仮想通貨(コイン)の Vulcano(ヴァルカーノ/VULC)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のVulcanoの価格・時価総額・出来高

通貨名Vulcano
通貨略号VULC
公開日2017年8月18日
システムScrypt
発行上限枚数1330万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト公式サイト

Vulcano()のローソク足リアルタイムチャート

Vulcano(ヴァルカーノ)とは?基本情報

Vulcanoは、2017年10月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨になります。略号表記はVULCです。

Vulcanoは、供給量が非常に低い仮想通貨であり、資産の増加などに適した通貨を目指しています。

Vulcanoでは、安全なデジタル環境を構築したいと考えています。

つまり、Vulcanoでは、公平な報酬をレートを保証する一方で、アルトコインホルダーである利用者が、安定的にステークでき、その資産を保存できる、そのような場所を提供しようとしています。

また、大きなステーク報酬もVulcanoの魅力の1つです。

もし今日ある人がVulcanoを始めるとしたら、その人は大きなステーク報酬が保証され、その人はいつでもVulcanoを取引することができます。

Vulcano(ヴァルカーノ)の特徴・仕組み

Vulacnoは、安全なデジタルアセットの保存環境と大きな報酬レートを持つステーキング機能を提供する仮想通貨です。

その特徴は以下になります。

  • 安全なデジタルプラットフォーム
  • ステーキング口座
  • オンラインサポート&サポートサービス
  • Vulcanoのスペック

安全なデジタルプラットフォーム

Vulcanoは、利用者が自身のコインを保存でき、またステーキングできる安全なデジタルプラットフォームとなろうとしています。

今、ステーキングを始めれば、新規参入者はまだ大きなステーキング報酬を獲得できます。Vulcanoでは、年率950%のステーク報酬を提供しています。

ステーキング口座

利用者は、異なるパーソナライズコインデポジットにコインを保存することができます。

利用者は、好きなだけコインを預けることができますが、保管口座は一つの口座に連結されます。それぞれの新たなコイン口座は、利用者がステーク報酬を確保できる、いわば貯蓄口座になります。

オンラインサポート&サポートサービス

Vulcanoのプラットフォーム上には、オンラインサポートチームが設置されています。

ここで、利用者はプラットフォームに利用に関する質問を訪ねることができます。また、今後、利用者がステーキングの方法や報酬を増やす方法について、無料のアドバイスを受けられる場所も設置する予定です。

Vulcanoのスペック

  • コンセンサスアルゴリズム: POW/POS
  • ブロック報酬: 20Vulacnoコイン
  • 総供給コイン数: 120億Vulcano
  • プレマインコイン数: 200万Vulcano
  • ステーク報酬: 950%
  • POWブロック: 100K
  • 承認ブロック数: 4ブロック

Vulcano(ヴァルカーノ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年10月31日
  • 取引開始時価格:0.034783 USD
  • 直近価格   :0.005986 USD
  • 最高値    :0.038555 USD(2017年10月31日)
  • 最安値    :0.001678 USD(2017年12月23日)  取引開始時価格から約97%下落!!

Vulcanoは、2017年10月に取引が始まりました。

取引開始当初、一時的に価格は上昇するもすぐに下落基調に転じ、価格が落ちていきます。

長らく低調なまま推移し、12月には取引開始時価格から約97%も下落した最安値を記録します。

その後、年明けの2018年1月に価格は回復しますが、その後の仮想通貨業界全体の落ち込みに伴い、同じように下落しました。

現在は、かなり値を下げており、取引には注意が必要だと思われます。

Vulcano(ヴァルカーノ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Vulcanoの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
※Vulcanoを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Vulcano(ヴァルカーノ)の将来性

2009年にBitcoinが誕生して以来、着々と認知度を上げていき、昨年の大きな価格の高騰により、Bitcoinを筆頭とする仮想通貨とブロックチェーン技術は、世界中から大きな注目を集めています。

2014年1月には仮想通貨第2世代と言われるイーサリアムが誕生し、最近では第4世代と言われるブロックチェーンの次の技術と目論まれるDAGテクノロジーを利用した仮想通貨まで登場しています。

このような流れの中で今では多くの仮想通貨プロジェクトが立ち上がり、様々な技術的な改良がなされるとともに、様々な分野に拡散し始めています。

そういった中で、どの仮想通貨もBitcoinの問題点、例えばスケーラビリティやプライバシーを保護しきれていないブロックチェーンの構造、ASICの利用によるマイニングの独占、大量の電力消費、51%アタックの危険性などのこういった問題に対処するよう、開発と改良を進めています。

Vulcanoでは、PoWに加えて、PoSを導入し、ユーザーがVulcanoを利用したくなるようなインセンティブを付け加えています。

特にステーク報酬については、他のPoSよりも群を抜いたレートだと思います。

こういった動きが利用者の獲得や利用シーンの増加につながるかが、今後の大きなポイントであり、注視ていきたい点だと思います。

Vulcano(ヴァルカーノ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

Vulcano(ヴァルカーノ/VULC)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる