【クレディ・スイス報告書】ビットコインマイニングは「環境破壊」を引き起こさない

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

クレディ・スイスの報告書は、ビットコインの採掘拡大が「環境アルマゲドン」を引き起こすものではないことを報告している。

ビットコインの採掘は環境アルマゲドンにはならない

経済的なひとつの勢力としてのビットコインの出現は、ビットコインのマイニングに関係して様々な影響をもたらした。これは、収益性の向上によってより多くのビットコインマイナーがこの生態系に引き寄せられたためだ。

ビットコインを得るための問題解読は、電力消費の増大という代償を伴い、環境活動家らはこれに驚愕し、一部の批評家はビットコインが世界的なエネルギー危機を引き起こす可能性があると指摘する。

しかし、クレディ・スイス・グループの新しい報告書はこれらの黙示録的な予測を否定している。

先週、モルガン・スタンレーは、暗号通貨の採掘者であるコンピュータが、今年だけで140テラワット時の電力を消費する可能性があると予測した。これは世界的な電力需要の約0.6%に相当する。この報告書を引用して、クレディスイスは、ビットコインの採掘が、少なくとも、しばらくは「環境的アルマゲドン」を引き起こす可能性は低いと述べた。

ブルームバーグによると、マイケル・ワインシュタイン率いるクレディ・スイスのアナリストたちは、今週の報告書で「これは一部の人が恐れていた電力と環境のアルマゲドンとはまったく違う」と述べた。

暗号通貨の採掘者は、業界での競争上の優位性を得るためにはよりエネルギー効率の良いハードウェアと採掘方法を開発する可能性が高いため、マイナーの電力消費が直線的に増加すると予測するのは間違いであると付け加えた。報告書は、この現象は、マリファナ栽培者とデータセンター事業者の両方が高成長を遂げた時に発生したことを留意している。

年間50億ドルの収益機会

この報告書は、ビットコインの採掘が、年に350テラワット時のエネルギー消費に近づくことは「非常にありそうもない」と予測する。この消費量は、該当する業界を「超ハイエンド」電力消費者として認定する時の基準となる。

むしろ、アナリストは、採掘が電力生産者に年間50億ドルの「世界的な年間収益機会」を提示できると予測している。これは、毎年世界中で消費される6兆ドルのエネルギーとはかけ離れている。

「これは世界の電気使用量のほんの一部であり、世界の総エネルギー消費量のさらに小さい部分である」と結論付けた。

採掘者が求める余剰電力

さらに、採掘者の電力消費に関する黙示録的な予測は、過剰供給のために低コストのエネルギーを求める傾向がある、実用率の低い場所に産業が自然に陥るのを無視している。

例えば、カナダの水力発電事業者のハイドロ・ケベック(Hydro-Quebec)は、国内の採掘者に利用可能な電力量を削減するという中国の明らかな要望を受けて、ビットコインマイナーを積極的に求めている。

余剰電力が使用できる地域へ暗号通貨の採掘作業が集中することは、この急成長する暗号通貨業界の環境への潜在的影響をさらに軽減する。

Bitcoin Mining Isn’t an ‘Environmental Armageddon’ : Credit Suisse Report