxのハッキングは、総ネットワークの暗号通貨全体の価値のおよそ5%を占めていたことを指摘する。

対照的に、コインチェックの盗難は総額の0.25%未満であり、「Mt.Gox が攻撃された影響は当時の暗号通貨市場では予想以上に大きかった」と述べている。

さらに、市場は、高速道路での個々の車の事故と、高速道路全体が通行止めになる違いを区別することを学んでいる。

Burniske氏は次のように述べている。

「投資家と投機家は、暗号プロトコルの脆弱性とは対照的に、プロトコルの上でアプリケーションに脆弱性が存在することを認識している可能性がある。暗号通貨アプリケーションのインフラストラクチャにおけるさらなる専門性の必要性のもう一つの例がああるが、暗号資産の基盤は弱まっていない。」

資金の回収?

もう一つの違いは、コインチェックの顧客は返済されることを期待しているのに対し、Mt.Goxから盗まれたビットコインのほとんどは回収されず、そのユーザーが完全に把握されていないということだ。

金曜日の記者会見で、コインチェックの経営幹部は、この時点で完全に払い戻されるかどうかは不明だが、盗難に遭った暗号通貨を顧客に補償することを示していた。

これとは別に、XEMトークンを開発したNEMヨーロッパチームのメンバーであるPaul Rieger氏は、コインデスクに対して、盗んだXEMにタグを付け、影響を受けたアドレスを取引所と共有していると語った。

NEMはアカウントベースのプラットフォームであるため、関連するすべてのアカウントにタグを付けることが可能で、口座の資金が盗まれたかどうかを交換所に知らせることができる。

Rieger氏は、第三者の正当なコインチェックから引き出しについての情報を共有することによってアカウントにタグを付けるのを助けたと述べた。ただし、タグが付けられたすべてのアカウントに盗まれたXEMが含まれていることや、盗まれたすべてのトークンにタグが付けられていることは絶対に確かではない。

ちょうど別の取引日

CoinMarketCapのデータによれば、ハッキングが明らかにされた後、暗号通貨は一般に転落したが、時価総額でトップ20の暗号通貨もしくはトークンのそれぞれは、プレスリースから最後の数時間で回復し始めた。

しかし、これらのトークンの多くはまだ下げており、CoinMarketCapに記載されているコインのほとんどが上げを示すグリーンのの表示に移行するかどうかはまだ分からない。

NEMのXEMトークンは、1トークン当たり76.5セントの最低値を打った後にはっきりと回復し始めた。これは1月17日に取引された1トークン当たり72.1セントよりもまだ高い。

XEMトークンは、取引を中断した直後に1ドル超急上昇し、プレス時点で約0.85セント上昇した。

Numbers or Not, Coincheck Isn’t Another Mt. Gox