中国、仮想通貨の関係する詐欺を取り締まる姿勢

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の治安部は、仮想通貨関係の物も含め、同国のピラミッドスキーム(ねずみ講のような詐欺の一種)を標的にすると先週金曜日に述べました。

1月19日の声明で、公安省は、ピラミッドスキームや参加者に何らかの製品を販売することを奨励し、他の人たちに自身の販売ネットワークを作るよう奨励する詐欺を厳重に取り締まることを明らかにしました。先週報告されたように、国際的な複数の機関に摘発されたOneCoinが、よく知られている仮想通貨ピラミッドスキームの一つです。

大臣は翻訳された声明で次のように述べました:

「国の治安機関と産業部門、商業部門は、引き続き重要な分野で特別な整備を行い、ピラミッド型販売組織体制を破壊することに注力し、ピラミッド型販売集団のメンバーを厳しく罰し、ネットワーク上のピラミッド型販売と犯罪行為を撲滅させ、そして経済的、財政的秩序と共に一般市民の正当な権利と利益を早急に守る。」

この声明では、他のタイプの製品と関係するピラミッド型スキームとは異なり、仮想通貨と関係するスキームにどの程度焦点を当てるのかを明確にしていません。

これは、政府の役員が仮想通貨の関与しているスキームのいくつかに精査を適用することを警告しています。過去には、Gemcoinのような詐欺によって数千人の中国人が騙され、OneCoinも同様の詐欺であることが中国で知られていました。

また、昨年のICO禁止の例に示されているように、中国がより強力な勅令に移行するかどうかはまだ分かっていません。当時のCoinDeskが報告したように、中国当局者はブロックチェーンの資金調達モデルを禁止し、これを違法な資金調達形態とみなしました。

China Moves to Crack Down on Digital Currency Pyramid Schemes – CoinDesk