【仮想通貨取引所】GMOコインの登録方法・本人確認・二段階認証の設定方法

Translate this article into English

シェアする

はじめに

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引サービスです。この記事ではGMOコインへの登録手続き、本人確認、二段階認証の設定など取引する前にしておくべき流れについて説明します。

準備するもの

準備するものは下記2点になります。とてもシンプルですね。またメールアドレス登録だけではなく、Facebook、Googleアカウントでも登録が可能です。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類

「登録完了」までの流れ

まずこちらのリンクから公式サイトにアクセスします。似たサイトにアクセスさせて個人情報を盗み出そうとする人もいるのでお気をつけください。下記リンクは公式サイトのものなのでご安心ください。

公式サイトに「口座開設」というボタンがあるのでそちらをクリックします。

そうすると口座開設のページに移動するので赤枠の「メールアドレス」、「私はロボットではありません」にチェックして口座開設ボタンを選択します。

すぐにGMOコインから認証メールが届きます。時間が経っても届かない場合は迷惑メールに振り分けされている可能性もあるのでお気をつけください。

下記画像の赤枠のリンクにアクセスしてください。画像にも書いてある通りリンクの有効期限は1週間になりますので早めに登録してしまいましょう。リンクにアクセスするとパスワード設定画面になります。

セキュリティ強化のためにパスワードは複雑でGMOコイン用のパスワードを作りましょうシンプルで他のサイトと併用しているものはなるべく避けることを推奨します。

またパスワードは下記画像の通り英字・数字・記号のうち2つを含むことと文字数にも条件があるのでお気をつけください。パスワードの設定が完了したら「設定する」ボタンを押してください。

設定が無事に終わると下記画面になります。

そのまま「ログイン画面へ」をクリックしてください。

ログイン画面になったら登録したメールアドレスと設定したパスワードでログインできるか確認してみてください。無事にログインできたらこれで仮口座の作成は完了になります。

仮口座だけだと仮想通貨の預け入れと送付の2つの機能しかありません。ですのでそのまま全ての機能を使えるように「本人確認の流れ」まで進めてしまいましょう。

「本人確認」の流れ

ログインするとすぐ真ん中に「口座開設手続きのご案内」があります。まず赤枠の「お客様情報の登録」の登録するボタンを選択してください。

そうすると基本情報 (氏名、住所)の記入欄に移動するので個人情報を記入してください。

最後に「同意する」にチェックをして確認画面へ移動してください。入力内容に問題なければそのまま確定ボタンを選択してください。

基本情報の登録が完了したら次は本人確認の手続きになります。赤枠の「手続きをする」ボタンをクリックしてください。

本人確認の方法は2通りあります。1つ目は本人確認書類の画像をアップロードする方法、2つ目は対面での本人確認になります。

まずすぐに本人確認書類を提出できる画像アップロードについて説明します。

赤枠の「本人確認書類の画像をアップロードする」を選択してください。

またアップロードにおける本人確認書類の対象は下記の通りとなります。

  • 運転免許所
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 各種健康保険証
  • パスポード(日本国が発行する旅券)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認書類を選択したら下部にある「表面の画像を選択」もしくは「裏面の画像を選択」をクリックして画像を追加してください。全ての画像の追加が完了したら「画像を確定する」ボタンを押してください。

なお他の取引所だと本人確認書類と自分が一緒に写っている写真をアップロードする場合もありますが、GMOコインは特にありませんので少し楽です。(2018年2月時点) 

確定ボタンを押すとアップロード完了画面が表示されます。

以上でアップロード方法は完了です。

次に対面での本人確認の場合になります。右にある赤枠のボタンを選択してください。

画像下部に「受取時本人確認を確定する」を選択してください。

これで登録内容の審査完了後、問題なければGMOコインから「口座開設のお知らせ」が送付されます。そのお知らせを受け取る際に配達業者に登録した基本情報が確認できる本人確認書類を提示することで本人確認が完了します。

また対面での本人確認における確認書類の対象は下記の通りとなります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

離島など一部地域では利用できないのでご注意ください。

以上で対面による本人確認手続きは完了です。

お客様情報の登録、本人確認の手続きが終わると完了マークになりますので手続きに不備がなく完了したことがわかります。

あとは登録内容の審査通過後、口座開設コードを入力することで全ての機能が使えるようになります。

「二段階認証」設定の流れ

ここでは二段階認証の流れを説明します。二段階認証とは自身で設定したログイン時のパスワードとGoogle Authenticatorが発行するパスワードを入力することでログインできるようにする認証のことです。

ログイン時に自分で設定したパスワードとその都度発行される1回限りのパスワードを入力することででセキュリティを高めることができます。

自分が設定したパスワードだけでログインできてしまうとパスワードをハッキングされた際にすぐログインされてしまいますが、二段階認証を設定していれば仮にパスワードをハッキングされてもログインできません。

二段階認証は強制ではありませんし、毎回Google Authenricator上で発行されるパスワードを入力する手間もありますが、二段階認証を設定することを強くお勧めします。

設定自体も10分程度あればできるものなので自分の資産を守るために是非設定してみましょう。

まずマイページ左下部にある「セキュリティ」→「二段階認証」までクリックして「アプリ(Google Authenticator)」を選択してください。

仮口座の時点ではSMS、電話番号が利用できません。もしSMS、電話番号を選択したい場合は口座開設が完了してからの設定をお願いします。

「アプリ(Google Authenticator)」を選択後、AndoridかiOSのどちらかをダウンロードしてください。

ダウンロードしたらアプリを起動して、右上の+ボタンを押してください。カメラが起動するのでバーコードをスキャンしましょう。スキャンし終わるとGMOコイン用の認証コードが追加されます。

認証コードが生成されたらマイページに戻り、下部にある認証コード入力欄に記入します。

最後に二段階認証画面の「現在の認証方法」が「アプリ(Google Authenticator)」に更新されていることを確認しましょう。

また「ログイン時の二段階認証」を「利用する」にしましょう。そうするとログイン時に認証コードを入力する設定になります。

以上で二段階認証の設定は完了になります。

「パスワード変更」の流れ

パスワードの変更はとてもシンプルです。まず二段階認証と同じくページ下部にある「セキュリティ」を選択するとセキュリティタブがデフォルトで開きます。

「現在のパスワード」、「新しいパスワード」、「新しいパスワード(確認)」「二段階認証コード」をそれぞれ記入します。記入完了後、「変更」ボタンを選択してください。

二段階認証コードはすぐに更新されるので現在のパスワードと新しいパスワード記入後の入力が焦らなくて良いのでおすすめです。以上でパスワード変更は完了になります。

お疲れ様でした!以上が取引前までにしておきたい設定となります。