【インタビュー】ARK(アーク)開発者・クルーが語る仮想通貨の今後と投資家へのメッセージ

Translate this article into English

シェアする

COIN NEXT(コインネクスト)は「ARK」プロジェクトへの独占インタビューを敢行。ARKプロジェクトは仮想通貨・暗号通貨市場についてどう考えているのか、自分たちのプロジェクトの意味や目的、ユーザーへの提供価値について語ってもらった。

ARKの詳細についてはこちら

Ark(アーク)とは?基本情報 ARKは単なる暗号通過ではありません。複数のブロックチェーンをブリッジングし相互接続したエコシステ...

Q. ARKとはどのようなプロジェクトですか?あなたの哲学と価値提案を教えてください。

ARKは、テクノロジーの巨大さと複雑さによって起こる、ブロックチェーン参加への障壁をなくすことを目指しています。私たちは、「WordPress(ワードプレス)がウェブサイト開発のために貢献したように、ARKにブロックチェーン技術を発展させてほしい」と思っています。

私たちは、プッシュボタンブロックチェーンという技術によって、企業、ベンチャー企業、開発者のニーズを最も重要な顧客として取り組み、これらを現実的にすることができます。

また、ARKはカスタムブロックチェーンの展開を簡素化し、幅広いサービスの展開をすることができます。

Q. ARKはどの分野で2018年に焦点を当てますか?

現在、私たちは重要なコードを一から書き直すことに集中しています。

私たちは実行してきた数か月で多くのことを学び、将来の規模での使用のために「何が改善できるか」について考えさせられました。

それとは別に、私たちにとってキーポイントである「Point. Click.Blockchain. (=簡単な操作性)」プッシュボタンブロックチェーン技術と同じように、ARKエコシステムにスマートコントラクトをもたらすARKVMの実装にも取り組んでいます

これらは、直感的なUIを使って数回クリックするだけで、カスタムブロックチェーンのセットアップと展開が簡単です。

私たちはこれらを全て作りながら、主要なカンファレンスなどのスポンサーを行い、カレッジハッカソン(大学生のエンジニアやプログラマー)や地域の集まりなどのコミュニティのサポートにも取り組み続けています。

私たちは、開発者や愛好家、または興味を持ってくれる方全員に福音を説くために(=良いことをもたらすために)、私たちができることであればなんでもします。また、私たちは、ARKテクノロジーを使って、使用感を改善したい新しいブロックチェーンのプロジェクトへの助言と支援を行います。

※ARKVM
The ARK Virtual Machine integration will allow users to issue ARK Smart Contracts. Similar to Ethereum.

Q. ARKの機能は将来のプロジェクトにどのように貢献しますか?

ARKは、私たちが好きなブロックチェーン技術を利用しながら、独自のアイデアを簡単に導入できるようにするために始まりました。

私たちのチームの全てが開発者というわけではありませんでした。

新しいアイデアを開発し、我々が関わっていたブロックチェーンを基盤としたイノベーションを様々な産業に取り組んだ時、私たちは知識に大きな相違があることに気づきました。コアARKエコシステムで構築している全てのものは、将来のプロジェクトを容易に展開できるようにするために構築されています。

いくつかの例を挙げると、ARKの独自の機能である、異なるブロックチェーン内でデータの相互接続と移動を行う機能を活用する様々なプロジェクトがすでに注目されています

私たちはBlockport(blockport.io、分散型交換機)、Persona.im(persona.im、=ゼロ知識証明システム)と提携しており、ARKコードを分岐させあらゆるプロジェクトを開発しています。

これらのプロジェクトは、ARKのスマートコントラクト用のブロックチェーンとARKVMの相互運用性の利益を得ます。すべてのARKクローンチェーンでは、ARKウォレット、ARKエクスプローラ、およびLedger Nano Sハードウェアウォレットと完全に互換性があります。

Q. ARKはどのように暗号通貨の世界で勝つつもりですか?

端的に答えると、技術本来の入り口に参加するために巨大な障壁を取り除くことによって、コミュニティ全体で勝つことです。

もう少し詳しく説明すると、私たちは問題を解決するために存在し、これまでの銀行や伝統的な考え方を超えて、実現可能な解決策について世界に教えるために活動します。

また、私たちは最終消費者が簡単に利用できることにも注目しています。

ブロックチェーンプロジェクトは、より簡単でより多くのユーザーにフレンドリーな解決策を目指すべきだと考えています

現時点では、世界の人口のほんの一部しかブロックチェーン技術の仕組みを理解しておらず、暗号技術の多くの解決策は、技術専門でない多くの人にはほとんど理解されていません。

ブロックチェーンプロジェクトの最終目標は、消費者がブロックチェーンがあることを知る必要がないほど、メールのように直観的で使いやすいようになり、また、教育と時間を通じて少しづつ扱われていくようになることです。

Q. あなたが注意を払っている暗号化・通貨プロジェクトや企業はありますか?

私たちはARKに重点を置いていますが、ブロックチェーン技術を全体的に改善するために協力したいプロジェクトを常に探しています。

私たちはすべて、一つの目標を達成することを目指しています。それは、ブロックチェーン技術が持つ可能性によって、よりオープンな世界にすることです。

Q. ブロックチェーン技術と暗号通貨が将来私たちの生活をどのように変えると考えていますか?

私たちの生活はより良く変わり、誰もが自身の銀行のようになり、自分の記録を保持し、ストレージ、さらには身分証明としてブロックチェーンを利用することができます。

もはや、クレジット・スコア(クレジットカードが示す財政的信用度)や銀行といった中央集権型システムは必要ないと思われるようになります。

暗号通貨とブロックチェーンの革命は、インターネット、携帯電話、電子メールと同様に、私たちの日常的な仲間になります。

それは、私たちのお金を莫大な手数料で管理したいと思っている中間的な人間(=銀行などの中央集権型システム)をなくす時期です。時は変わり、未来は個人にとって非常に明るく見えています。

Q. 暗号通貨について批判的なコメント、暗号通貨がバブルや詐欺だと言う人もいます。どう考えていますか?

この業界は急速に成長しているため、専門家たちがそれをバブルと呼ぶようになってしまっています。

しかし、不動産市場のように以前に見られたバブルとは異なり、これはすべて新しいものです。このため、私たちは産業界や地域社会として、ブロックチェーン技術が持つ可能性についてみんなが知識を得るために教育、情報提供、支援をしなければなりません。

Q.  最後に投資家にメッセージをお願いします

あなた自身を教育して、他の人を教育することができます。ブロックチェーン技術が受け入れるようになり、産業でより多くの先駆者が登場すればするほど、環境の変化と適応へのスピードは上がります。

もしあなたが、ブロックチェーン技術を使って人々の生活をより良くできるようなアイデアがあるならば、手を差し伸べて話してください。私たちは、あなたがその夢を実現できるように手助けできると考えています。

ARK」の詳細ページはこちら

Ark(アーク)とは?基本情報 ARKは単なる暗号通過ではありません。複数のブロックチェーンをブリッジングし相互接続したエコシステ...

英語でのインタビュー内容(English Version)

Q. What kind of project is ARK? Please tell me your philosophy and value proposition.

ARK is looking to eliminate the barrier to entry in the blockchain space that is caused by the immense complexity of the technology. We want ARK to do for Blockchain what WordPress did for website development.

We are making that a reality with our focus on push-button blockchain technology and by steering our efforts toward meeting the needs of enterprises, start-ups, and developers as our prime customer base first and foremost. ARK will enable simplified deployment of custom blockchains while allowing the deployment of a wide array of services.

ARK’s value proposition lies within that core platform and the utility of the services we will build into the ecosystem. Services such as the capability of connecting to different blockchains via our SmartBridge technology.

We have successfully connected to Ethereum, Bitcoin, and Litecoin blockchains with more in development. SmartBridge allows ARK to move data from one blockchain to another with the use of special Encoded Listener Nodes that can interpret and process data back and forth between different chains. With the integration of one of our next milestones, ArkVM, all ARK blockchains will be capable of utilizing smart-contracts as well and we are concurrently working an IPFS based blockchain storage solution.
The ARK platform will be a great place for future blockchain developers to get their feet wet in this budding industry.

ARK will allow them to customize a blockchain for their businesses with the features their companies needs right at their fingertips, with an all-in-one ARK blockchain sandbox.

Q. In Which areas of development will ARK be focusing on in 2018?

We are currently focusing on rewriting our core code from the ground up. We learned a lot in the few months we have been running and that gave us insight into what can be improved for future use and scaling.

Apart from that, we are also working on our ArkVM implementation, bringing smart contracts to the ARK ecosystem as well as our push-button blockchain system which is key to our core “Point. Click. Blockchain.” experience. These are easy to set-up and deploy custom blockchains, with just a few clicks utilizing our intuitive UI.

While we build all of this, we continue to support community outreach initiatives through partnerships with college hackathons, local meetups, and by sponsoring major conferences.

We are doing anything we can to preach the gospel of blockchain to developers, hobbyists, or really anyone who will listen. We will also be advising and helping new blockchain projects that want to develop their use cases and be powered by ARK technology.

Q. How do the features of ARK contribute to future projects?

ARK started because we wanted an easier way to deploy our own ideas while utilizing the blockchain technology that we love.

Not everyone on our team is a developer and we immediately realized there was a huge gap in knowledge and the ability for someone to quickly spin up and deploy the technology when developing new ideas and bringing blockchain based innovation to the various industries we were all involved in. Everything we are building in the core ARK ecosystem is being 100% built to facilitate future projects and the ease at which people can deploy them.

Just to give some examples, there is already interest from various projects that want to harness ARK’s unique capability of interconnecting and moving data back and forth within different blockchains.

We have partnerships with Blockport (blockport.io, a decentralized exchange), Persona.im (persona.im, zero knowledge identity system), and we have already seen several other projects fork the ARK code to develop all kinds of projects.

These projects will benefit from ARK’s ability to interoperate between blockchains, as well as ARKVM for smart contracts. Every ARK cloned chain gains the ability to use all of the ARK wallets, ARK explorers, and even be completely compatible with Ledger Nano S hardware wallets.

Q. How is ARK going to win over the cryptocurrency world?

The short answer is that we will win over the community by removing the immense barrier to entry inherent to the technology.

For a longer and more nuanced answer, we are here to solve a problem and help educate the world on the possible solutions that are available beyond banks and beyond traditional thinking.

We are also focusing on ease of use for end users. We believe a blockchain project should aim to achieve easier and much more user friendly solutions.

At the moment, only a fraction of the world’s population knows how anything in this industry works, and a lot of solutions in the crypto space are barely understood by the non-technical majority of the population.

The end goal for any blockchain project should be that consumers don’t even need to know that there is a blockchain under the hood – it should all be intuitive and easy to use, like email, but just like in email, there will be a slight learning curve that must be dealt with through education and time.

Q. Do you have any cryptocurrency projects or companies that you are paying attention to?

We are quite focused on ARK, but we are always looking for projects that would like to collaborate to improve the blockchain ecosystem as whole.

We are all aiming to achieve one goal, and that is to open the world’s mind by educating and showing the possibilities that blockchain technologies offer.

Q. How do you think that our blockchains technology and crypto currency will change our lives in the future?

Our lives will change for the better, allowing anyone to be their own bank, keep their own records, utilize the blockchain for storage, and even identity. No longer will we see the need for centralized systems, such as credit scores, or even banks. C

ryptocurrencies and blockchain solutions will become our everyday companions, just like the internet, mobile phones, and email. It’s about time we eliminated the middle-man who constantly wants to encroach on our freedoms and hijack our money through exorbitant fees.

The tides are turning and the future is looking very bright for the individual.

Q. I make critical comments on the crypto currency and some people say that the cryptocurrency is a bubble or a fraud. How do you think about this point?

This industry is growing at a rapid rate and that leads to “professional analysts” calling it a bubble.

But unlike the previously seen bubbles, like the real estate market, this is all new to them.

This is why we, as an industry and community, must educate, inform, and assist everyone to gain a worldwide knowledge of the potential of blockchain technologies.

Q. Please give a message to investors at the end.

Educate yourself, so that you may educate someone else. Blockchain tech is here to stay, the more educators we have in the industry, the faster adoption and change can happen.

If you have an idea for how we can use blockchain to improve people’s lives, reach out, talk to us. We think we can help you make that dream a reality.