カナダのエネルギー会社ハイドロ・ケベック社はビットコインマイナーにとても魅力的だ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ハイドロ・ケベック(HQ)社はカナダのケベック州で電力の発電、送電および配電を管理する公益事業であるが、顧客が必要とする以上の余剰電力を保有している。

Le Journal deQuébecの記事では、HQ社の社長兼CEOであるÉricMartel氏は、HQが電気消費のための負のスパイラルにどのように直面しているかを関連付けている。

2007年以来、消費者の電力消費は停滞しており、顧客はますます太陽電池パネルを増やしている。同時に、HQはより多くのダムと変圧器を建設し、より多くの電線を張り巡らせている。 HQ社の生産能力と電力価格が上昇するにつれて、顧客は自立型再生可能エネルギーに目を向けており、HQ社への依存度はさらに低下している。

HQ社はすでに、南カリフォルニア・エジソン(SCE)社などの企業と比較して、非常に低い料金で電力を供給している。価格は、一般的に階層化された電力料金と比較して、暗号通貨マイナーのkWh当たり$ 0.0319($ 0.0394 CAD)料金は$ 0.17〜$ 0.35となる。

ケベックの人々は、当地では電気消費量が少ないため、Facebook、Amazon、Microsoftなどの高エネルギーユーザーを誘致するためのより創造的な方法を模索している。 HQ社は現在450MWhをコンピュータサーバー企業に販売している。 4年間で、一般的に6TWh、暗号化採掘に5TWhを売却することが目標であり、これは米国家庭の200万戸分に相当する。

モントリオールのSatoshi PortalのFrancis Pouliot氏は、HQがBitMinのマイナーを引き付けて、5000MWhの電力を消費することを見込んでいることを示している。安価な電気と寒冷地の気候との間で、温度管理をより安価にすることは、魅力的な選択肢のように見えるが、いくつか疑問もある。

HQ社は、自分のビジネスモデルにマイニングを追加することはできない。事業として許可されていることを規定する特定の法的義務があるからだ。

そして税金はどうなのか?カナダは15%から35%の範囲で個人の所得対する税率が比較的高い。最近制定された米国の税制改革以前の法人税率は28%から33%に上ったため、法人税率は米国に匹敵し、ケベックへの移転を考えれば財務全体を考慮することが重要になっている。

「ビットコインのマイニングはケベック州における電力使用の目的の重要な要素だ」 「この新しいゴールドラッシュではケベックをエルドラドと見なしている。トップレベルの多くの人々がこの新しい資源活用の最前線にいることに興奮している。私は採掘の拠点をカナダに大規模に移転することを考えている。企業誘致のためにすでに行われているキャンペーンは、非常に盛り上がっている。」とPouliot氏はBitcoin Magazine誌に語っている。

Pouliot氏は、農家との戦略的パートナーシップのために、マイニングによって発生した廃熱を利用して温室を加熱するための実証実験がすでに実施されていると述べた。これらのパートナーシップは、早ければ来年の冬に結果を見ることができる。

「モントリオールは廃熱のリサイクルの実験拠点になるだろう」とPouliot氏は付け加えた。

Hut8とBitfuryからの最近の発表によると、カナダは既にいくつかの企業にとって魅力的な選択肢になっている。これはまた、政府が暗号通貨のマイング拠点を閉鎖するように強いられているように見える中国の多くの企業にとっての解決策でもある。 HQ社は、この非常に珍しい問題に対処するためのいくつかの前向きな対策を行っているようだ。

Energy Company Hydro-Quebec Looks to Attract Bitcoin Miners