韓国第二位の新韓銀行が仮想通貨取引をサポート。仮想通貨の投資家は安堵

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

韓国市場で最大の仮想通貨取引所のうちの2つであるBithumbとKorbitは、Kookmin Bank(国民銀行)での預金と引き出しが1月末までに無効になると発表しました。

新韓銀行(Shinhan Bank)、仮想通貨取引をサポート

韓国の最大の金融機関である国民銀行は、仮想通貨取引をサポートせず、仮想通貨の投資家にバーチャルの銀行口座を提供しないことを決定しました。 韓国の取引プラットフォームでは、各投資家にバーチャルの銀行口座が割り当てられており、直接現実の銀行口座から銀行口座へ資金を移動することなく、韓国通貨ウォンの預金と引き出しができます。

ここ数週間、地元の投資家は、国民銀行が韓国の仮想通貨取引所が立ち上げたバーチャルの銀行口座を閉鎖するという突然の決定に懸念を示しました。多くのトレーダーは、他の銀行が国民銀行の決定に従い、仮想通貨取引に対する金融的なつながりをなくすことを恐れました。

今週の初め、Korbitは、1月末までに国民銀行の口座の代わりに新韓銀行の口座からの預金と引き出しを受け入れることをユーザーとトレーダーに告げました。Korbitがユーザーに送った声明は次のようになっています。

以前に発表されたように、政府が実施している身分証明および反マネーロンダリング規制を遵守するために、現在のKRW(韓国ウォン)の預金方式は2018年1月末までに終了します。

今月に予定されている新預金方式を利用するには、法的名義で新韓銀行の口座を登録する必要があります。この期間を使って新韓銀行に銀行口座を開設してください。 Korbit上で新しいウォンでの支払い用口座の情報を入力する方法について、詳細な指示をもってフォローしていくつもりです。

最近のKorbitの発表によって、トレーダーらは安堵し、仮想通貨取引の禁止の可能性について懸念しないようになりました。

これまでの公式文書では、韓国政府は金融業界の規制として、金融機関と銀行に仮想通貨の取引に銀行サービスを提供することを防止するように要求したと述べていました。

韓国の仮想通貨取引市場に何が起きるか?

今週、2017年にアメリカの商品先物取引委員会(CFTC)が行ったように、政府が金融機関にビットコイン先物をリストすることを許可するつもりであることを高ランクの金融機関の権威が主張したと、いくつかの地元のメディアは報じました。

政府当局者は、ビットコイン先物のリスティングが市場を安定させ、ビットコイン取引市場を成熟させ、土着の投資家による過度の投機や割り増しを減らすと説明しました。

今後数ヶ月で、韓国政府は、投資家と企業の両方を保護するための実用的な規制を展開するでしょう。 12月に発表された声明では、仮想通貨規制の執行部隊のメンバーは、政府が日米のような主要市場によって確立された規制ロードマップに従うだろうと述べました。

市場の現状と短期的な取引禁止を行わないという政府の決定をふまえ、韓国の仮想通貨取引市場は、韓国と世界の市場での仮想通貨の価格と量の上昇によって示されているように、ここ数日にわたってかなり楽観的でした。

South Korea’s Second Largest Bank Supports Cryptocurrency Exchanges