インド最大の仮想通貨取引所、銀行口座停止

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

インドのニュース誌であるThe Economic Times(ET)の報告によると、インドのビットコイン取引は、国内のトップ金融機関から生じた混乱に直面している可能性があります。2017年12月以来の過去1ヶ月間に、インド国有銀行、HDFC銀行、Axis Bank、Yes Bank、ICICI Bankを含むいくつかの国立銀行は、特定の仮想通貨取引に属する口座を凍結しています。

銀行口座の停止は、銀行業界の仮想通貨取引業界に対する信用力の欠如、特にほとんどの取引所が主に借入金で運用されていることが主な理由で引き起こされていると思われます。さらに、銀行口座を完全に停止していないインドの銀行のほとんどは、1日以内に引き出せる金額を制限しています。

Economic Timesに載せられているこの件で影響を受ける取引所のリストには、Zebpay、Unocoin、CoinSecure、BtcxIndiaだけが含まれていますが、他の取引所もいくつかの問題を抱えていることが明らかになっています。

銀行関係者は、「インド準備銀行は、我々に指示を出していない。私たち自身が慎重に動くことを決定したのです。」とEconomic Timesに語りました。金融機関はまた、アカウントを人質にとりながら、仮想通貨取引所に借り入れ時に担保を要求しています。問題に精通している情報筋によると、

「先月から、銀行は1:1の比率で追加的な担保を求めています。」

金融機関から資金を借りたインドの取引所のほとんどが、プライベート・エクイティ投資(未公開株への投資ファンドの種類の一つ)からこの資金を充当するほどの金額を得ることを望んでいましたが、まだ成果を収めていません。ベンチャーキャピタリスト(ベンチャービジネスが発行する株式への投資を行い、資金を提供すると同時に、経営コンサルティングを行う個人)は、政府が国の仮想通貨の税制と規制面を明確にするのを待っている可能性が高いです。

Economic Timesによると、推定8つの銀行口座がこれまでに凍結されている可能性がさらに高いとの見通しを示しました。銀行はまた、銀行口座を作成した時点で記載された以外の理由で口座を使用している取引所があると報告しています。インドの金融機関は、このような不審な取引をFIU(金融情報部門)に開示するよう義務づけられています。

しかし、取引所を精査しているのは、インドの銀行部門だけではありません。同国の直接税課税部門と間接税課税部門もまた、この問題に強い関心を示し始めています。2017年12月、インドの所得税部門は、全国のさまざまな仮想通貨取引所で監査を実施しました。数日後、以前に大量の仮想通貨取引を行った富裕層である個人に通知を送ったと彼らは発表しました。同部門によれば、インドの取引所トップ10の累積収入は、60億ドルの大台にあるそうです。

インドの仮想通貨取引の大半を担い、新規の投資家の間でもっともポピュラーな選択肢であるZebpayとKoinexは、過去数週間に彼らの銀行口座が停止した後、声明をいくつか発表しました。Zebpayはこの期間に引出し処理を停止しませんでしたが、サポートウェブページで証明されているように、預金に伴ういくつかの問題がありました。Koinexは、2018年1月8日にオプションを再度有効にする前に、預金を含むすべての取引を約1週間中断しました。

議員や金融機関によるこのような監視の増加により、先月はインドの取引所にとって特に問題のある月でした。仮想通貨市場が引き続き国の人々を魅了し、初心者の投資家に牽引され続けると、状況は悪化する可能性が高いです。

India’s Biggest Bitcoin Exchanges See Bank Accounts Frozen