リップルとは何か?

Translate this article into English

シェアする

リップとは何か?リップは技術的にビットコインと同じタイプの暗号通貨か?端的な答えはおそらく「いいえ」だが、リップとビットコインは、しばしば同じカテゴリーに分類されることがある。

リップルとは何か?

リップルペイの後継として、2012年に最初にリリースされたリップルはリアルタイムの総決済システム(RTGS)、為替および送金ネットワークだ。

リップルは、トランザクションの記録を、独立したサーバーのネットワークによって管理される共通の台帳を使用して絶えず比較検証する。ビットコインが使用するエネルギーやコンピュータ処理能力を浪費するプルーフオブワークの合意形成アルゴリズムには依存していない。

リップルは、共有された公開データベースに基づいている。公開データベースは、整合性を保証するために検証するサーバー間で合意形成プロセスを使用する。 これらの検証サーバーは、個人から銀行まで、誰でも参加できる。

リップルプロトコル(XRPとして表記されるトークン)は、2人の当事者間の資金の即時かつ直接的な転送を可能にするためのものだ。 あらゆる種類の通貨、例えば、法定通貨から金(きん)さらには航空会社のマイルまで交換することが可能だ。 リップルは、伝統的な銀行業の料金や待ち時間、さらには取引所を通じた暗号通貨の取引すら止めることができると主張している。

ビットコインとは基本的にどこが違うのか?

リップルがブロックチェーンベースのテクノロジであると仮定されるのは、そのサーバーと合意形成の検証メカニズムのためだ。それは合意形成を指向しているが、リップルはブロックチェーンではない。 リップルは、ハッシュツリーを使用してデータを1つの値に集約し、検証したサーバー間で比較して合意形成を提供する。

銀行はリップルが好きだと思われており、ますます多くのリップルの決済業者が登場している。リップルは企業のために開発されているが、どのような人に使えるものだ、ただし、そこに焦点を当てることは本質ではない。リップルプラットフォームの主な目的は、世界中の潤沢な資金をできるだけ早く動かすことだ。

これまでのところ、リップルはリリース以来安定しており、3500万件を超えるトランザクションが問題なく処理されている。 1秒間に1,500トランザクション(tps)を処理​​でき、毎秒50,000トランザクションの(クレジットカード会社の)Visaのレベルに拡張できるように更新された。比較すると、ビットコインは3〜6tps(スケーリングレイヤは含まない)、イーサリアムは15tpsしか処理できない。

リップルのトークンXRPは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの他の暗号通貨と同じようには採掘されていない。その代わりに、それは会社が株式を発行する方法に似て、創業時に発行された。それはちょうど1000億枚を集め、多くのXRP暗号通貨を発行した。

XRPとは何か?

技術として、リップルプラットフォームは、その有効性について、主張されている内容を検証するだけの真の価値と実績を持つ可能性がある。しかし、XRPトークン自体は、ごくわずかな適用事例しか持たないようだ。実際、リップルは少なくとも2016年に暗号通貨への熱狂的な関心が始まるまでは、段階的に打ち切られる予定だった。しかし、CNBCが今日指摘したように、リップルの価格が6.57ドルに達すると、時価総額はビットコインよりも大きくなった。

リップル社から発行されたXRPトークンは1,000億枚だ。現時点では、これはXRPの総数であることが約束されている。しかし、技術的には、今後、より多くのトークンを発行することを止めるものではない。 リップルのハブ&スポークデザインは、XRPを途中から、通貨やデジタル資産(航空会社のマイルなど)と交換可能なツールとして位置づけている。

リップルはXRPを通じて3.5秒で支払いを決済し、それを利用可能かつ消費可能にすることができる。 XRPの使用は、一般にリップルネットワークとは完全に独立している。つまり、銀行は実際には、トークンを購入するときに多くの小口投資家が見逃す可能性のあるドル、ユーロなどを移転するためにXRPを必要としていない。

リップルの価値とは何か?

リップルの価値は、Xトークンではなく、リップル自体のネットワークと、世界中の資産を迅速に移動する能力にある。

銀行はリップルのソフトウェアを使用して、異なる外貨間で資金を取引することができる。 現在、これは通常、煩雑な手続きを必要とし、各国で別々の口座を保有する銀行が加盟していSWIFT(国際間の金融決済ネットワーク)を使用して行われている。リップルは、アメリカン・エキスプレスを含む100以上の銀行(SWIFT加盟の11,000金融機関と比較して)がリップルのネットワークに加盟していると述べている。

すべては誇大広告なのか?

ビットコインは2017年にかけて劇的な価格上昇を見せていたが、今年の終わりにはビットコインは2万ドルを割れた。ビットコインの価格が上昇するにつれて、ライトコインが50ドルから400ドル近くに上昇し、イーサリアムが倍増し、NEMとEOSが5倍に上昇した、多くのオルトコイン(ビットコイン以外の通貨の総称)価格が大幅に上昇したことが分かった 。失敗する心配は多くの投資家を野蛮にした、そして、全てのBTCの高値が暗号通貨を彼らの手の届かないものにすると誤認した新しい投資家にとって「より安価な」通貨(オルトコイン)が魅力的になった。

2017年12月までソーシャルメディアで渦を巻き起こしていた噂は、コインベースがリップルをリストアップして価格を高騰させたことを誇張していたことだ。コインベースがこのブログのより一般的な方法で噂に対処するよう促した、

2018年1月4日に投稿:

「この声明の日付現在、GDAXまたはコインベースのいずれかに資産を追加することは決して行っていない。(ブログなどの)反対の記述は真実ではなく、会社規定によって許可されていない。」

コインベースの発表は、リップルの大きな落ち込みをもたらし、噂が始まる前と同じレベルに戻った。その後、リップルは劇的に減少し、他の多くの不安定な暗号通貨と同じように回復した。 コインベースはリップルをサポートしていないが、依然としてリップルを獲得する方法はいくつかある。

注意の喚起

リップルの批判は数多くある。 ビットコインや他のブロックチェーン愛好家からの苦情は、リップルの集中管理は、ビットコインのような分散型ブロックチェーンの理想と利点とは正反対だということだ。

リップルはまた、潜在的に悪意のある、または安全でない検証サーバから保護するための、信頼できるUNL(Unique Node List)を維持する。一方で、問題のある検証サーバーから保護するが、理論的には規制当局や政府が入ってきても、必ずしも望ましくない変更や強制的な変更を強制することはできない。完全に暗号化されているためだ。さらに、2013年にFinCEN違反と罰金が科されたため、リップルはポリシーを更新し、金融規制に準拠したゲートウェイのみを認識し、推奨するように改めた。

ニューヨークタイムズの記者ナサニエル・ポパーは、XRPトークンを意味のある方法で使用する予定の銀行をまだ見つけていないと自身のツイッターにコメントした。リップルのCEO ブラッド・ガーリングハウスは、ポパーの主張を否定している。「ここ数カ月間、私はACTUAL銀行と支払いプロバイダと話をした。彼らは本当にxRapid(XRP流動性商品)を真剣に使うつもりだ」しかし、ポパーが指摘するように、リップルの提案の連絡を受けた銀行さえも、いつでもリップルを実施する計画としてはコミットされてなかった。

フィナンシャル・タイムズによると、リップルに公的にリンクしている18の銀行と金融サービス会社の大半は、「実際の資金を動かすために」リップルのシステムを使用し始めた人がいると発表された間に、まだ「テストの段階を超えていなかった」と述べた。また、回答した16社のうち1社がXRPトークンを使用すらしていなかった。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

https://bitcoinmagazine.com/guides/what-rippl