仮想通貨(コイン)の Speedcash(スピードキャッシュ/SCS)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のSpeedcashの価格・時価総額・出来高

通貨名Speedcash
通貨略号SCS
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Speedcash()のローソク足リアルタイムチャート

Speedcashとは?基本情報

スピードキャッシュとは、現在までに発行された仮想通貨を研究し、欠点を克服したトークンです。取引に必要なスピードや価格変動の幅など、仮想通貨が普及する際に足かせとなる部分を、スピードキャッシュでは克服しています

さらに、スピードキャッシュでは1単位当たりの価格が低くなり過ぎないよう、最大供給量を調整しています。また、トークンの価値が減少しないような仕組みも組み込んであります。

スピードキャッシュも他の仮想通貨と同じように、ブロックチェーンを利用しています。ただ、利便性の追求が極限まで進んでおり、非常に使いやすい仮想通貨になっています。

Speedcashの特徴・仕組み

スピードキャッシュは、仮想通貨としての利便性を考慮されています。ただ、広い普及は2018年度の時点では目指されておらず、技術的に高度なトークンとして発展する予定です。

スピードキャッシュが製作されたのは2017年であり、過去に発行されたトークンの欠点を埋めるシステムが採用されています。特に、取引のスピードや発行量の調整に関しては、非常に研究がされています。

スピードキャッシュの大きな特徴は以下になります。

  • 短いブロックタイム
  • 低いステーク報酬
  • 少ない総発行量

短いブロックタイム

スピードキャッシュでは、日本語ではブロック生成間隔とも呼ばれることがある、ブロックタイムが非常に短く設定されています。ブロックタイムが短くなることで、トークンの取引が承認されるまでの待ち時間が短縮されます。

ビットコインのブロック生成間隔は、およそ10分になるように調整されています。その結果、ビットコインの取引の承認時間は、約10分かかります。取引の承認が速いとされる仮想通貨でも、ブロックタイムは60秒程度あります。

スピードキャッシュのブロックタイムは、およそ20秒から30秒にすぎません。その結果、スピードキャッシュの取引は非常に短時間で完了します

低いステーク報酬

スピードキャッシュのアルゴリズムは、PoWとPoSの両方が取り入れられています。PoWがアルゴリズムだと、マイニングによって新規発行されたトークンを得ることができます。アルゴリズムがPoSだと、トークンを多く保有している人に、金利と似た形式で新規発行された仮想通貨が報酬として付与されます。

スピードキャッシュのアルゴリズムは、まずPoWからスタートします。そして、一定量のトークンが発掘されるとPoWは終了し、PoSに移行します。

PoSでトークンを持っている人に付与される報酬は、非常に多い状態が続いていました。例えば、年利1,000%の報酬が設けられていた仮想通貨もありました。高い報酬率を設けていたトークンの多くは、発行量の調整が上手くいかず、価格を大きく下げてしまっています。

スピードキャッシュのPoSによる報酬率は、年利8%に調整されています。8%という数字は仮想通貨の中では高くない方であり、発行量の調整を容易にしています。その結果、大量のトークンが発行されてしまうことにより、大幅な値崩れを防いでいます。

少ない総発行量

仮想通貨の発行量が多いと1単位あたりの価格が低くなり、予算が少ない人でも買いやすくなります。しかし、1単位あたりの価格が高くならないことが多く、大量に保有していないと、大きなキャピタルゲインを得られない場合があります。

スピードキャッシュの総発行量は500,000単位未満であり、仮想通貨の中では非常に少ない部類に入ります。そのため、スピードキャッシュの1単位あたりの価格は高くなりやすく、1単位あたりのキャピタルゲインを得やすくなっています。

Speedcashの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 公開日 : 2017年4月28日
  • 開始価格 : 0.035403$
  • 最高価格 : 0.569182$(2018年1月21日)
  • 最低価格 : 0.020006$(2017年5月22日)
  • 現在価格 : 0.500741$(2018年3月7日)

スピードキャッシュは、2017年4月28日に公開されました。公開開始時のスピードキャッシュの価格は、1SCSあたり0.035403$です。

仮想通貨市場に公開されてからしばらくの間は、スピードキャッシュの価格は低位で推移します。一時的な例外を除いて、1SCSの価格が0.1$を超えることはありませんでした。

ただ、スピードキャッシュの価格は、2018年1月に入ってから大きく上昇します。そして、2018年1月21日には、開始価格の16倍以上である、1SCSあたり0.569182$を記録します。スピードキャッシュは高値が続き、現在でも開始価格の14倍以上である0.5$前後で取引されています。

Speedcashの買い方・売り方・購入方法・取引所

Speedcashの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Speedcashの将来性

スピードキャッシュは高度な機能を持った仮想通貨であり、今後も継続的な改良が行われます。特に、ウォレットの改良は定期的に行われる予定であり、資産保有の安全性はさらに高まります。

多くの仮想通貨のプロジェクトでは、トークンで支払いができる商品やサービスを増やし、普及させようとします。しかし、トークンやウォレットの改良に意識がいかず、プロジェクトが破綻することもあります。

スピードキャッシュは、高性能なトークンになることが目指されており、プロジェクト自体は非常にシンプルです。しかし、コンセプトが非常に分かりやすく、実際に価格は開始時より大きく伸びています。今後も、1単位あたりの価格は、さらに上昇する可能性があります。

Speedcashの最近のニュース・最新情報・今後の予定

スピードキャッシュでは明確なロードマップが示されており、様々な改良が行われる予定です。特に、2018年5月には、ブロックチェーンを利用した、匿名性が高いメッセンジャーが作られる予定です。

また、アンドロイド版のアプリやメディアとの連携なども計画されています。

Speedcash(スピードキャッシュ/SCS)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる