仮想通貨(コイン)の Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のDragonchainの価格・時価総額・出来高

通貨名Dragonchain
通貨略号DRGN
公開日2017年12月1日
システム
発行上限枚数4億3300万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ether delta
公式サイト公式サイト

Dragonchain()のローソク足リアルタイムチャート

Dragonchainとは?基本情報

ドラゴンチェーンは、イーサリアムをベースに作られた、商用プラットフォームです。ドラゴンチェーンをプラットフォームとして活用することで、ソフトウェアエンジニアは、ブロックチェーン技術を用いた製品を簡単に作れるようになります。

ドラゴンチェーンでは、現在プログラミングで頻繁に利用されている、C#、JAVA、Pythonなどを使うことができます。そして、現在のプログラミング環境を維持しながら、ブロックチェーン技術が必要なアプリやソフトを作成できます。

ドラゴンチェーンのトークンは、仮想通貨としても売買されています。しかし、ドラゴンチェーンの開発者チームの大きな目的は、投資目的に使われる仮想通貨ではなく、ブロックチェーン技術が必要なソフトウェアを簡単に作れる開発環境の普及です。

  • 仮想通貨名(単位) : Dragonchain(DRGN)
  • 公開日 : 2017年10月2日
  • 埋蔵量 : 433,494,437DRGN
  • 公式サイト : https://dragonchain.com/

Dragonchainの特徴・仕組み

ドラゴンチェーンはディズニーのシアトルオフィスで生まれました。そのため、ディズニー主導の仮想通貨と紹介されることがあります。しかし、現在ではディズニーの手を離れ、非営利団体によって運営されています。

ただ、ディズニーが開発に関わっていたこともあり、非常に高い機能性を備えています。また、他の仮想通貨には見られない、大きな特徴や仕組みがドラゴンチェーンにはあります。

ドラゴンチェーンの特徴や仕組みは以下になります。

  • ディズニーのシアトルオフィスで誕生した
  • さまざまなプログラミング言語でブロックチェーン技術の開発ができる
  • ブロックチェーンは非公開と公開が混じったハイブリット式
  • 開発チームは実名を公表

ディズニーのシアトルオフィスで誕生した

ディズニーは、ブロックチェーン技術を用いた、仮想通貨プロジェクトに参入していました。ドラゴンチェーンは、ディズニー内のグループによって開発されました。

しかし、現在は、ドラゴンチェーンとディズニーは関係ありません。ディズニーは、仮想通貨プロジェクトを2016年に中止しています。しかし、元ディズニーの社員が、非営利団体のドラゴンチェーン財団を立ち上げ、ドラゴンチェーンの開発を継続しています。

さまざまなプログラミング言語でブロックチェーン技術の開発ができる

ドラゴンチェーンを利用することで、現在使われているプログラム言語を用いて、ブロックチェーン技術を用いたソフトやアプリを作ることができます。

エンジニアやプログラマーは、業界や職種によって得意としている言語が異なります。現在では、大規模なアプリや業務用ソフトウェアを作るときにはJAVAが頻繁に使用され、小規模アプリやゲームなどを作るときにはC#が使われることがよくあります。

また、各プログラミング言語によって必要となる開発環境が異なるなど、一定のスキルを身につけたエンジニアでも、まったく新たなジャンルのソフトやアプリを作るのは困難です。

しかし、ドラゴンチェーンを活用すれば、さまざまな言語でブロックチェーンを用いた技術開発ができます。また、アプリやソフトの開発が簡単にできる、開発環境も手に入ります。

ドラゴンチェーンの開発チームは、ドラゴンチェーンという非常に有益な開発プラットフォームを作り、各ビジネス業界に貢献しています。

ブロックチェーンは非公開と公開が混じったハイブリット式

ビットコインやイーサリアムなどでは、暗号化されているものの、ブロックチェーン上の情報はすべて公開されています。しかし、ドラゴンチェーンでは、ブロックチェーン上の一部の情報が非公開に設定されています。

開発当初では、ドラゴンチェーンのブロックチェーンは、すべて非公開にされる予定でした。しかし、すべての情報を非公開にするより、一部の情報を公開した方が安全性が高いと判断されました。

ドラゴンチェーンのブロックチェーンでは、非公開情報と公開されている情報が同時に存在する、ハイブリット式が採用されています。

開発チームは実名を公表

仮想通貨に関するプロジェクトでは、開発チームの氏名や顔写真が公開されないことが多いです。しかし、ドラゴンチェーンでは、開発チームの主要メンバーすべての名前や顔が公開されています。

ドラゴンチェーンを管理しているドラゴンチェーン財団では、エンジニアが開発チームの中心にいます。しかし、人事やファイナンス部門にも適切な人材が配置されており、チームの機能性は非常に高い可能性があります。

また、現在のドラゴンチェーン財団は、ディズニーとは関係ありません。しかし、ドラゴンチェーン財団の中核メンバーには元ディズニー社員も在籍しています。

Dragonchainの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 公開日 : 2017年10月2日(CoinMarketCapで確認できるのは2017年12月4日から)
  • 開始価格 : 0.260317$(2017年12月4日)
  • 最高価格 : 5.26$(2018年1月10日)
  • 最低価格 : 0.22644$(2017年12月5日)
  • 現在価格 : 1.48$(2018年2月13日現在)

CoinMarketCapで価格が確認できるのは2017年12月4日からですが、ドラゴンチェーンは2017年10月2日にICOされています。CoinMarketCapでは、ドラゴンチェーンの開始価格は0.260317$です。

ドラゴンチェーンの価格は2017年12月5日に最低の0.22644$を記録した後、上昇に転じます。そして、2018年1月10日には、取引開始価格の20倍以上である、1DRGNあたり5.26$になりました。

最高価格を記録した後は、ドラゴンチェーンの価格は急速に下がりました。現在では、ドラゴンチェーンの価格は、当初の5倍以上である、1DRGNあたり1.5$付近で推移しています。

Dragonchainの買い方・売り方・購入方法・取引所

Dragonchainの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ether delta
※Dragonchainを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Dragonchainの将来性

ドラゴンチェーンはビジネスの開発環境として有益であり、今後普及が進む可能性があります。また、ドラゴンチェーンの注目度は高く、価格も高い状態で推移しています。

ドラゴンチェーンの開発チームが主張するように、多くの産業ではブロックチェーン技術の活用が進んでいません。ドラゴンチェーンが有益な開発環境だと認められれば、大きな人気を確保するでしょう。

Dragonchainの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年中には、開発環境としてのドラゴンチェーンは、一般に公開される予定です。また、開発環境としてのドラゴンチェーン内で買い物をするときに、ドラゴンチェーンのトークンが使えるようにもなる計画がされています。

開発チームは、さまざまな産業や業界で、ブロックチェーン技術を普及させる野心を持っています。そのため、プロモーションやメディアでの発信は、今後ますます行われる可能性が高いです。

ドラゴンチェーンホワイトペーパー

https://dragonchain.com/assets/Dragonchain_Business_Summary.pdf

Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    tomo ID:e621444fa 返信

    開発が進めば今年注目されるかも

    2018/02/18(日) 20:49:45

他のコメントの書き込みをみる