ビットコイン先物は暗号通貨市場を制御できるか?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ウォール街の投資家はビットコイン先物を使って暗号通貨市場を操作できるのか?

最近の1月15日の週の市場下落に基づけば、「はい、できる」がその質問の答えになるだろう。

先週、市場が低迷する中で、Redditには、1月17日水曜日の午後4時に終了する予定だったビットコイン先物の冷やかしの投稿があり、CBOEの最初のビットコインの先物取引がビットコインあたり10,900ドルで期限切れとなった。 1人のRedditユーザーによって(ビットコインの価格の下落が)カウントダウンされた。

ビットコインの価格は直後に戻ってこなかったが、先物契約が切れた後、オルトコインは数時間後にリバウンドし始めた。

先物の戦略

多くの機関投資家は先物契約を使用してビットコインの価格を引き下げ、ストップ・ロス・トリガーを設定して価格を引き下げ、さらにクラッシュのように見せることで、より安く購入するといったずる賢いやり口を取る。 これは初心者の投資家が価格の下落を手伝い、総損失を避けるために売却することを恐れていることも利用される。

この戦略を取ることで、ウォール街の投資家は戦略的に価格を大幅に下げて、かなり低い水準に戻って、それからビットコインの価格を吊り上げるため、前例のない最高水準まで上昇する可能性がある。 そして、利益を集めてこういったサイクルが繰り返されれ、ビットコインが上昇したり下がったりするたびに利益を増やすことを前提としている。

連動:暗号通貨は一緒に上昇し、一緒に下落する

興味深いことに、暗号通貨市場は、オルトコインと同時に上昇したり下降したりするようだ。

この調和のとれた価格上昇と暗号通貨の為替相場の下落を引き起こすことは、システムの問題なのか? 答えは少し曖昧だが、いくつかの要因がある。 ほとんどの取引所は普遍的な取引通貨としてビットコインを使用しており、多くの投資家がビットコインを売買してオルトコインを売買している。

ビットコインの強気相場が始まると、投資家がビットコイン自体に買いを入れる場合や、その逆の売りを入れる場合に、オルトコインの多くが倒れる。ほとんどの取引所では、取引に法定通貨を使用するのではなく、ビットコインが必要なため、これはシステム全体にも適用される。

市場に通貨を投資し、投資家がそれを取引する際に残すのは簡単だ。 ある通貨から別の通貨に移動し、それを平日通貨に換金しない。 さらに、ビットコインの価格が下落したり、現金通貨に対して上昇すると、すべてのオルトコインが通常それに追従する。

市場の多くがビットコインに縛られているため、ビットコイン先物契約では暗号通貨市場全体を操作することが容易になる。なぜなら、オルトコイン(ビットコイン以外の暗号通貨)価値はビットコインの価値に連動しておりオルトコインだけの価値だけではないからだ。

次のリトマス試験は、ビットコインのシカゴ商品先物取引所(CME)の先物契約の決済日に設定された1月26日金曜日に行われる。 現在、暗号通貨市場が回復していることを考えると、契約は引き続き強気に上げ続けるかそうではないかに注目が集まる。

Bitcoin Futures: A Way to Control Cryptocurrency Markets?