VisaCEOが語る「ビットコインの直接的受け入れを拒否」

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Visa社は、ビットコインの直接の受け入れをしない方針を固めたようです。これは、同社のCEOであるAlfred Kelly氏の、ニューヨークで開かれたNational Retail FederationでのCNBCのインタビューでの発言によるものです。

「我々Visaは仮想通貨を基にした取引は行ないません。」と彼は述べます。「我が社が処理を引き受けるのは、通貨に基づいた取引のみです。」

Kelly氏は、ビットコインに挙げられるような、急速に価値が変動する仮想通貨の問題を引き合いに出してこう述べます。「ものを購入するときには、公平な対価で取引したいと思うものです。その品物が100ドルなら、私が支払いたいのは100ドルです。」

もしあなたが、「価値が変動するビットコインによってさらに価値が変動する、航空券や車といった、事前に購入にしておくもの」を買うことになったら「それをビットコインで購入するなら、どの時点で価値が決まるのでしょうか?」と彼は疑問を投げかけます。あなたならいつ購入し、いつ利用しますか?

現段階でKelly氏はビットコインについて、支払いの規律と相反する、思想上の産物であるという見解を述べています。

支払い制度ではない 単なる商品

「支払い制度とは見なしていません」と彼は話します。「私のビットコインに対する見解は、今の時代の投資のできる商品であり、正直に言って、投資のできる思想上の産物だと見なしています。」

ビットコインの価値がひどく不安定だったこの3ヶ月間に誰かが投資した時を当てにしていれば、多額の金を稼ぐことができたでしょう、と彼は述べます。

あるCNBCは、Visa社がBitPayを通じたビットコインの支払い用カードを扱っていたことを指摘します。

Visa社 ビットコインクレジットカードを終了

しかし、ジブラルタルの電子支払い措置を行なう企業であるWave Crestとのパートナーシップを終了させたVisaは、ビットコインと仮想通貨のデビットカードを実質的に無効にしたのです。

TenX、Xapo、Coins.ph、Bitwala、BitPay、CryptoPayを含むビットコインと仮想通貨のデビットカードサービスのプロバイダーはいずれも、VisaによるWave Crestへの措置により影響を受けています。それらの仮想通貨のデビットカードサービスプロバイダーは、Wave CrestとVisaのパートナーシップによる仮想通貨支払い機能を信頼していました。

2016年、BitPayはVisaのビットコインデビットカード利用者へ、VisaのPOS端末での支払いと、全米内のVisaのATMで現金の引き出しが可能になったと発表しました。

前出のCNBC関係者は、Kelly氏の考えは利用者に広まりつつあった、経済の主流におけるビットコインの役割に対するより直接的な答えの一つになる、と話しています。

Visa CEO: We Won’t Accept Bitcoin Directly