仮想通貨(コイン)の Kurrent(カレント/KURT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のKurrentの価格・時価総額・出来高

通貨名Kurrent
通貨略号KURT
公開日
システムX11
発行上限枚数2億2800万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Cryptopia,Coin exchange,Yobit
公式サイト

Kurrent()のローソク足リアルタイムチャート

Kurrent(カレント)とは?基本情報


Kurrentは、2016年12月に取引が始まった、比較的歴史の浅い仮想通貨になります。略号表記は、KURTとなります。Kurrentは、匿名性で名高いZerocoinプロトコルに基づく新しいデジタル通貨です。

このプロトコルは、プライベートな金融取引と完全な匿名性を保証します。Kurrentは、トランザクションの参加者に関する情報が公開されないようにするため、ゼロ知識証明を利用しています。Kurrentでは、どのコインが利用者のものであるか、を明らかにはせず、しかし利用者がコインを所有していること、を証明することができるようにしています。

「ミント」と呼ばれる最初のステップでは、色々な人の所有コインが混在したアキュムレータと呼ばれる資金のプールに入り、「スペンド」と呼ばれる第2ステップで、アキュムレータ内のコインを所有していることを証明できますが、特定のコインがどの利用者のものであるかを、示す必要はなく、特定もされません。

Kurrent(カレント)の特徴・仕組み

Kurrentは、匿名性に大きな重点を置いた仮想通貨になります。

その特徴は以下になります。

  • X11 PoW アルゴリズム
  • MINTアルゴリズム
  • スペンドアルゴリズム
  • ミントとスペンドの繰り返しによる匿名性の確保
  • 即時トランザクション
  • 低い手数料

X11 PoW アルゴリズム

Kurrentでは、zerocoinプロトコルを利用した他のアルトコインで使用されているLyra2アルゴリズムの代わりにX11を使用して、GPUによるマイニングを容易にし、ボットネットによるコントコールと隠れたGPUマイニングができないようにしています。

X11アルゴリズムは、11種類の暗号アルゴリズム(Blake、Bmw、Groestl、Jh、Keccak、Skein、Luffa、Echo、Cubehash、Shavite、Simd)で構成され、多くのアルゴリズムで使用されるかなり堅牢なアルゴリズムです。

MINTアルゴリズム

「ミント」によるトランザクションは、トランザクション履歴を持つ公開されているコインを、アキュムレータに格納された完全に非公開のコインに変換する役割をします。

スペンドアルゴリズム

「スペンド」取引では、アキュムレータ内のコインを所有していることを証明し、取引履歴のない新しいコインを作成することができます。

ミントとスペンドの繰り返しによる匿名性の保証

利用者は、完全なプライバシーを確保するために、ミントとスペンドのプロセスを何度でも繰り返すことができます。

即時トランザクション

Kurrentでは、ペイメントはすぐに処理されるようになっています。

低い手数料

電子送金やクレジットカードよりも安い手数料で送金できます。

Kurrent(カレント)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年12月16日
  • 取引開始時価格:0.000443$
  • 直近価格   :0.009159$
  • 最高値    :0.068115$(2018年1月9日) 取引開始時価格の約170倍!!
  • 最安値    :0.000109$(2017年1月1日)  取引開始時価格から約80%下落!!

Kurrentは、2016年12月に取引が始まりました。取引開始当初は、低調なまま推移していましたが、2017年1月1日には過去最低となる最安値を記録します。その後、徐々に価格を取り戻し、2017年4月には取引開始時価格の約50倍となる価格を記録します。

2017年6月後半にはさらに価格を上げ、取引開始時価格の75倍以上となる価格に到達します。しかし、このピーク後調整が入り、価格を大きく下げ、低調な水準で推移しますが、2018年1月に再度大きな価格上昇を迎え、1月9日には取引開始時価格の約170倍となる最高値を記録します。

現在は、また価格調整の段階に入っており、価格を大きく下げておりますが、過去の値動きを見ると今後の市況次第では、最高値をさらに更新して行くことも十分予想されます。

Kurrent(カレント)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Kurrentの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Cryptopia,Coin exchange,Yobit
※Kurrentを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Kurrent(カレント)の将来性

DashZcashを筆頭に匿名性通貨は、非常に大きな注目を集めています。取引規模も大きく、どんどん出てくる新たな仮想通貨プロジェクトで匿名性の特徴を入れているものは数多くあります。

一方で、この状況は同じ特徴を備えた通貨も数多く存在することにより、競争が激しいことを意味します。そういった中で、Kurrentがどのように認知度を上げて行くか、この点が重要なポイントになってくると思います。

Kurrent(カレント)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

ロードマップは以下のように公表されています。

  • 2017年第1Q
    • ブロックエクスプローラーへの組み込み
    • ペーパーウォレットの導入
  • 2017年第2Q
    • ブロックエクスプローラーのカスタマイズ
    • TORの統合
  • 2017年第3Q
    • チャットメッセージ機能の導入
    • html5ウォレットの導入
    • ライトウォレットの導入
  • 2017年第4Q
    • PoSのサポート
    • 投票システムの導入
    • スマートコントラクトの導入

Kurrent(カレント/KURT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる