仮想通貨(コイン)の Shilling(シリング/SH)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のShillingの価格・時価総額・出来高

通貨名Shilling
通貨略号SH
公開日2016年8月17日
システムScrypt
発行上限枚数3000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Novaexchange,
公式サイト

Shilling()のローソク足リアルタイムチャート

Shilling(シリング)とは?基本情報


Shillingは、2016年9月に取引が始まった、仮想通貨業界の中では中堅に位置する仮想通貨になります。略号表記はSHです。

Shillingは、自律的で匿名性を持ち、本質的に価値を保存する媒体として機能する分散型デジタル通貨システムです。 システムはピアツーピアで成り立っており、仲介者(第三者)を介さずにユーザ間で直接取引が行われます。これらのトランザクションは、ネットワークノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開データベースに記録されます。

Shillingは、ユーザーがコンピューティングパワーを提供することと引き換えに、トランザクションの検証に対する報酬としてもユーザーに新規で与えられます。

この検証とブロック生成には、複雑な数学の問題を解決し、トランザクションの有効性を検証し、そしてパブリックデータベース(Blockchain)へ記録する作業が求められます。

この活動はマイニングと呼ばれ、マイナーは取引手数料と新しく作成されたShillingsが報酬として受け取ることができます。

Shilling(シリング)の特徴・仕組み

Shillingは、匿名性に重きを置き、分散型で機能する仮想通貨です。Bitcoin同様ブロックチェーンを利用しています。その特徴は下記になります。

  • 匿名性と分散型
  • マイニング
  • 取引所
  • ブロックチェーン

匿名性と分散型

利用者は、Shillingで実装されているハニーポットという技術を通じて最高レベルのセキュリティで自身の資産を守ることができます。Shillingは、自律、匿名、分散型を基本思想としています。

また、インフレーションをコントロールするようになっていますが、市場へのShillingの創出と分配には公正さを保っています。

マイニング

Shillingは、ユーザが複雑な数学的問題を解くことに関わるコンピューティングパワーを提供し、ブロックチェーンへの支払いを検証して記録する支払い処理作業の報酬としてもユーザーに支払われます。

誰でもマイナーになって報酬を得ることができます。

取引所

シリングの購入や販売がとても簡単です。Shillingのマーケットは、完全なる自由の元に成り立っており、純粋にトレーダーによる売買で価格が変動します。

ブロックチェーン

パブリックレジャーである、Shillingのブロックチェーンは透明性があり、簡単に誰でも利用でき、ハニーポットシステムで保護されています。

パブリックレジャーには、時間、日付、参加者および金額に関する情報のみが記載されています。

Shilling(シリング)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年9月16日
  • 取引開始時価格:0.000507$
  • 直近価格   :0.010519$
  • 最高値    :0.029153$(2018年1月21日) 取引開始時価格の約60倍!!
  • 最安値    :0.000129$(2017年4月21日) 取引開始時価格から70%以上下落!!

Shillingは、2016年9月に取引が始まりました。

取引開始当初から、大きく乱高下しながら価格が推移します。10が宇宙順に一時的におさまりますが、11月中旬からさらに大きなボラティリティのもとで、価格が推移します。この乱高下の中、緩やかに平均価格は上がっていきますが、2017年4月21日に大きな下落がおき、取引開始時価格から70%以上下落した最安値を記録します。

すぐに価格は回復しますが、その後も大きな乱高下は続きます。2017年7月、10月に大きな高騰が生じた後、2017年12月には仮想通貨業界全体の盛り上がりにより、価格が大きく上げていきます。そして、この流れは年明けまで続き、2018年1月21日には取引開始時価格の約60倍となる最高値を記録します。

こののち、仮想通貨市況が崩壊し、大きな下落が起こる中で、Shillingも同様に大きく値を下げます。現在は少し価格を戻しましたが、以前今後の動向は不透明なため、取引には注意が必要だと思われます。

Shilling(シリング)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Shillingの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Novaexchange,
※Shillingを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Shilling(シリング)の将来性

Shillingは、Satoshi Nakamotoがビットコインを作り出す時に利用とした、中央集権機構がない分散型という仕組みをよく引き継いでいる仮想通貨です。また、ビットコインの問題点となるパブリック性を解決し、匿名性を強化し、さらにハニートラップテクノロジーを用いて、システムを頑強にしています。

非常に興味部外プロジェクトであり、今後注目していくと面白いかもしれません。

Shilling(シリング)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されていません。

Shilling(シリング/SH)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる