仮想通貨(コイン)の BritCoin(ブリトコイン/BRIT)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のBritCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名BritCoin
通貨略号BRIT
公開日
システムX13
発行上限枚数3000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ccex,Coin exchange
公式サイト

BritCoin()のローソク足リアルタイムチャート

BritCoin(ブリトコイン)とは?基本情報

ブリトコインは2014年に英国で誕生しました。過去の金融危機などで信頼性がどんどん落ちていく金融機関に変わるべく、開発が進められています。

ブリトコインは、オープンソースとピアツーピアの通貨ネットワークを提供するためにいくつかの技術的進歩をもたらし、登録なしで誰でも利用できます。最先端の暗号化技術とブロックチェーン技術のおかげで、ブルックコインは安全な支払いを可能にしました。

従来の支払い方法(デビットカードまたは銀行振込)とは異なり、Britcoinネットワークはピアツーピアであり、中央権限をもたず、取引に関与する第三者は存在しません。Britcoinネットワークは、人々が互いに直接取引できるオープンソースの中央銀行として機能します。

BritCoin(ブリトコイン)の特徴・仕組み

ブリトコインの特徴は以下になります。

  • イギリスの中央管理金融体制への反発
  • 「資産は個人管理」ということを強調
  • 5%の報奨金

今日の英国では、金融機関への信頼は非常に低いです。銀行は金融システムの独占権を握っており、2008年の金融危機で証明されたように、人々は簡単に中央集権のために自身の資産を取り出せなくなります。

伝統的な通貨からブリトコインへの移行が必要な理由はたくさんありますが、まず誰もが現在の金融システムが不公正で競争が必要であることに同意することができます。金融システムの運営方法や利潤に釣り合っていることを誰もが知っているかどうかに関わらず、政府が許可なく人々の資産を凍結できる力持っている状態です。

ブリトコインは中央管理からはなれ、自身の手で自身の財産を管理できるシステムを目指しています。

個人管理と節約

ブリトコインは人々に財政上の自由を提供するばかりでなく、毎年英国企業が数十億ポンドの商業費を節約することができます。

Britcoinは分権化されているため、支払いの送受信には手数料がかかりません。これは、すべての規模の英国企業が商品やサービスの支払いに関連する手数料や費用の代わりになることを意味します。

ブルックコインの思想

英国銀行が設立され、政府が個人株主の少数グループの手に財政を完全に支配する1694年に、ブリトコインの創設への道が始まりました。英国のネットワークは、現在の金融システムに対する公正で自由な代替手段を提供することを目的として、2014年に開始されました。

ブリトコインは、「民間銀行や政府を問わず、英国の人々が第三者の関与なしに互いに価値を取引できるようにするという」1つの目標で立ち上げられました。プロジェクト全体がOpen-Sourceであり、関心のある人は誰でもそれを見直して改善することができます。

報奨5%

Britcoinは、改善された暗号技術を使用して、ネットワークをProof-of-Stakeシステムで保護し、トランザクション検証をします。これにより、Britcoinユーザーは、ネットワークを支援する報奨としてBritcoinから年間5%の利息を得ることができます。

BTCETHなどのグローバルな暗号通貨とは異なり、Britcoinは他のネットワークでのロードブロッキングがなくてもコンセンサスに達し、ネットワークを改善することができます。

BritCoinの相場・チャート・高騰/暴落情報

BritCoinの買い方・売り方・購入方法・取引所

  • 取引開始日  :2014年7月3日
  • 取引開始価格 :1BRIT=0.001440USD
  • 直近価値   :1BRIT=0.037109USD(2018年4月9日)
  • 最高値    :1BRIT=3.80USD(2018年3月20日)
  • 最安値    :1BRIT=0.000163USD(2014年12月7日)

取引開始直後は多少の価格上下はありましたが、低下すると取引開始時の価格の10分の一程度の上記の最安値価格付近をずっと維持していました。もう4年近く経ちますが、全くと言っていいほど急激な高騰、下落がありません。

一度、2018年3月に30時間ほどのみ取引開始価格の2000倍ほどになりましたが、その後は下落し元通りの価格を維持しています。

BritCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ccex,Coin exchange
※BritCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

BritCoinの将来性

ブリトコインはイギリスで開発されたコインでその目的のイギリスの銀行制度に対抗するためでした。

公式によると、イギリス国内での金融政策不信が高まっていることに端を発したとのことで、このコインの価格変動は、仮想通貨の信頼(及びブリトコイン自体の信頼)の向上や国民の金融機関に対する不信感の高まりなどで代わってくるのではないでしょうか。

BritCoinの最近のニュース・最新情報・今後の予定

公式HPがリニューアルしたのは2017年2月のことで、公式のブログではその知らせが最初で最後となっています。

フェイスブックでは時々、各時点での価格情報を更新していますが、それも2017年12月に止まっています。アップデート情報や最新プロジェクトの情報もありません。

BritCoin(ブリトコイン/BRIT)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる