Bitcoin、ダボスでの通貨議論で議題に挙がる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

スイスのDavosで開催された世界経済フォーラム(WEF)で、木曜日に仮想通貨が議題に挙がりました。世界的なエリートイベントでは、bitcoinが通貨であるかどうかを中心に議論が行われました。

「仮想資産バブル」と名付けられたこの議題には、スウェーデンの中央銀行の副総裁Cecilia Skingsley氏、Radian Partners代表のJennifer Zhu Scott氏、 Index Venturesのゼネラルパートナーおよび共同設立者であるNeil Rimer氏、ノーベル賞受賞のエコノミストであるRobert Shiller氏によって議論されました。このセッションは、中国の金融メディア企業Yicaiの副編集長であるYang Yanquing氏によって司会されました。

以前はビットコインがあまりにも不確かなものであると思っていたと話したShiller氏は、このイベントでは仮想通貨を「本当に巧妙なアイデア」と呼びました。しかしその技術は他の場所ではうまく適用できない可能性があるという提唱もしました。

「私はこの技術に感銘を受けた」と彼は強調しました。 「これは、特定の方面に普及していて、これが大好きだという人もいる。しかし、それは他の何かのための技術だと思う。通貨というウィルスになっている。ブロックチェーンは重要だが、安定していない。」

Scott氏はbitcoinを「非常に悲惨な通貨」と呼びました。 Skingsley氏は、通貨が効率的になるためには、価格安定と幅広い受け入れが必要であると主張して、これに共鳴しました。

彼女は続けました:

「私の見解では、bitcoinやその他の仮想通貨は金銭としての基準を満たしません。資産と呼ばれることもありますが、価値を安定して保存できるものではなく、頻繁に変動します。取引の媒体としては使えません。」

Index VenturesのRimer氏はbitcoinを「今まで見たことのない最も大胆で寛大で深遠な発明の1つ」と呼び、生まれて9年しか経ってないことも強調しました。彼はその後、より重大な取り組みに一種の反論を提供しました。

「私たちはこの実験に9年間取り組んでいるが、時にはうまくやっているし、完全に失敗してゼロになるかもしれないが、これによって素晴らしいと思うことがたくさん達成されました。」と議論中に彼は言いました。

Scott氏は、その後、価格変動に関する議論について – 特に、10,000ドル以上の上昇を挙げて – より大きな像への心変わりとして言及しました。

彼女は強調しました:

「今日、人々がbitcoinが10,000ドル以下であるとそれは災害だと話し、bitcoinが10,000ドル以上だと、それに熱狂しているのも事実です。私は、bitcoinがまだ活発であり非常に注目を集めているということ、そしてDavosでノーベル賞受賞者、中央銀行総裁、そして熟練した投資家とbitcoinについて話していて私自身もこれは強力なツールだと思っているということもまた事実だと思います。」

討論者はビットコインの性質に賛同しているように見えますが、議論上にその未来についての不確実性への注意点について挙がりました。

Scott氏は、10年後の安定した仮想通貨が今日のbitcoinとは大幅に違って見えるかもしれないと暗示しました。Rimer氏は、真に革新的な技術は、既存の規制枠組みの中で働く必要があり、少なくとも、「責任ある形で」押し進めて、永続的な影響を残す必要があると述べ、より多くの規制を提唱しました。

WEFイベントはこれまで、英国のTheresa May氏と米国財務長官のSteve Mnuchin氏を含む、暗号化のトピックに関する世界の指導者からの幅広いコメントを特集しています。

Bitcoin Takes Davos Stage in Currency Panel Debate – CoinDesk