個人投資家は増えるか?ビットコイン投資信託が 91対1の分割へ

Translate this article into English

シェアする

ビットコインは、新しいカテゴリーの資産として、ここ数カ月間に多くの注目を集めている。調査の結果、ミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)はビットコインを従来のカテゴリーの資産よりも好むことが分かっている。

ビットコインの数億ドルの時価総額と相まって、ウォールストリートは、幹事会社が率いる手数料取引から、第三者企業が運営する自己管理型の暗号通貨取引へと、より多くの資金が流れ込むようになった。

ウォールストリートは、2015年にビットコイン投資信託(GBTC)を立ち上げたことでその解決策を見つけた。

GBTCは、ビットコインを購入し保持するETF(為替取引ファンド)だ。

分割の理由

ビットコイン分割の理由は、個々の通貨の価格を引き下げて、個人投資家がより取引しやすくするためだ。

現在、GBTCは約1,800ドルで取引されている。つまり、Robinhoodのようなアプリを使っている新しい個人投資家は、最小単位の通貨すら買うことさえできないかもしれない。この問題を解決するために、現在のすべての保有者が1株に対して安価に価格設定された91株を取得する分割が行われている。

このETFは原資産を表しているため、それが表すビットコインの額も減少する。現在、すべてのシェアは.092 ビットコインを表している。分割後、すべてのシェアは約0.00101ビットコインを表す。

1月22日以降の保有者は分割の対象となり、分割は1月26日に行われる。ほとんどの株式分割と同様に、個人投資家による投資の増加が価格上昇につながると予想することができる。また、個人投資家は、ボラティリティがより高く、FUD(恐れ、不確実性、疑念)やFOMO(行き先不明の恐れ)に敏感だ。

これはビットコインにとってどういう意味があるか?

まず、GBTCの資産であるビットコインはこれまでに作成された最も取引の敷居が低い資産の1つであることを認識することが重要だ。コインベースのような使いやすい「取引所」は、購入の決定時から、ビットコインを所有するまで、ETFで伝統的に表されている株式、金、またはその他の原資産よりもはるかに短い。

たとえば、コインベースは1日に125,000人のユーザが新規に口座を開くといった急激な速度で成長している。明らかなことがあれば、個人投資家は実際にビットコインに投資するために、これより安価な方法を必要としていないということだ。

さらに、GBTCは資産の基礎となる唯一のETFであるため、ビットコインは50%を超える高いプレミアムで取引される。これは、コインベースで$ 10,000のビットコインを購入できる場合、GBTCのビットコインに相当する株式は$ 15,000の費用がかかることを意味する。最後に、ファンドには2%の管理手数料が付いている。これは、管理されていないETFにとって信じられないほど高く、過剰だ。

それにもかかわらず、分割が価格に対してどのような影響を与えるかを見ることは興味深いはずだ。 ビットコインを介してETFに投資しない理由がある場合、個人投資家が保有する他の暗号通貨の資産はこのETFを越えて収益を上げることは可能なのだろうか?

この答えは、時が教えてくれる。

More Retail Investors Coming? Bitcoin Investment Trust Sees 91-to-1 Stock Split