韓国が実名登録口座での仮想通貨取引を許可

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

2018年1月30日から韓国の6つの銀行で、口座開設、預金、引き出しそしてこれらの口座と取引所間での資金の移動を許可するようになります。しかし、これにはいくつかの新しい制限があります。

韓国政府は、韓国金融委員会からの新たな発表で、イーサやビットコインなどの仮想通貨の取引を抑止するよう努力を続けています。投資家が取引を続けるためには、仮想銀行口座を実名の銀行口座に変更しなければならなくなります。入出金は実名の銀行口座間及び同じ銀行内の一致する仮想通貨取引口座でのみ許可されます。この仮想通貨取引のための「実名」登録システムは、2018年1月30日から農協銀行と新韓銀行を含む6つの銀行から始まります。

韓国人は仮想通貨が高収率の魅力的な投資の選択肢であることに気づいてきました。韓国は世界のビットコイン取引の20%を占めていると推定されています。韓国政府は最近、仮想通貨取引を制限し主要な取引所に打撃を与えるための努力を続けており、国内取引の禁止といったアイデアが浮上しています。大韓民国国務調整室からの「(我々は)この異常な投機をこれ以上看過することはできません。」という声明は、仮想通貨への投機的な投資に対する不満のレベルが高まっていることを反映したものです。

韓国政府は今週、今年は国内での仮想通貨取引から法人税と所得税を24.2%の税率での徴収することを計画していると発表しました。

本日の発表はまた、韓国での仮想通貨取引を、(政府にとって)より簡単でより受け入れやすいものにする方法であることに加えて、マネーロンダリングと詐欺を抑制する方法でもあると見られています。

South Korea Allows Cryptocurrency Trading for Real-Name Registered Accounts