韓国銀行が新しい暗号通貨取引口座を発行、 1月30日から匿名取引を禁止

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国は、今日から1週間以内に暗号通貨取引に使用される匿名の銀行口座を強制的に禁止する。これに伴い、6つの国内銀行がKYCの基準に従った新たな取引口座を発行する。

火曜日の複数の報道によると、韓国の規制当局は、匿名の仮想銀行口座を使っての匿名の暗号通貨取引を禁止している。厳密に言えば、長年に渡っていた動きは、預金口座の名前が暗号通貨交換の口座名と一致しない限り、国内の暗号化取引所の預金を預け入れをトレーダーに許可しない。

1月30日に少なくとも6つの韓国銀行が暗号取引のための新しい取引口座を発行する予定である。銀行がこれらの新しい銀行口座とトレーダー本人の名前を一致させるシステムを公開し、既存の匿名の仮想口座が廃止されることについてキム・ヨンボム金融サービス委員会副委員長は同日、記者団に対し、以下のように語った:

「6つの銀行には、韓国の産業銀行であるNH銀行と、これまで報告された韓国の第2の金融機関である新韓銀行が含まれる。」

銀行とユーザーの取引データを共有するために実名による暗号通貨取引を義務付ける。この動きは、韓国社会の大部分が暗号投資に「投機的投資」をしている政府の進行中の調査の一部であると言われている。

韓国の司法省が暗号通貨取引や為替取引を全面的に禁止している間、他の議員や規制当局は強硬派のアプローチを却下した。韓国の大統領府は、暗号通貨規制のために検討されているいくつかの措置の一つであることを強調して、この話題に重点を置いた。

今日の韓国政府の発表は、その徹底的な禁止を含むことは考えにくい政策をさらに示唆している。 これは現在、韓国人以外の国民および匿名取引にのみ適用される。

FSCのキム・ヨンボム氏は、「政府をはじめとする誰も、暗号通貨の価値を保証する者はいない」とし、禁じられている警告ではなく、 「非常に不安定な性質のため、投資判断をする際には慎重に」ということだ。

このニュースは、暗号化通貨の採用者や取引所にも救済策として来るだろう。ヨンハップ氏によると、韓国の主要取引所のBithumbは、政府の新政策を歓迎している。

「実名取引プラットフォームで、より透明かつ健全な取引システムを構築するよう努力する」と述べた。

Relief! Korean Banks to Issue New Cryptocurrency Trading Accounts; Anonymous Trading Ban on Jan 30