26大学を中心にビットコインのライトニングネットワークのコンテストを開催

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコインでの大規模処理が難しい課題の主な解決策として、多くの人がライトニングネットワークについて考えているが、さらに多くの開発者がそれを実現するために実際に作業しているかどうかは不明だ。

ライトニングLabのCEOであるエリザベス・スターク氏によれば、この技術の実装に専念しているフルタイムの開発者はわずか10人に過ぎない可能性があるとのことだ。

この背景から、Bsafe.networkとして知られている26大学のグループが、ビットコインの基盤から2層目で動作する技術、すなわちライトニングネットワークを評価するために参加者を公募するコンテストを開始した。

賞金はまだ授与されていないが、コンテストはエンジニア、学生、教授がネットワークのセキュリティとプライバシーを測定し、悪役がライトニングネットワークを迂回するために使用できる「攻撃モデルを収集する」、ビットコインの大規模処理を実現し、潜在的に料金を削減する方法になることが予告されている。

このネットワークの特別な監視は、ユーザーと開発者がライトニングを実際に立ち上げる時から行われる。

ライトニングネットワークの開発者は、ダミーの暗号通貨を使用しテストネット上のテクノロジのみを使用することを推奨しているが、実際は、本物のビットコインを使用して、数多くの熱心なユーザーや開発者がライトニングネットワークの技術を使い始めている。

これらの大胆なテスターの中には、その過程で少しのお金を失ったものもいる。 VPNプロバイダのTorGuardなどのいくつかの企業は、すでにライトニングネットワークの支払いを受け入れている。

この公募による競争は、AESやSHA-3など、データを保護するためにインターネット上で一般的に使用される暗号化の標準を改善するために実施された過去の成功したコンテストに触発されたことによると、Bsafe.networkの共同設立者とジョージタウン大学の松尾真一郎教授は述べた。

松尾氏は続ける。大学で維持されているBsafeのグローバルテストネットワークは、ライトニングネットワークのバトルテストのための提出物を分析する中立的な研究機関として行動する。

松尾氏はコインデスクに次ように語った:

「今回の公募によるコンペで、ライトニングネットワークの多くの機能拡張が実現すると思います。」

誰にでも公開されるコンテストの応募は3月に予定されている。すべての提案書が提出されると、大学はBsafeのグローバルテストネットワークで全員をテストし、8月に受賞者を発表する会議が開催される。

それを理解する

松尾氏は、セキュリティとプライバシーの技術に光が当てられ、そしてそれが暗号通貨の「1層目の基盤であるレイヤー1」とどのように相互作用するかが示されることで、提出書類が輝くことを期待している。

技術がどのようにして大規模に使用され、悪用されるかを誰も実際に知ることができないため、このコンテストは役に立つ。松尾氏は、さまざまな国や分野の学者によって分析される世界中の提案を求めることによって、競争の激しい雰囲気が生まれ、どの技術が必要で、どの技術は必要でないかといった正確なトレードオフが何であるかを明らかにするのに役立つと考えている。

ビットコインのブロックチェーンに対する支払いの大規模処理能力を高めるためには、ライトニングネットワークなどの基盤から2層目の技術が必要だが、この採用によって信頼モデルが変更される可能性がある。つまり、ライトニングネットワークが完全に分散されない可能性がある。

このため、この技術には批評家の公平な評価があり、その中で最も強力なのが、ライトニングネットワークがビットコインの思想とは相容れない分散型の技術ではないと主張している意見があることだ。

このコンテストは、ライトニングネットワークの長所と短所についての洞察を収集するためのものだ。

公開のコンペ

そして、提出物が審査され、授与された後、Bsafe.networkはビットコインコミュニティが突出した結果から学ぶことができるように、すべての評価を公開し、すべてのコードを公開する予定だ。

しかし、ライトニングネットワークを改善する以上に、Bsafe.networkがビットコインとブロックチェーン業界にさらに大きな影響を与えることが期待されている。

松尾氏はこのコンテストを最初に行うことを望んでおり、グループの一員である大学のネットワークを成長させ、より多様なものにする努力をしている。

「このようなオープンな競争を行うことで、26の大学があり、成長しているので、そのような種類の技術を比較する中立的な結果が得られました。」

また、コミュニティの中立性を広げることができれば、ブロックサイズの議論などの激しい議論に従事する人たちが、テストに基づく指導のためにBsafeに向かうことが期待されている。

松尾氏は、議論から何度も出てきた辛辣な言葉は、Bsafe.networkが技術的分析を提供することによってより生産的に指導できる “コミュニケーションの課題”となり、より深化すると考えている。

松尾氏は結論した:

「すでに暗号化技術は整っていますが、ビットコインとブロックチェーンには、中立的な技術分析の方法が必要です」

Battle-Testing Lightning: 26 Schools Start Contest to Secure Bitcoin’s Layer 2