ブルガリアがOneCoinに対しての国際捜査に参加

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブルガリアの特別検察庁は、広く「マルチ商法」を展開していると非難されているデジタル通貨投資スキーム「OneCoin」の背後にある企業や人物に対する幅広い国際調査に携わっている。

ブルガリア当局は、1月19日の声明で、ドイツの関係者と欧州司法機構、欧州刑事警察機構の国際関係者と協力してOneCoinを調査していると語った。ドイツはOneCoinとその推進を効果的に禁止したことから、昨年早くからOneCoinを調査している。

ブルガリアの検察官は、過去2日間で、OneCoinに接続している会社に結ばれた企業のオフィスを捜索したと語った。政府によると、何十人もの証人が尋問を受けている。

声明は次のように説明している:

2017年1月17日と18日に、欧州刑事警察機構とドイツの調査機関の代表のもと、Wan Network Servicesと他の14社のオフィスが捜索を受けた。サーバを含む多くの重要な証拠が押収されており、今までに50人の証人が尋問を受けている。

声明はまた、調査の国際的な性質を強調し、最近数ヶ月間に自国の調査を開始した多くの国を指摘している。例えば、7月にはOneCoinの創設者Ruja Ignatovaがインドの当局から「マルチ商法」と関連して罪に問われていることが報告された。

現在、OneCoin Ltd.の関連会社は、イングランド、アイルランド、イタリア、米国、カナダ、ウクライナ、リトアニア、ラトビア、エストニアなど多くの国で捜査されている。

Bulgaria Joins ‘International Operation’ Against OneCoin