Nvidia、グラフィックカード不足の中、暗号通貨マイナーよりもゲーム愛好者を優先

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

コンピュータゲーム愛好者に長い間関わってきたNvidiaは、最近、小売業者に同社のグラフィックスカードの販売先をゲームコミュニティを中心にして、それ以外の販売先に対して販売制限をするように依頼した。具体的には、暗号通貨のマイナーへの販売制限を依頼している。

ComputerBaseによると、Nvidiaの広報担当者Boris Böhlesは、ゲーム愛好者が優先されると語った。「NVIDIAの場合、ゲーム愛好者が真っ先に優先されます。当社のGeForce製品ラインに関連するすべての活動は、主要な顧客に集中しています。 ゲーム愛好者が現在の状況で良好なGeForceグラフィックスカードを確保できるようにするために、販売パートナーは、いつものようにゲーム愛好者のニーズを満たす適切な手配をすることをお勧めします。」

小売業者に販売を管理するようアドバイスすることで、NVIDIAはグラフィックスカードの価格を引き下げる方法を模索している。

2017年4月から今月まで、、TechSpotはGeForce GTX 1050 Tiの27%、GeForce GTX 1060 3GBの86%、GeForce GTX 1060 6GBの89%、有名なGeForce GTX 1080 Tiの59%のそれぞれの価格の上昇が報告された。顧客はまとめ買いでカードを購入しているため、価格上昇と製品の不足が生じる。 Nvidiaはまた、販売台数のさらなる増加を避けるために、顧客あたり2枚のグラフィックカードしか販売しないように提案している。

暗号通貨のマイナーはますます増加しており、ビットコインのマイナーは2017年に36テラワット時ものエネルギーを使用した。

しかし、これはビットコインが最初に立ち上げられた時ではなかった。マイナーは2〜3台のPCとCPUが使い易いだろう。しかし、BTCの生成の複雑さは時間とともに増加し、マイナーはより多くのコンピュータの計算処理能力を求め始めた。

興味深いことに、TechRadarはNvidiaのGeForce GTX 1070をマイニング用の最高のグラフィックスカードとして挙げた。ハッシュ率と消費電力が低いほど、暗号通貨のマイナーは長期間使用するために製品の高い価格を見落としていた。実際、Nvidiaのグラフィックスカードは前述のリストに3つランクインした。

NvidiaのCEO、Jensen Huang氏は、暗号通貨とその将来について語った。「暗号通貨はここにとどまり、市場はかなり拡大するだろう。すぐに消えてなくなる可能性は低い。もっと多くの通貨が増え、通貨は色々国々から生まれてくるだろう…我々は市場に非常に近づき、市場の動力学を非常によく理解している」

Huang氏は、Nvidiaには 「採掘に最適化された特別なコインマイナー用SKU(製品の管理単位)」があり、暗号通貨専用のGPUを立ち上げて販売すると信じていた。しかし、最近発表されたことは、Nvidiaがまだ暗号市場に注力していないことを証明している。

他の企業もこのような状況を利用してより多くの金銭的な利益を得ることができるが、Nvidiaはそのゲームコミュニティやゲーム愛好者を満足させることに重点を置いている。

Nvidia Prioritizes Gamers Over Cryptocurrency Miners Amid Card Shortages