ビットコインの全暗号通貨中の市場シェアは、「オルトコイン」が活発になる中で、低い水準に達している

Translate this article into English

シェアする

  • 暗号通貨のの総時価総額は、火曜日にいわゆるビットコインの代替通貨(オルトコイン)と呼ばれる通貨を含め上昇し、660億ドルを突破した。
  • その一方で、最大の暗号通貨であるビットコインは、それ以外のオルトコインの総額と比較すると後塵を廃するようになっている。
  • ビットコインの総暗号通貨に占める市場シェアは、火曜日には36%を下回った。

市場シェアが90%近くになると、ビットコインの暗号通貨空間に対する支配力は、2017年の始まりに揺るぎないものだった。

年が進むにつれて、新しい暗号通貨が市場に登場し、ビットコインの支配力は減少し、その傾向は2018年にも続いた。

データプロバイダのCoinMarketCap.comによると、暗号通貨市場全体のうち、ビットコインの時価総額に対する割合は、火曜日には36%を下回り、小規模な代替暗号通貨の市場シェアが回復した。ビットコインの市場シェアは12月初旬の65%から減少している。

確かに、ビットコインは2017年に1300%も価格が上昇した。それでも、過去1ヶ月にわたって、多くの代替デジタル通貨がビットコインをはるかに上回って上昇しているため、ビットコインの市場全体のシェアは縮小している。

Ripple、Stella、Cardanoは、先週、例えば80%以上上昇した。一方、ビットコインは同時期に6%以上取引高が下落していた。目立ったのは、通常、ビットコインが下落したときに、市場全体が影響を受けるということだ。しかし、仮にビットコインが出遅れていたとしても、暗号通貨全体の総時価総額は660億ドルを上回って上昇した。

GFIグループのマクロ・ストラテジストのJohn Spallanzani氏は、ビットコインから他の暗号通貨への健全な移行がこの空間で行われているとBusiness Insiderに語った。

Twitterのダイレクトメッセージで、「回転は良い」「お金が動き回って、それが最良に扱われる場所に行くと、健康的だ」と語った。

暗号通貨DashのCEOであるRyan Taylor氏は、Business Insiderに対し、ビットコインの市場シェアは、より多くの暗号通貨プロジェクトが市場に参入するにつれて低下し続けるだろうと語った。

「それは避けられない」 「1つのブロックチェーンですべてのニーズを満たことはできず、すべての市場のニーズに最適に対応することはできない」とTaylor氏は語った。

暗号通貨はv2Andy Kierszを得る

例えば、RippleのXRPは、国際的な送金を改善するように設計されている。 Dashに関しては、eコマースの便利な交換手段になるよう行動している。Taylor氏によれば、これらの適用事例は投資家をオルトコインに引き付けている。

ビットコインはますます(他暗号通貨の基準となる)デジタルゴールドと見なされているが、他のブロックチェーンはスマートコントラクトの提供、ロジスティクスデータの追跡、特定の業界向けのサービス、またはトランザクションの促進に重点を置いている。

暗号通貨IOTAの創設者であるDavid Sønstebø氏は、ビットコインのアイデンティティの危機が(オルトコインの)新しいプロジェクトで昼食を食べることを許していると語った。
ビットコインコミュニティのパワーブローカーは、何年もの間、その目的を喧伝してきた。ある人は、金のような価値のあるものとして行動するのに適していると言っている人もいるが、支払いネットワークとしてより適していると考える人もいる。

投資家でもあるSønstebø氏は、明確な使用事例に基づいてこれらの暗号通貨に投資を行う、と述べている。
「2018年は、暗号通貨が投機的資産を超えてその有用性を証明しなければならない年になり、ビットコインは今日それを行うことはできないと考えている」 「私はもう暗号通貨の別プロジェクトを求めているわけではない。むしろビットコインはプロトタイプだったので、今後の実体が完成するのを見ている」とSønstebø氏 は語った。

それでも、時価総額が意味のある指標だと誰もが考えているわけではない。 ビットコイン開発者のJimmy Song氏は、このデータは信頼性が低く、暗号通貨市場で起こっていることを正確に描写していないと述べている。

「ビットコインの占有率は、ほとんどの場合と同様に、非常に粗雑な指標であり、残念ながら操作が非常に簡単だ。また、Rippleなどの一部のコインは、事前に採掘される。このように、コインの背後にある様々な要素を使って、適切と思われるように供給を増減することができる。」

一方、「これは新しいものではなく、株式市場では、浮游株の少なさから仕手筋に翻弄される株式は、一般的には空売りを行う者にとって美味しい標的となる」と Chaparro氏は書いている。

「Gnosisのようなオルトコインは、コインの5%しか浮游通貨(誰にも保有されていない暗号通貨)がないため、これを書いた時点でGnosisの1億1500万ドルの時価総額はどれくらい本当なのかは分からない?(株式の浮游株の割合が少ないのと同じで、浮游通貨が少ないと少ない取引量でも価格が大幅に上昇する傾向がある)。

DashPay
Frank Chaparro

Bitcoin’s share of the crypto market hits an all-time low as ‘alt-coins’ go wild