仮想通貨(コイン)の MonaCoin(モナーコイン)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!

【1位】Coincheck(コインチェック)【出川哲朗のCMで知名度高騰中!】

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)【元祖ビットコイン取引所。安心感No.1】

【3位】Bit Trade(ビットトレード)

【取引量世界1位!】「Binance(バイナンス)アルトコイン取扱数100銘柄以上!日本語対応もしていて簡単♪

公式Twitterでは最新のチャート情報を配信中!

最新のMonaCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名MonaCoin(モナーコイン)
通貨略号MONA
公開日2014年1月1日
システムLyra2RE
発行上限枚数1億500万枚
取り扱い国内取引所

bitflyer(ビットフライヤー)

取り扱い海外取引所Bittrex,Livecoin,Bleutrade
公式サイトMonacoinの公式サイト

MonaCoin(モナーコイン)のローソク足リアルタイムチャート

MonaCoin(モナーコイン)とは?基本情報

MonaCoin(モナーコイン)は日本の巨大掲示板『2ちゃんねる』にてMr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって2013年12月23日に公開された日本初の暗号通貨です。当初のプログラムはLitecoinをベースに作られていましたが、時間を経て独自の進化をとげています。なお、名前の由来となったのは2ちゃんねる発祥のAA『モナー』です。

また、世界初のSegWitに成功した暗号通貨としても有名です。

基本的なスペックとしては

  • ブロック作成時間:およそ90秒
  • 発行総数:1億512万枚
  • 採掘(マイニング)の方法:ビットコインと同じくPoW(プルーフ・オブ・ワーク)
  • 報酬半減期間:1051200ブロック
  • 難易度調整:Dark Gravity Wave

となっており、ブロック作成時間はビットコインから進化したLitecoinより更に速くなっています。発行総数もLitecoinが8400万枚なので、それ以上に多く発行されることになります。より、高速なやり取りに特化した通貨と言えます。

MonaCoin(モナーコイン)の特徴

それではMonacoinの特徴を紹介していきます。

世界初のSegWit(セグウィット)採用通貨

このSegwitでモナコインは世界中で一躍有名となりました。Segwitについては以下に説明します。

ブロックチェーンは発展する上でいくつかの問題を抱えています。その一つが「スケーラビリティ(拡張性)問題」です。ビットコインは10分に1回、1MBという決まった容量でブロックが生成されていきます。このブロックが生成されることでトランザクション(取引)が承認されていきます。今後、ビットコイン利用者、流通量が増えれば増えるほど処理しなければいけないトランザクションも大量になっていくなかでビットコインの処理速度の遅延が不安視されています。

その拡張性を担保する方法として、注目されている1つがSegwitです。SegWitは直訳するとSegregated Witness(署名の分離)となります。ブロックサイズは変更せず、中に入るトランザクションデータを『圧縮』することで、1ブロックに入るデータ容量を増やそうという試みです。

対して、ブロック自体の大きさを拡大する方法もあり、例えばLitecoinはビットコインの8倍である8MBのサイズを持っています。

ビットコイン発展の上で非常に重要な問題に対して、モナコインは世界で始めてチャレンジし、実働できているという点が非常に評価されています。

2ちゃんねるコミュニティ

仮想通貨が発展する上でコミュニティの存在は非常に重要です。当たり前の話ですが、その通貨を必要とし、使ってくれる人がいないと通貨としての価値は一向に上がりません。

その点、Monacoinは2ちゃんねるという日本最大級のコミュニティから生まれた通貨であり、すでにコミュニティの投稿の報酬や、ECサイトなども生まれ、活発化しやすい土壌を持っています。

使用されているサービスとしては

  • AskMona(アスクモナ)
  • Bitcoinmall(ビットコインモール)

が有名です。

AskMona

AskMonaは質問や回答に応じてMonacoinを投げ合うサービスとなっています。価値のある情報には相応の報酬を得られるコミュニティとして利用されています。

Bitcoinmall

ビットコインまたはMonacoin『のみ』でしか支払うことができないECサイトがBitcoinmallです。より実生活で使用され、通貨として利用されていくイメージの湧くサービスです。

MonaCoin(モナーコイン)の価格推移・チャート・高騰/暴落情報

2014年8月と2017年7月に価格が大きく上昇し、どちらも$1.0付近まで上昇しました。市場予測としてはMonacoinの上限はこの付近が天井なのでは、という憶測が飛び交う中、2017年10月、12月と急騰をみせ、$20に迫る高騰をみせました。

たった半年で20倍もの価格上昇を記録し、一気に注目度が増しています。その後は$15付近で落ち着いた様子をみせています。

急騰の理由としてはbitFlyerが取り扱いを始めたことなどが挙げられます。

MonaCoin(モナーコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

MonaCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所 bitflyer(ビットフライヤー)
取り扱い海外取引所 Bittrex,Livecoin,Bleutrade

国内ビットコイン・仮想通貨取引所のおすすめ【Bitflyer(ビットフライヤー)】

おすすめポイント

  • ビットコイン取引量日本一!
  • レバレッジ最大15倍のFXトレードに対応!
  • 国内取引所では最大級の資本金を持ち、安全性が高い

Bitflyer(ビットフライヤー)は国内最大級の仮想通貨取引所です。2014年1月に創業し、日本におけるビットコイン黎明期から業界をリードしてきた会社です。

ビットフライヤーをカンタン登録♪「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます!

無料登録はこちら

ビットコイン取引量日本一!

出典:月次取引高 - 国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

Bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン(BTC)の取引高が日本1位となっています。国内取引の60%近くをBitflyer(ビットフライヤー)が取り扱っています。

レバレッジ最大15倍のFXトレードに対応!

Bitflyer(ビットフライヤー)は、bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)という取引特化型のツールも提供しています。ここではFX特有の「レバレッジ」という方法でビットコインの売買をすることができます。トレードに慣れている方は必須機能ですね。

国内取引所では最大級の資本金を持ち、安全性が高い

大手メガバンク、保険会社、リクルートなど、名だたる大手企業から出資を受けており経営体制に安心感が持てる企業体質です。

ビットフライヤーをカンタン登録♪「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

無料登録はこちら

MonaCoin(モナーコイン)の将来性

国内での知名度は徐々に高くなってきており、様々なサービスへの導入が今後期待されています。実用性やビットコイン、ライトコインで代替できない価値を持つことで今後の価値上昇が期待されます。

MonaCoin(モナーコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

※随時更新予定

▼仮想通貨初心者にオススメの取引所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」を参考にしてください!

MonaCoin(モナーコイン)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる