仮想通貨ヘッジファンド、IOTAは過大評価されていると批判

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨の投資家に今目をつけているものを尋ねると、彼らのリスト全体のなかでもそのほとんどにIOTAが含まれます。しかし、IOTAの将来は未確定であると思っている人もいるようです。

テキサス州オースティンを本拠地とする、今日の仮想通貨ヘッジファンドMulticoin CapitalがIOTAの分析を発表しました。分析は主に通貨の価値に関するものでしたが、Multicoin Capitalは通貨の主な欠陥と見なすものについても調査しました。

この執筆時点では、IOTAの価格は$ 2.51です。 2017年12月、価格は5ドルを超えました。 Multicoin Capitalの分析が今日発表されて以来、彼らはIOTAが2.50ドルも過大評価されていると考えています。これはちょうど1ヶ月前の約半分です。

なぜ彼らはそれが過大評価されていると考えているのでしょうか?答えは実は非常に簡単です。 IOTAはインターネット上では多くの可能性を秘めていますが、現時点ではIOTAは投資以外の目的では大規模に活用されていません。 IOTAのクリエイターは、IOTAが単なる資金の貯蓄箱になることを意図していませんでした。その背後にあるテクノロジーはすべて機能に関するものであり、世界はIOTAの利用場所を実際には見つけていません。

引用された懸念事項

Multicoin Capitalのアナリストは、IOTAを徹底的に調べました。彼らは批判を表明しましたが、通貨のDAGベース(仮想通貨生成アルゴリズムの一つ)、手数料がかからない事、IOTAのスケーラビリティ(アルゴリズムの拡張性)などのことを開発者に賞賛しました。

彼らの主な関心事項の1つは、IOTAコーディネーターが中央集権化されているという事実です。通貨自体は分権化されていますが、攻撃から安全に保つコーディネーターは分権化されていません。コーディネーターが提供する実際の安全レベルは、それが公開されていないソースであるという事実のために外部から検証されていません。

Multicoin Capitalのもうひとつの懸念は、IOTAが直面している現在の利用不足と関連しています。前述したように、世界はまだIOTAのための特定の利用場所を見つけていません。その理由の1つは、現在のIOT装置(モノをインターネット経由で通信させる装置)がIOTAネットワークを使用するためにハードウェアのアップグレードを必要とすることにあります。アナリストは、これをIOTAの未来にとって最も重要な問題の1つとして認識しています。

ここで取り上げたものに加えて、Multicoin Capitalが他の懸念を表明していましたが、この記事で議論されるIOTAに対する最終的な因子は、ソフトウェアの問題です。これらの問題は、MIT Media Labで発見されました。

ソフトウェアの問題を単純にまとめると、IOTAは脆弱性を持って開発されました。開発チームはそれらについて知っていましたが、MITのメディアラボでの発見まで、一般の人は気づいていませんでした。ソフトウェアの脆弱性が発見された後でさえ、IOTAチームがこの問題に関して公式の声明を出すには何ヶ月もかかりました。

Multicoin CapitalのアナリストはIOTAについて強い意見を持っています。彼らはこの仮想通貨の未来を懸念していますが、IOTAが潜在能力を発揮するところを見たいと考えています。他の多くの人々と同様に、彼らはIOTAを思い切って試してみる前にいくつかの問題の解決法を見たいと思っています。

IOTAは、報道発表までのコメントに対するCCNの要請に応えませんでした。

新しいIoTの技術を使っているIOTAは、今後IoT化が進むにつれて注目に値する通貨です。どのような特徴を備え、決算が行われていくのかを解説しています。また最近のニュースから、MIOTAの今後の可能性についても考察しています。

Cryptocurrenvy Hedge Fund Calls IOTA “Sharply Overvalued”