仮想通貨(コイン)の Opal(オパール/OPAL)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のOpal(オパール/OPAL)の価格・時価総額・出来高

通貨名
通貨略号
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

()のローソク足リアルタイムチャート

Opal(オパール)とは?基本情報

オパールは個人情報保護を目的としたメーリングサービスを提供するコインです。

Opacityで必要なものをブロックチェーン上の自分または連絡先に送信することによって、情報を完全に匿名に暗号化してブロックチェーンに保存することもできます。

取引は安全に匿名のネットワークを介して送信されます。Bitcoinとは異なり、個々人のプライバシー情報は最先端の暗号化技術によって難読化されています。

非常にポピュラーな取引所「Bittrex」を通じてウォレット内取引でウォレットをダウンロードするオプションがあります。このウォレットは、Microsoft Windowsをの使用を容易にするために特別に設計されています。

Opal(オパール)の特徴・仕組み

  • 不透明なオパール石の構造からヒントを得た
  • プライバシー保護を目的とする
  • 「不透明アドレス」の使用

オパールの基本理念

オパール石は半透明から不透明まで多岐にわたりますが、不透明な石は透明(すべての光が透過する)でも、半透明(一部の光が透過する)でもありません。不透明度は、電磁気または他の種類の放射線、特に可視光に対する不浸透性を持っています。

不透明な物質は光を透過しないため、そのすべてを反射、散乱、または吸収し、それが不透明につながるプロセスです。

オパールは上記を暗号化されたメッセージングの形でデジタル通貨に適用しようとしました。OPALウォレット内で匿名のメッセージを安全に送受信でき、実装時には、暗号化されたメッセージを本質的に「格納」することを理想と考えました。

チーム

オパールチームはコイン開発とプログラミングからウェブサイト開発とマーケティングに至るまで、コインコミュニティの経験豊富なメンバーで構成されています。オパールは、今日の気候でプライバシーが不可欠であると考えています。

オーパルチームの調査によると、支払いシステムだけでなく、ファイル共有やソーシャルメディアを含むすべてのオンラインプラットフォームが監視・追跡の脅威にさらされています。

不透明暗号化メッセージングサービスは第三者が情報を傍受するリスクを冒すことなく、他者と連絡を取る革新的な方法です。オパールはこれを利用してプライバシー保護を推進しています。プライバシーは現代において不可欠です。

「不透明アドレス」にはステルスアドレスの実績のある技術が新たに取り入れられました。不透明アドレスは使いやすく、ウォレットに組み込まれており、利便性を犠牲にすることなくプライバシーを保証します。

送信方法

公式ウェブサイトから送信できます。既定の欄に「smsgscanchain」と入力することで、匿名メッセージングに必要なすべての公開鍵がブロックチェーンでスキャンされます。その後の使用方法は通常のメッセージ送信と同様です。

「不透明アドレス」

オパールは、不透明アドレスという匿名機能を新たに追加発表しました。不透明アドレスは、証明された数学を使用して、個人の金融取引を保護し、公開されないようにします。

「不透明アドレス」とは

「不透明アドレス」はOpalユーザーがトランザクションを匿名で送信することを可能にします。新しい「受信アドレス」を作成する場合は、ウォレット内のオプションを選択するだけです。

Opalの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2014年9月15日
  • 取引開始価格 :1OPAL=0.001145USD
  • 直近価値   :1OPAL=0.029590USD(2018年4月9日)
  • 最高値    :1OPAL=0.235456USD(2017年12月12日)
  • 最安値    :1OPAL=0.00000099USD(2016年2月6日)

取引開始からしばらくはほとんど上がることなく下落傾向でした。大幅な高騰は見せることなく、2016年2月には1000分の1以下の価格にまで下落しました。

しかし、2017年になると仮想通貨の人気の波に乗り、上昇傾向に転じ、年末には最安値の23万倍にまで高騰しました。最近では落ち着き始め、最高値の10分の1程度の価格となています。

Opalの買い方・売り方・購入方法・取引所

Opal(オパール/OPAL)の購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Opalの将来性

オパールは以上のメインプロジェクト以外にもサイドプロジェクトをいくつか並行して進めているとのことで、「インウォレット取引」や「ステークトレッキング」というものがあります。

どれかひとつ際立った特徴的な機能の追加によっては今後の人気が左右されていくでしょう。

Opalの最近のニュース・最新情報・今後の予定

公式ロードマップによると、10段階に設定してあるプランのうち7段階目の「コインソース検証」までが終了した段階です。

今後控えているものは「HTMLウォレット再設計」「アノニマスファイルの移転」「オパールマーケットプレイス」です。以上順番は特に決まっていないようです。

Opal(オパール/OPAL)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる