仮想通貨(コイン)の StrongHands(ストロング・ハンズ/SHND)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のStrongHandsの価格・時価総額・出来高

通貨名StrongHands
通貨略号SHND
公開日2015年9月28日
システムSHA-256
発行上限枚数124億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Coin exchange,Novaexchange
公式サイト公式サイト

StrongHands()のローソク足リアルタイムチャート

StrongHands(ストロング・ハンズ)とは?基本情報


StrongHandsは、2015年10月に取引が始まった、まだ歴史の浅い仮想通貨です。略号表記はSHNDです。

StrongHandsは、エネルギー効率の高い長期的な持続可能性をもつ仮想通貨を提供することを目標に、Bitcoinから派生した無料のオープンソースプロジェクトです。 Bitcoinの基盤を土台にして、PoS(Proof of Stake)などの革新的な技術を取り入れ、仮想通貨業界をさらに一歩進めようとしています。

StrongHandsは、StrongHandsネットワークと互換性のあるコミュニティで開発された、ウォレットクライアントでもあります。このプロジェクトは、原稿のウォレットを安定し、安全で機能豊富なものにしようと考えて、設計されています。

幅広いコミュニティの協力を促進するために、StrongHandsのコミュニティリーダーの多くは、プロジェクトのベースコードに対する書き込み権限を持ち、分散化と継続性を実現しています。

コミュニティメンバーは、プロジェクトの成功に貢献する方法を見つけることが奨励されています。プログラミング、製品設計、QAエンジニアリング、翻訳など、幅広いバックグラウンドを持った人がコミュニティに参加しています。

StrongHands(ストロング・ハンズ)の特徴・仕組み

StrongHandsは、コミュニティ駆動型の仮想通貨であり、仮想通貨業界をより前進させることを目標に設計、構築されています。その特徴は下記になります。

  • PoW(Proof of Work)アルゴリズム
  • PoS(Proof of Stake)報酬
  • PoS(Proof of Stake)期間
  • 総供給量
  • ブロックタイム
  • ピアツーピアポート

PoW(Proof of Work)アルゴリズム

StrongHandsでは、PoW(Proof of Work)アルゴリズムには、SHA256Dが利用されています。暗号化されたメッセージの完全性と各データブロックの一意性を保証するように設計されています。

PoS(Proof of Stake)報酬

PoS(Proof of Stake)の報酬は1ブロックあたり、25マンコインになっています。これは、ウォレットが30日間連続してステーキングに利用され場合の総獲得報酬額になります。

PoS(Proof of Stake)期間

PoS(Proof of Stake)のステーキングは30日になります。StrongHandsに組み込まれているセキュリティは、長期でのステーキングを可能とします。

総供給量

StrongHandsの全体での供給量は、現在、約19兆コインに制限されています。

ブロックタイム

各StrongHandsブロックは、ネットワーク上で承認されるまでに約2分30秒かかります。

ピアツーピアポート

マイニングとトランザクションのために現在利用可能なピアツーピアポートは6901です。

StrongHands(ストロング・ハンズ)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2015年10月31日
  • 取引開始時価格:0.000210$
  • 直近価格   :0.000001$以下
  • 最高値    :0.000828$(2015年11月19日) 取引開始時か価格の約4倍!!
  • 最安値    :0.000001$以下(2017年11月14日) 取引開始時価格から99%以上下落!!

StrongHandsは、2015年10月に取引が始まりました。

取引開始当初、価格が大きく上がります。一時的な調整を挟んだのち、再度大きな上昇を店見せ、2015年11月19日には取引開始時価格の約4倍となる最高値を記録します。

この最高値を境に価格が大きく下落していきます。2016年の春頃は一時的に落ち着きを見せますが、その後再度下落し始め、2017年5月にはコインマーケットキャップの最小記載数字である0.000001$を下回ります。この後も下落自体は全く止まらず、どんどん価格を下げていきます。

そして、2017年11月14日に最安値を記録します。これを機に価格が反転上昇し始め、12月には仮想通貨業界全体の盛り上がりもあり、価格を上げ、1月には0,000016$まで回復します。しかし、その後仮想通貨相場が崩壊し、価格が大きく下落します。

現在は、また0.000001$を下回っており、今後の価格動向も極めて不透明なため、取引には注意が必要でしょう。

StrongHands(ストロング・ハンズ)の買い方・売り方・購入方法・取引所

StrongHandsの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Coin exchange,Novaexchange
※StrongHandsを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

StrongHands(ストロング・ハンズ)の将来性

BitcoinからフォークしたStrongHandsは非常に興味深いプロジェクトですが、一方でこの業界は非常に競争が激しくなっているので、どのように頭角を表していくかその点を注視していくと良いと思います。

StrongHands(ストロング・ハンズ)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

StrongHands(ストロング・ハンズ/SHND)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    匿名 ID:6bd873059 返信

    筋肉コインワロタ

    2018/02/10(土) 13:20:29

他のコメントの書き込みをみる