【リップル社が回答】リップルとXRPによくある9つの質問

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

リップルとその暗号通貨であるXRPに関する市場の関心は非常に高まっている。当然、会社、デジタル資産、その使用方法、購入場所についての質問が存在する。

リップルとXRPに関する誤解を解消するため、リップルチームが受けた9つのよくある質問の回答を掲載した。このリストは、ニュースや新しい開発が展開されるにつれて定期的に更新される。

XRPを購入するには?

XRPは世界中の60以上のデジタル資産取引所で購入できる。その多くはこのページに掲載されている。 リップルは、そのページに表示されるゲートウェイや取引所に関して、何も表明しておらず、推薦しているわけではない。すべての取引所で、XRPを購入するプロセスが異なる。

既にXRPを購入済みで、かつ購入に関する質問がある場合は、直接取引所に問い合わせいただきたい。健全なXRP市場を維持するために、リップルはXRPを最上位のデジタル資産取引所に上場させることが最優先事項であり、広く世界中からのアクセスを可能にしている。

リップルは通貨の主導権争いに専念しているため、グローバルな流動性を創出するための継続的な進展が期待できる。

XRP、XRP台帳、リップルの違いは何か?

XRPは、XRP台帳に固有のデジタル資産である。 XRP台帳は、オープンソースの分散台帳(ブロックチェーン)である。リップルは非上場会社である。

XRPを採用した金融機関はいくつか?

2018年1月現在、MoneyGramとCuallixの2社は、xRapidを通じて支払いフローにXRPのパイロットでの使用を公表し、クロスボーダー支払いについての流動性ソリューションを提供している。 リップルには、支払いフローにXRPを使用することに関心のある金融機関の引き合いが増えている。

XRPはどのくらい安全か?取引所を使用する必要があるか?

XRP台帳は、XRP取引が発生し記録される場所だ。台帳を管理するソフトウェアはオープンソースであり、さまざまな組織によって運用される分散ネットワークのサーバー上で継続的に実行される。これは、積極的に台帳を開発して管理するオープンソースのコードに基づいている。 XRP台帳の開設以来、分権化により、台帳をより弾力性に富ませ、単一点に抵抗するように働いている。

XRPを購入するには、交換所またはゲートウェイを使用するか、デジタルウォレットを持っている必要がある。リップルは、ゲートウェイ、交換所、またはウォレットに関していかなる保証も表明していないが、XRPを提供している取引所についてはリストを参照いただきたい。

XRP台帳は集中管理されているか?

これはXRP台帳に対する誤解だ。集中化は、単一のエンティティが台帳を制御することを意味する。 リップルはXRP台帳のオープンソースコードに貢献しているが、XRP台帳の所有、管理、管理は行っていない。 XRP台帳は分散されている。リップルが存在しなくなった場合でも、XRP台帳は存続する。

リップルは、金融機関向けの流動性ツールとしてのXRPの使用を促進する長期戦略に貢献するなど、いくつかの理由により、XRP台帳のサポートに関心を持っている。 XRP台帳の地域分権化は、開始当初から開始されていて現在も進行中だ。 2017年5月、われわれは分権化戦略を公に共有した。

まず、2017年7月に55のノードに拡張したXRP台帳で検証用ソフトウェアを継続的に分散する計画を発表した。また、検証済みの検証用ノードをUnique Node Lists(UNL)に追加する計画を共有し、2017年上記の客観的基準を満たしている第三者検証済みノード2つにつき、XRP台帳の信頼できるノードの大多数を事業体を運営していない企業になるまで、リップルが運営する検証ノードを1つづつ削除する。

これらの努力により、XRP台帳のエンタープライズレベルの弾力性と堅牢性が向上し、XRPが引き続き支払いのための最高のデジタル資産として採用されると考えている。

どのウォレットを使うべきか?

リップルは、デジタルウォレットに関していかなる保証も表明していない。第三者または第三者の技術に金銭を信じる前に、常にあなた自身の適正評価を行うことをお勧めする。

XRPの価格変動は、金融機関がxRapidを採用するかどうかが影響を及ぼすか?

いいえ。リップルには、xRapidのパイロットに興味のある金融機関の安定したキャッシュがある。 xRapidを使用する金融機関は、XRPを長時間保持する必要はない。さらに、XRPは3〜5秒で決済される。これは、金融機関が取引の過程で限定されたボラティリティ(変動の激しさ)にしかさらされていないことを意味する。

リップルはXRPトランザクションを停止できるか?また、ランザクションを表示または監視できるか?

リップルを含むXRPをのトランザクションを停止することはできない。 XRP台帳のすべての取引は一般に閲覧可能である。

リップルでさらにXRPを採掘できるのか?

いいえ、会社はXRPを採掘していない。会社設立前に1000億XRPが作成され、リップルが設立された後、XRPの開発者は相当量のXRPを会社に贈与した。

リップル・XRP・Rippleはマイニングの仕方に特徴のある通貨です。リップルコインを手にするには採掘をするのではなく、「World Community Grid」というガンなどの研究開発に貢献することでXRPがもらえる仕組みです。

Top 9 Frequently Asked Questions About Ripple and XRP