東京電力がブロックチェーン企業の英Electron社へ出資

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

東京電力ホールディングスの金曜日のプレスリリースによると、昨年末に英国のブロックチェーン・スタートアップ企業のElectron社に出資したと発表した。

東電、Electoronの両社は、より効率的かつ信頼性の高いインフラストラクチャを構築することを目標として、エネルギー配電に関するブロックチェーン技術の利用を計画している。

東京電力の執行役員であり、グローバルなイノベーションと投資の責任者である弁護士の見學 信一郎(けんがくしんいちろう)氏は次のように語った。

「エネルギー市場に大きな影響を及ぼす潜在的可能性を持つブロックチェーンに関するさらなるノウハウを探求し、獲得することは非常に喜ばしいことであり、新しいチャンスを追求し社会の新しい価値を創造することは非常に重要だと考えています。」

東京電力は、特に壊滅的な地震とそれに続く津波により、2011年に福島第一原子力発電所が破壊された後、ブロックチェーンシステムに長年にわたり関心を示してきた。東京電力は昨年、コインデスクから報告されたように、消費者が電力料金を事前に支払うためのプラットフォームを開発しているイーサリアム・スタートアップ企業であるG​​rid +と提携したことを明らかにした。

また、昨年5月には、エネルギー分野におけるブロックチェーンの利用を促進するための非営利活動法人であるEnergy Web Foundationのメンバーになった。

「ブロックチェーン技術を利用することで、公共料金の請求を減らすことができます。また、数百万のエネルギー機器間で相互に取引できるようにすることで、エネルギー部門でのゲームを変える役割を果たす可能性があります。」

TEPCO Invests in Blockchain Startup in Bid to Decentralize Systems