仮想通貨(コイン)の I0Coin(アイゼロコイン/I0C)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のI0Coinの価格・時価総額・出来高

通貨名I0Coin
通貨略号I0C
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

I0Coin()のローソク足リアルタイムチャート

I0Coin(アイゼロコイン)とは?基本情報

I0Coinは、ローンチされたのが2011年と、その歴史がかなり長い仮想通貨で、略号はI0Cとなります。

イーサリアムが2014年1月にローンチされたことを考えると仮想通貨の中でも老舗の通貨であるということがわかると思います。

I0Coinは、トランザクションの速さとセキュリティというトレードオフの関係にあるこの2つを、うまく適応させた仮想通貨です。90秒というブロック認証時間によって、速いトランザクションが可能となっています。

ネットワークのマイニングが活発に行われているため、トランザクションの安全性がとても高く、利用者は安心して使用することができます。

I0Coinは、プレマイニングを実施しておらず、インフレ率が2018年に向けて収束していく予定です。

I0Coin(アイゼロコイン)の特徴・仕組み

I0Coinの特徴・仕組みは、多様なユーザーの利用を考えて、最適なバランスを取るように選択されたものです。そのため、購入やマイニング、投資など、どのようなものでも、利用者は簡単に使うことができます。

I0Coinの特徴・仕組みは以下になります。

  • ボーダレスな送金
  • 歴史のある仮想通貨
  • 安定したサービス
  • 十分な分散化
  • 低インフレーション
  • ブロックチェーンの剪定

ボーダレスな送金

I0Coinは、地球上のどこでも利用可能な国際的なデジタル通貨です。通信環境が整ってさえいれば、I0Coinは使うことができます。隣のコーヒーショップでも、遠くに住む親戚でも、とても簡単に送金することができます。

歴史のある仮想通貨

I0Coinが最初にローンチされたのは2011年で、他の多くの仮想通貨よりも早く誕生しました。多くの仮想通貨が生まれては消えていく中で、I0Coinは未だに利用され、取引されています。

安定したサービス

最小化されたフットプリント(プラミング起動時のメモリ使用量)とメモリ要件の削減により、安定したウォレットとマイニングプラットフォームが実現しています。

絶え間なくアップデートしていくことで、利用者は最新のサービスやセキュリティを利用することができます。

十分な分散化

分散化は、単一の障害点がなく、利用者は利用時の障害や干渉を受けないことを意味します。I0Coinでは、自由なビジネス利用に向けた準備が整っています。

低インフレーション

総供給量2100万I0Coinのうち、99%が既に供給されています。I0Coinは、仮想通貨の中でも極めて低いインフレ率を保持しています。2018年までにインフレ率は0%近くになる予定です。

ブロックチェーンの剪定

利用者は、PCなどの自身の通信機器に保存されるブロックサイズを選択することができます。それにより、利用者は他の用途のためにコンピュータを利用することができます。

これは、またI0Coinを使うサイトに対し、ホスティングコストを最小化することにもつながります。

I0Coin(アイゼロコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2013年11月27日
  • 取引開始時価格:0.016$
  • 直近価格   :0.11$7
  • 最高値    :0.175$(2017年10月2日)
  • 最安値    :0.001$(2015年9月27日)

I0Coinは、2013年に取引が始まりました。

取引開始当初、価格が一時的に上昇しますが、その後すぐに下落の流れに入り、約2年程度低調なまま推移しておりました。

2015年10月以降からボラティリティが高くなり始め、大きく乱高下するようになります。

2017年にはボラティリティがさらに高まり、7月から10月の間に最大、10倍程度の価格差で大きな値動きを見せました。

2017年12月から再度価格を上げ始めましたが、年明けに再度急落しており、今後の取引にも十分注意が必要でしょう。

I0Coin(アイゼロコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

I0Coinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

I0Coin(アイゼロコイン)の将来性

2009年にBitcoinが誕生し、2014年に暗号通貨第二世代と言われるイーサリアムが誕生したのを考えると、I0CoinがBitcoinに触発された暗号通貨第1世代ということがわかります。

非常に長い歴史を持ちつつ、ここまで生き残ってきたことが、このI0Coinのすごさを感じさせます。

また、価格自体は大きなボラティリティが伴っているものの、Bitcoinのような驚異的な値上がりはしておらず、I0Coinがボラティリティやインフレ率によく気を使っていることが感じ取れます。

一方で、通貨として広まっていくには、利用できる店舗や機会を増やしていく必要があり、今後はそういった点がポイントになってくると思います。

I0Coin(アイゼロコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップについては、特に公表されておりません。

I0Coin(アイゼロコイン/I0C)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる