ICOファンドの37億ドルの10%が紛失または盗難:アーンスト&ヤング報告書

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

アーンスト&ヤングの新しい調査によると、ICO(新規暗号通貨公開)で調達した資金の10%以上が盗まれた、または紛失したと主張している。調査結果は、アーンスト&ヤングがこのようなまばらに規制された市場に投資するリスクであると考えていることを詳述するレポートを公表した。

ICOにおけるハッカーのフィッシング詐欺と饗宴

この研究では、アーンスト&ヤングがGroup iBと協力して暗号通貨空間で372例のICOを分析したが、プロフェッショナルサービス会社は調査結果の時間枠を指定していなかった。このレポートによると、研究チームは、「取引所、データアグリゲーター、ICOレポート、ICOトラッカー、ニュースサイト、ブロックチェーンネットワークスキャナー/プラットフォーム、専用のブロックチェーンソーシャルメディアを通じて公開された情報源」からデータを引き出した。

彼らは、問題のICOに関して、資金調達資金の37億ドルのうち約400百万ドルが紛失または盗難されたことを発見した。資金を盗むために、ハッカーはフィッシング詐欺を最も好んでおり、ICO参加者を騙して暗号通貨を詐欺的なウェブサイトに送るように仕向ける。この調査によると、ハッカーはフィッシングだけで月に1.5百万ドルも節約できたという。

ハッカーたちは、資金調達モデルが昨年数十億ドルの投資資金を集めたため、ICOを簡単に儲ける手段とみなしていることは間違いない。
報告書によると、一部のICOは、寄付者が毎秒30万ドルの平均レートで資金を投入しているのが見られた。この資金の流入は、2017年6月のICOの90%がブームのピーク時に資金調達目標に達することをもたらした。しかし、この狂乱の投資は、11月になるとICOのわずか25%しか目標に到達しなかったため、年末までの数ヶ月でかなり冷めた状態になった。

アーンスト&ヤングのブロックチェーン技術における世界的イノベーションリーダーであるPaul Brody氏は、ロイターとのインタビューで、質の低い不十分なプロジェクトに打撃を与えたと指摘している。

「いくつかのホワイトペーパー(ICOの要件の1つとして必ずホワイトペーパーを用意しなければならない)の品質にはショックを受けました。明確なコーディングエラーがあり、トークンを発行している企業とトークン所有者のコミュニティの間に利益相反があることがわかりました」

「量が爆発しただけで、人々は資金調達の目標を上げ、品質はちょうど低下した」とBrodyは考えている。

投資家は、金銭的利益を逃してしまう恐れがあるため、プロジェクトのホワイトペーパーの荒々しいコーディングエラーが含まれ、プロジェクトに赤信号が点っていることが見えている事が多いと主張している。このように、サービス会社は、市場のファンダメンタルズを考慮せずに、不合理なトークン評価がICOブームを押し進めていると考えている。

エクスタシーを黙らせ慎重さを思い出せ

アーネスト&ヤングがICOを資金調達モデルとして排除しているわけではないことに注意することが重要だ。

アーネスト&ヤングは財務コンサルティング・アンド・アドバイザリー・ファームであり、このように、このレポートは、暗号通貨分野における適切な意思決定の方法に関する投資意識を高めることを目的としている。

そして、このアドバイスとその警告は、十分に価値がある。

盗まれたICO資金の10%は、ハッキングされた資産に加算される。ハッカーは暗号通信コミュニティを長く悩ませてきた。攻撃を中和するためのより良いインフラストラクチャを構築するためのスペースが必要になるため、このような落とし穴を避けるためのコミュニティとして警戒し続けることが重要だ。

ICOに投資する前に適切な調査を行うことも賢明だ。まだ大部分は規制されていないが、暗号通貨の世界は、失敗したプロジェクトから完全な退出詐欺やねずみ講にいたるまでのリスクを伴う。従って、それが暗号通貨やICO,またはそうであるかどうかにかかわらず、資金をどこに投資するかを選択する際には、常に情報を得て、警戒しておくことが最善だ。

10% of $3.7 Billion in ICO Funds Lost or Stolen: Ernst & Young Report