ライトニングネットワークはビットコインの大規模処理に伴う「トリレンマ」を解決しない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインは、「ピアトゥーピアの電子マネーシステム」というサトシ・ナカモト氏の本来のビジョンから大きく逸脱してはいないが、拡大する需要に対応できないことを証明してしまった。

これは、伝統的な金融システムを使用することなく、迅速かつ安全かつ安価な支払い手段を提供することを目的としていた。

今日ではVisaやMastercardなどのトラフィックのうち、ごくわずかな部分でしか運用されてはいないが、(ビットコインのネットワークは)非常に遅くて非常に高価になっている。

ビットコインの大規模処理の問題を解決することは、開発者の主な関心事なっている。しかし、この問題は難しくなっている。

今、必要性から美徳をつくり出すとすれば、ビットコインが他の暗号通貨の裏打ちをする「デジタル・ゴールド」ということだ。2100万ビットコインの発行上限は、厳しい金に裏打ちされる金本位制に似た理想的な頼みの綱となっている。新しい支払いシステムをそれに積み重ねて構築することができる。

問題は、完全な分散化、固定されたマネー・サプライ、効率的な支払いシステムのための十分な流動性、のそれぞれ3つを同時に満たすことが不可能だということだ。 これがビットコインの「トリレンマ」と言われるものだ。

流動性のない資金

古い金本位制では、トリレンマは存在しない。いつも集権化されていたためだ。

例えば、19世紀の「古典的」金本位制は、当時、世界の3分の1を支配していた大英帝国の全盛期に行われていた。ポンドは国際貿易のための通貨であり、金に裏打ちされていた。

大英帝国の国々は、英国政府によって金本位制を強要された。一方、帝国外の国々は、貿易をはるかに容易にしたため、金本位制に加入したり、あるいは通貨としてポンドを採用した。

ローマ帝国

網目の中心に位置するイングランド銀行は、金とポイントの発行価格の両方を管理していた。

しかし、ビットコインの場合、それが分散システムとして設計されているという事実は、何か他のものからビットコインへ与えなければならないことを意味する。そしてその手がかりは急速に上昇する価格だ。

ビットコインの流動性が低下した。

ビットコインの流動性が急速に低下している理由は、需要が高まり、それが囲い込まれ、設計された希少性、それぞれの有害な組み合わせによるものだ。急激な価格上昇は、購入量が販売量以上に増加したことを示している。

価格の上昇に伴い、ビットコインを購入している人が増々増えているが、すでにビットコインを所有している人は同じ理由で必死に保持している。

急速に価格が上昇するということは、保有者が大きな利益を得る機会に直面していることを意味するので、人々はまた、ビットコインを使用することには消極的だ。

ビットコインはまだ採掘されているが、需要に見合って採掘される余地はどこにもない。とにかく、マイナーも自分のビットコインを保有し続けることができる。

一方、トランザクション量の増加はネットワークの混雑を引き起こしている。

ビットコインは配給確認以外の能力を調整する手段を持っていない。

マイナーは、手数料の低い取引よりも高い手数料での取引を迅速に検証する。

ビットコインの価格が急速に上昇しているため、高速検証(ほとんどすべての人が対象)を望む人は、より高い手数料を支払うことになる。高い手数料の支払いを望まない人は、取引が決済されるまでにもっと長く待たなければならない。

したがって、ビットコインの人気は、取引手数料の高騰と決済時間の低下の両方を意味する。

ハイパーインフレでシステムが終焉に至るのを防ぐための設計機能は、それをデフレ・グリッドロックに向けて推進することだ。

ビジネスインサイダー誌が質問しているように、金を使うことが不可能で、かつそれを何にも交換できないという時点の状況は一体どのようなものだろうか?

しかし、この問題を回避する方法はあるのか?ライトニングネットワークに取り組んでいる賢い人々はそう思っている。彼らの解決策は、ほとんどの取引をオフチェーン(取引処理をビットコインブロックチェーンの外で管理・実行すること)で行い、ネットワーク全体で流動性を共有することだ。

供給低下

ライトニングネットワークは、ビットコインブロックチェーンから、事前に資金が供給され、双方向のビットコイン支払いチャネルの外で行われる分散ネットワークだ。ライトニングネットワークのトランザクションは通常小さく、ほとんどがブロックチェーンにはブロードキャストされない。したがって、オンチェーン(取引処理をビットコインブロックチェーンの外で管理・実行すること)で行われるされたビットコイントランザクションよりもはるかに高速で安価であるべきだ。

十分な人がライトニングネットワークの支払いチャネルを開設していると仮定すると、結局はネットワーク全体に分散したかなりのビットコイン流動性プールが存在することになるだろう。問題はそれをどのような共有できるかということだ。

ライトニングネットワークの開発者は、どのネットワークノードが支払いを行うのに十分な資金を持っているかを特定し、それらのノード間で支払先までの最短実行可能ルートを計算し、支払いを送信するルーティング機能を設計している。これがうまくいくと、ビットコインの「トリレンマ」が解決される。

しかし、それがうまくいくかどうかは確かではない。潜在的な問題は2つある。

1つは、ライトニングネットワークの事前資金提供チャネルが、他の目的に使用できる資金を賄っていることだ。このため、人々は、まれに残高調整を行うのではなく、頻繁に上がることで、ライトニングネットワークのチャンネルに非常に低い残高を保つことを選択する可能性がある。

第二に、チャネルの資金調達が絶えず変化していることでだ。一般的に、人々はチャネルに資金を提供し、バランスを徐々に落とす。資金調達直後はかなりのバランスが取れていたかもしれないが、数日後にはバランスがかなり減少している可能性がある。

多くの人がほぼ同時に資金を調達している場合(例えば、人が支払日で資金を調達し、翌月に支払う場合など)、ネットワーク全体の流動性はかなり異なる可能性があある。これは、時には、特に大きな支払いのために、支払い経路を見つけることが困難であるか、または不可能であることを意味する。

それゆえ、ライトニングネットワークはビットコインと同じように流動性が低下すると証明できる。流動性の低下の問題は、いつでも決済経路に利用できるように、オープンで完全な資金供給を受けている大型決済チャネルを作成することで解決できる。しかし、これは、ライトニングが完全に分散化されていないことを意味する

このような「ハブ」型のチャネルは支払いにはより効率的だが、泥棒にとっては磁石であり、ネットワークでは弱点になる。 「ハブ」の1つがダウンした場合、支払いがひどく混乱する可能性がある。

代替案は、支払いが通過する際にチャネルが一時的に赤字になることを許可することだ。これは決済が常に行われるようになる。しかし、それは実質的に部分準備金貸付であるため、ビットコインの「ゴールドスタンダード」原則に違反することになる。支払いを決済するために金が必要な場合、十分な金がない場合、支払いを決済することはできない。そういうわけで、ビットコイン本位性であるゴールドスタンダードが働いている。それが失敗する理由だ。

ライトニングネットワークはまだ進行中の作業だ。しかし、現時点では、ビットコインの「トリレンマ」の問題をどのように解決できるかを知ることは困難だ。

Lightning Network May Not Solve Bitcoin’s Scaling ‘Trilemma’