仮想通貨(コイン)の AmsterdamCoin(アムステルダムコイン/AMS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のAmsterdamCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名AmsterdamCoin
通貨略号AMS
公開日2015年11月1日
システムQuark
発行上限枚数8400万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Yobit,Novaexchange,Coin exchange
公式サイト公式サイト

AmsterdamCoin()のローソク足リアルタイムチャート

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン)とは?基本情報


AmsterdamCoinは、2015年8月に取引が始まった、かなり歴史の長い仮想通貨です。略号表記はAMSです。

AmsterdamCoinはアムステルダムの都市の仮想通貨になります。AmsterdamCoinの目標は、このコインをアムステルダムの店舗で一般的に受け入れさせることです。すでにマーケットプレイスをオープンしており、今年の4月1日には公式ホームページをリニューアルするなど、未だに積極的に活動しています。

AmsterdamCoin取引開始から3年価格も大きく言動しており、多様な機能を備えた仮想通貨です。匿名性で有名なZeroプロトコルを導入するなど、技術的な進歩も続けいています。

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン)の特徴・仕組み

AmsterdamCoinは、長い歴史を持ちならも、未だに積極的にエコシステムを活発化させるための活動をしている、とても興味深い仮想通貨プロジェクトです。その特徴は下記になります。

  • マスターノード
  • シーソー型の報酬
  • ASIC耐性
  • スーパーファスト
  • プライバシー
  • 安全性

マスターノード

AmsterdamCoinで利用されているマスターノードはM、このAmsterdamCoinのウォレットを管理・運営し、SwiftTXとの取引をロックし、コインの難読化を調整し、資金調達を行うなど、意思決定を行うための機能を備えています。

マスターノードは、10万AmsterdamCoinを担保としており、24時間稼働できることが要求されます。

シーソー型の報酬

AmsterdamCoinチームは、ネットワーク内のステーキングノードとマスターノードの間の均等な比率を維持するために、マスターノードとステーキングノード間のブロック報酬のサイズを動的に調整する、可変シーソー報酬バランスシステムを開発し、提供しています。

ASIC耐性

AmsterdamCoinは、XEVANというアルゴリズムをマイニングとステーキングのアルゴリズムとして使用します。

このアルゴリズムはもともとBitsendという仮想通貨によって開発され、これを備えたマイニングネットワークがASICマイニングハードウェアから保護されることが実証されています。AmsterdamCoinには、

スーパーファスト

60秒のブロック時間は非常に高速ではありますが、SwiftTXを使用するAmsterdamCoinのトランザクションは認証への待機時間が一瞬で終わり、ほぼゼロです。

プライバシー

既に非常に安全でプライベートなアムステルダムコインは、最初の真の匿名仮想通貨として確立されることを目指しています。

まもなく、Zerocoinプロトコルをフルタイムトランザクションプロトコルとして使用し始めます。

安全性

Bitcoin Core 0.10.xで構築されています。 BIP38の秘密鍵を使用し、暗号化と復号化を行なっています。

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2015年8月21日
  • 取引開始時価格:0.000583$
  • 直近価格   :0.003900$
  • 最高値    :0.053803$(2018年1月12日) 取引開始時価格の92倍!!
  • 最安値    :0.000014$(2015年9月10日、9月18日) 取引開始時価格から約98%下落!!

AmsterdamCoinは、2015年8月に取引が始まりました。

取引開始当初から価格が大きく急落していき、どんどん底値を割っていきます。翌月には取引開始時価格から90%以上下落し、さらに9月10日と9月18日には取引開始時価格から約98%も下落した最安値を記録します。現在までを通じて、この2日間で記録した価格が最安値になります。

しかし、この最安値を境に、価格がぐんぐん上がっていき、12月にまで高騰します。その後も高値圏で安定して推移します。2017年4月には今までにない大きな好投を見せた後、2017年12月には仮想通貨業界全体の盛り上がりがあり、価格を大きく上げます。そして、その流れのまま、2018年1月12日には取引開始時価格の92倍となる最高値を記録します。

その後、仮想通貨業界が大きく下がった関係で、AmsterdamCoinも価格を下げますが、時反発する機会も見せたりしています。現在でも下落傾向は続いており、今後の取引には最新の注意が必要でしょう。

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

AmsterdamCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Yobit,Novaexchange,Coin exchange
※AmsterdamCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン)の将来性

一都市での利用を念頭に置き、広めているAmsterdamCoinは非常に魅力的な仮想通貨だと思います。長く強固な地盤もあり、今後の活躍に期待です。

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

AmsterdamCoin(アムステルダムコイン/AMS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる