仮想通貨(コイン)の Vsync(ヴイシンク/VSX)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のVsyncの価格・時価総額・出来高

通貨名Vsync
通貨略号VSX
公開日2017年8月27日
システム
発行上限枚数1億3000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Coin exchange,Ccex,Novaexchange
公式サイト

Vsync()のローソク足リアルタイムチャート

Vsyncとは?基本情報

Vsyncは最先端の暗号技術を搭載した暗号通貨です。使用されるトークンはVSXです。Vsyncがサポートしている最新技術に基づく多くの機能は他のほとんどの暗号通貨ではまだ採用されていません。

Vsyncのコインミキシング技術を使用した匿名化トランザクションは、難読化と呼ばれています。確認取引が保証された迅速な取引をSwiftTXと呼びます。

ネットワークを保護し、上記の機能を提供するためのマスターノードと呼ばれる優先ノードがコンセンサスアルゴリズムを動作させます。この時、マスターノードとして機能するためには、250,000 VSKを担保として保有しておく必要があります。

Vsyncの特徴・仕組み

  • ウォレットとしてWindows/Linux/Mac版をサポート
  • コンセンサスアルゴリズムとしてProof of WorkとProof of Stakeの両方をサポート
  • 基本的な仕様
  • マスターノード の要件

ウォレットとしてWindows/Linux/Mac版をサポート

VsyncはウォレットとしてWindows/Linux/Mac版それぞれをサポートしています。ユーザは公式サイトにアクセスしてこれらのウォレットをダンロードし、モバイル機器などにインストールして利用することができます。

コンセンサスアルゴリズムとしてProof of WorkとProof of Stakeの両方をサポート

Vsyncは、Proof of Work(PoW)と Proof of Stake (PoS)を組み合わせたハイブリッド型のコンセンサスアルゴリズムを搭載した通貨です。

PoWは、パソコンの計算能力を使って複雑な処理を実行させ、最も早く処理が終わったものにコインを与えるやり方です。仕事量に比例して暗号通貨をマイニングできる量が増加するようになっています。

PoSでは仕事量ではなく、保有しているコインの量に比例してマイニングがより容易になる方法が取られています。

Vsync は PoSとPoW の両方を組み合わせて使用しています。259200 ブロックまではPoWが、それ以降はPoSがに切り替わります。Vsync専用のウォレットに通貨を入れ一定期間以上保有しておくだけで追加のVsyncを得ることができます。

基本的な仕様

  • アルゴリズム:XEVAN
  • ベースとなるコード:POS3.0, BITCOIN CORE 0.10.X
  • ブロック時間:60秒
  • マスターノード: 250.000 VSD
  • 難易度調整:それぞれのブロック毎(DARK GRAVITY WAVE v3)
  • POW:259200 ブロックの終わりまで/180日
  • POS:259201 ブロックの始まりから
  • INSTNTX:SWIFTTX
  • DARKSED: TX 難読化
  • 難読化:COINJOINをベース
  • RPC ポート:65015
  • P2P ポート:65010

マスターノードの要件

マスターノードは単純に暗号通貨の完全なノードまたはコンピュータウォレットで、ブロックチェーンの完全なコピーをビットコインのフルノードのようにリアルタイムで保持し、常に稼働しているコンピュータを指します。

しかし、マスターノードは、通常のノードとは機能が大きく異なっています。

Vsyncではマスターノードは、完全なブロックチェーンを維持し、ブロックあるいはトランザクションを完全なノードとして中継するだけでなく、いくつかの他の機能を実行します。

これらのノードが実行する特殊機能のいくつかは次のとおりです。

  • トランザクションにおけるプライバシーの向上
  • 即座な取引の実行
  • ガバナンスと投票への参加
  • 仮想通貨の予算と報酬システムを有効にする

これらのマスターノードはスタンドアロンではありませんが、分散型ネットワークを構築するために他のマスターノードと常に通信しており、しばしばMNという短い形式で参照されます。

Vsyncの Windows版のウォレットは以下の要件を満たすことでマスターノードになることが可能です。

1.VSX Windows ウォレット が設定されていること
2.250,000 VSX保有していること
3.十分な帯域でインターネットに接続されていること

Vsyncの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年8月27日
  • 取引開示価格:N/A
  • 直近価格:$0.125278 USD
  • 最高値:$0.263955USD(2018年1月10日)
  • 最安値:$0.0019006USD(2017年11月13日)

2017年8月27日に取引が開始されました。その後、価格は低迷し2017年11月13日に$0.0019006USDの最安値を付けました。その後価格は上昇に転じ2018年1月10日には$0.263955USDの最高値を付けています。

Vsyncの買い方・売り方・購入方法・取引所

Vsyncの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Coin exchange,Ccex,Novaexchange
※Vsyncを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Vsyncの将来性

現在、ビットコインに代表される Proof of Work(PoW)のみのコンセンサスアルゴリズムを搭載した通貨について、マイニングについて大容量の電力が消費されている問題が指摘されています。

Vsyncは259200 ブロックまでは、PoWを使用しますが、それ以降は Proof of Stake(PoS)3.0アルゴリズムに切り替わります。これにより、電力の消費量を抑えた形式で暗号通貨のマイニングを行うことができるようになります。

その意味では環境に優しく、気密性の高い取引が可能なVsyncの将来性は明るいと言えるでしょう。

Vsyncの最近のニュース・最新情報・今後の予定

現在、Vsyncのニュース・最新情報・今後の予定は開発者コミュニティのサイトで行われていますが、このサイトで2018年に公式のWebサイトがリニューアルされてリリースされる予定であることが発表されています。

Vsync(ヴイシンク/VSX)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる