米国上院議員、ベネズエラの経済制裁逃れのための仮想通貨計画を非難

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

米上院議員のマルコ・ルビオ(R.-Fl)とロバート・メネンデス(D.-NJ)は、ベネズエラの計画した仮想通貨を新しい書簡で非難しました。

米国のSteven Mnuchin財務長官宛ての公開書簡で、RubioとMenendezは、財務省が、ベネズエラが石油に裏打ちされた独自の仮想通貨を作り出す計画をどのように監視していたかを尋ねました。同国の大統領Nicolas Maduroは、この通貨によって自国が世界的な金融制裁を回避するのに役立つだろうと述べました。

2人の上院議員は、ベネズエラが米国の制裁を回避するために「石油」を使用するのを防ぐために財務省がどのように動くかを知りたがっています。この書簡で、ベネズエラが経済危機に数年間直面し、ほとんどの市民は基本資源の不足状態にあると指摘しました。

RubioとMenendezはこう書いています:

「ベネズエラが仮想通貨を開始する能力を持っているかどうかについては深刻な疑念を抱いているが、米国財務省が、米国の制裁を回避するために仮想通貨を利用することに対抗するためのツールと施行メカニズムを備えていることは不可欠である。特にこのケースではそうです。」

このプロジェクトは、ベネズエラ議会が、それを違法と糾弾し、立法府がトークンの作成に投票する必要があると述べて、ベネズエラ自国内でさえ議論のシェアを喚起しています。

今月初めには、ソーシャルメディア上でその仮想通貨について主張された白書が共有されていましたが、中央政府はそれを虚偽とし、Maduroは後日このトークンの白書を発表すると述べました。

US Senators Blast Venezuela’s Oil-Backed Cryptocurrency Plan