仮想通貨(コイン)の IOSToken(アイオーエストークン/IOST)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のIOSTokenの価格・時価総額・出来高

通貨名IOSToken(アイオーエストークン)
通貨略号IOST
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイトhttp://iost.io/

IOSToken(アイオーエストークン)のローソク足リアルタイムチャート

IOSTokenとは?基本情報


IOSTokenは、2018年1月に取引が始まったばかりの真新しい仮想通貨になります。

取引が開始されたばかりの通貨でありながら、取引開始から8日後に当たる1月24日には大手仮想通貨取引所のBinanceに上場し、大きな注目を集めております。

IOS(Internet of Service)は、あらゆるタイプのオンラインサービスプロバイダーに、堅牢なインフラストラクチャーを提供するエコシステムです。

IOSTokenの開発チームは、非常に高いTPS(1秒あたりのトランザクション処理件数)やプライバシー保護機能、スケーラブルで安全なブロックチェーンを提供することによって、オンラインサービスプロバイダーが様々なことに挑戦できる環境を作り出そうとしています。

IOSTokenの特徴・仕組み

IOSTokenは、オンラインサービスプロバイダー向けのインフラを提供するエコシステムになります。
その特徴は以下になります。

  • 革新的なシャーディング機能
  • 新しいコンセンサスメカニズム
  • 包括的なエコシステム

革新的なシャーディング機能

IOSTokenの革新的かつ効率的な分散型シャーディング(※)テクノロジーは、安全でバイアスフリーな確率過程を介して、IOSネットワークを動的に部分空間に分割することで、ネットワークのスケーラビリティーを大きく改善します。
※ シャーディング・・・データを複数のサーバに分散させる機能

この機能の特徴は以下の3つになります。

  • スケールアウト
  • アトミック
  • BRDR

スケールアウト

並行して扱われる複数のグループに完全にデータを分割することで、スケールアウトさせ、システムの処理能力を高めています。

アトミック

クロストランザクション間の一貫性を確保するために、速さが保証されたプロトコルを使用しています。

BRDR

BRDRは、Bias Resistant Distributed Randomnessの略で、IOSネットワークに偏りのないランダム性を提供する、革新性と効率性、安全性をもった機能です。

新しいコンセンサスメカニズム

IOSでは、大きな電力消費量を必要とし、結果的にブロックチェーンの広範な利用を阻害しているPoW(Proof of Work)プロトコルの利用を避けるため、コンセンサスアルゴリズムとしてPoB(Proof of Believability)を設計しました。

PoBでは、あるノードの信頼性(Believability)は、ネットワークへの貢献度と態度によって計算されます。

一方で、ノード間の公平性は、アルゴリズムにランダム性を内包させることで、保証しています。

包括的なエコシステム

IOSブロックチェーンは、新たなアイディアやビジネスを生み出す、包括的なエコシステムになりうるものです。このエコシステムには、以下のような機能があります。

  • HUDS
  • 分散型アプリケーションとスマートコントラクト
  • 公平かつ透明なフィードバックシステム

HUDS

データストレージサービスは、様々なエコシステムの屋台骨となるものです。

HUDSとともに、IOSエコシステムは分散化、安全性、検索性、効率性、経済性を兼ね備えたデータストレージサービスを提供します。

分散型アプリケーションとスマートコントラクト

分散型アプリケーションとスマートコントラクトは、IOSエコシステムの中心部分になります。

IOSのブロックチェーン上で、開発者はIOSのバーチャルマシーンによる安定性と並行性の恩恵を享受できるだけでなく、現在主流となるあらゆるプログラミング言語での開発も行うことができます。

公平かつ透明なフィードバックシステム

ユーザーは、サービスの利用完了時にフィードパックを提供する機会を持ちます。

公平かつ透明なフィードバックシステムは、あらゆるフィードバックが信頼の置けるものとなるよう設計されています。

IOSTokenの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2018年1月16日
  • 取引開始時価格:0.023$
  • 直近価格   :0.099$
  • 最高値    :0.136$(2018年1月24日)
  • 最安値    :0.018$(2018年1月17日)

IOSTokenは、2018年1月16日に取引が始まったばかりのトークンになりますが、1月24日にBinanceに上場し、大きな注目を集めています。

価格についても、取引開始当初は低調でしたが、Binance上場前後で大きく価格を上げており、一気に6倍にまで上がりました。

現在は若干価格を下げたものの、勢いが落ちたとは言えず、今後さらに最高値を更新することも考えられます。

IOSTokenの買い方・売り方・購入方法・取引所

IOSTokenの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

IOSTokenを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」に登録
  2. 国内取引所でビットコインを購入する
  3. Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録方法はこちら
  4. Binance(バイナンス)へビットコインを送金する(Binanceの送金方法はこちら
  5. IOSTokenを購入する

以上の順番となります。国内取引所の登録が完了していれば30分程度で購入することが可能です。

IOSTokenの購入できる海外取引所「Binance(バイナンス)」

▼おすすめのポイント

  • 世界No.1の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 取り扱い通貨100種類以上!(日本は最大でも15種類前後)
  • 日本の取引所で取引されていない通貨が取引できる!
  • 日本語対応していて、初心者でも簡単操作!
  • 手数料が0.05%でお得!
  • 日本の取引所と違い、登録したその日からトレードができる!
  • もちろん無料!
新しい通貨、これから上昇するであろう通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Binance」です。Binanceの登録は最短1分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで 無料で登録できます!

公式サイトへ

登録方法や送金方法がわからない場合はこちらを見ながら進めると簡単です♪
Binanceの登録方法 | Binanceの送金方法

IOSTokenの将来性

IOSTokenは、Binanceへの上場により大きな注目を集めています。

一方で、現在はまだテストネットの構築途中であり、プロダクトの正式な投入は1年以上後になります。

現状の価格は、IOSエコシステムへの大きな期待が反映されたものですが、今後提供されるプロダクトやその遅延等によっては評価が下がることも考えられ、プロジェクトの進捗状況が大きなポイントになってくると思います。

IOSTokenの最近のニュース・最新情報・今後の予定

  • 2018年第1Q
    • 実用最小限機能を持ったプライベートテストネットのローンチ
  • 2018年第2Q
    • テストネット上でのEDSとPoBの実装とテスト
  • 2018年第3Q
    • スマートコントラストのドキュメントドラフトのリリース
  • 2018年第4Q
    • テストネット上でのHUDS展開とモジュール機能のサポート
  • 2019年第2Q
    • IOSネットワークの安全性の検証とテスト
  • 2019年第3Q
    • 公式版のIOSネットワークのリリース
  • 2019年第4Q
    • IOSネットワーク上での分散型アプリケーションのローンチ
    • 機械学習機能の最適化

IOSToken(アイオーエストークン/IOST)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる