中国のBitcoinマイナー、政府の取締を回避するため国外への脱出を開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

いくつかのニュース報道が現れはじめ、中国は電気へのアクセスを制限することで、中国のビットコイン採掘事業を阻止する可能性があることを示している。

しかし、中国人民銀行が2018年1月3日に開催された会議ですべての鉱業会社の一部に影響を及ぼす計画を策定しただけなので、この動きはすべてのマイナーに影響を及ぼすものではないかもしれない。その大規模な事業が消費する電力とその周辺地域の電力価格の不公正に影響を与えるかどうかを議論している。

ウイグル自治区のある関係者は、ウォールストリートジャーナル紙に対し、中国政府は地元機関に通知を送っており、「国が望んでいること」をしていると語った。

このような制限的な政策が導入されることを見越して、広範な鉱業を持つ業界のリーダーたちはすでに海外の他のオプションを検討しています。中国の第3位のマイニングプールであるBTC.TOPの創設者であるJiang Zhuoer氏は、ブルームバーグ  とのインタビューで、同社は「比較的安いコストと国と政策の安定のためにカナダを選んだ」と明らかにした。

中国のBitmain社のCEO、Wu Jihan氏によると、彼の会社は現在使用されているすべてのビットコインマイニングプールの約70%を生産している。

Bitmainもまた、中国最大のビットコインマイニングプールの2つを運営しており、現在、地域本部をシンガポールに移している。また、米国とカナダで事業を展開している。スイスの新聞Handelszeitungからの報告に基づき、Bitmainはスイスに子会社を設立した。

同社のスポークスパーソンは、「法的安定性が最も進歩的な国の一つです。同様に、4番目に大きいプールであるViaBTCも北米とアイスランドで採掘を開始して中国への依存を排除​​しています。」と語った。

China’s Bitcoin Miners Begin Exodus amid Government Crackdown