仮想通貨(コイン)の Goodomy(グッドミー/GOOD)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のGoodomyの価格・時価総額・出来高

通貨名Goodomy
通貨略号GOOD
公開日2017年6月21日
システム
発行上限枚数8億8800万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Coin exchange
公式サイト

Goodomy()のローソク足リアルタイムチャート

Goodomyとは?基本情報

Goodomyは、30兆ドルの規模を持つ従来型小売店市場のデジタル通貨を扱うAmazon型ビジネスで、爆発的な成功を収めたAmazonのビジネスモデルを採用しています。

倉庫管理やロジスティクスを必要とせず、消費者市場を約15倍に拡大させ、モバイルとローカルで使用できるように改良されたAmazonモデルを、ブロックチェーン技術に応用するというコンセプトを持っています。

創設者で総指揮を執っているTony “Kosmost” Sorelは、世界で初めてICO(イニシャルコインオファリング)を考案した人物とされています。

Goodomyの特徴・仕組み

Goodomyの特徴・仕組みは以下の4つあります。一つずつ見ていきましょう。

  • ERC20トークン
  • ショップミープラットフォーム
  • 実用性
  • ネットワークメリット

ERC20トークン

GoodomyはERC20コントラクトとしてEthereumのプラットフォームに基づいているため、マイニングによりトークンの健全性とセキュリティを維持する必要はありません。

ERC20トークンはコントラクトそれ自体から展開されるか、自動化された方法またはリリーススケジュール(この場合は開発者)に従ったエージェントを介して展開されます。

取引所で受け取ったEthereumはブロックチェーンで見える形で直接Goodomyコントラクトとなり、トークンの経済を広げ有用性を高めるための資本として使用されます。

ショップミープラットフォーム

世界各国に数百万軒ある従来型小売店は、より効率的なオンライン同業者との競争の激化に直面しており、収益もその影響を受けています。

消費者購入用のデジタル通貨であるGoodomyを使用すれば、各店舗は無料の「ショップミー プラットフォーム」を介して、ブロックチェーン技術を既存の小売ワークフローや運用プロセスに容易に統合することができます。

これにより、各店舗は販売流動性を大幅に高めることができ、はるかに高いレベルの環境で競争することができます。

実用性

Goodomyのトークンは、消費者と企業の両方が使用することができ、独自の複数分野でのメリットを生み出します。 また、一般の人もGoodomyトークンを利用できるように、他のタイプのサービスも計画されています。

Goodomyにより小売業者はより多く、より早く販売するためのブロックチェーン技術を拡張する能力を手に入れることができます。また消費者はより大きなディスカウントを得ることができ、トークン保有者はトークンの価値の高まりを実感できるでしょう。

ネットワークメリット

Goodomyのブロックチェーンが日常的に経済・社会の一部になると、一般の人が容易に使用できる民主的な分散型ブロックチェーンとなります。これにより、ネットワーク効果を介して、Goodomyブロックチェーンの価値は大幅に向上し、誰もがブロックチェーンプロセスにアクセス可能になります。

定期的な暗号通貨のマイニングでは、ブロックチェーンの権威はトップのマイニングプールやコインホルダーの手に与えられますが、Goodomyは消費者活動を通じて一般の人々のブロックチェーンにその権限を分配します。そのため、実際のピアツーピアトランザクション(ユーザー同士の取引)から得られた価値は、消失せずGoodomyブロックチェーンに記録されます。

Goodomyの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2017年6月25日
  • 取引開示価格:1GOOD=0.006USD
  • 直近価格:1GOOD=0.019USD
  • 最高値:1GOOD=0.021USD(2018年1月8日)
  • 最安値:1GOOD=0.0001USD(2017年7月9日)

2017年6月に取引開始以降、2017年12月30日までは1GOOD=0.004USD以下で推移していましたが、翌12月31日に1GOOD=0.012USDまで上昇。2018年に入ってからも1GOOD=0.01USD以上で推移しており、直近では1GOOD=0.019USDまで上昇しています。

Goodomyの買い方・売り方・購入方法・取引所

Goodomyの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Coin exchange
※Goodomyを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Goodomyの将来性

2018年第一四半期に「ショップミープラットフォーム」のリリースを控えており、このリリース前後は価格が高騰する可能性があります。

また、世界の消費者小売市場約30兆ドルの売上高のうちオンラインの売上高はわずか2兆ドルで、その規模の7%未満に留まっています。そのため、このプラットフォームが普及する白地は大きく、使い勝手の良さと得られる利益が認められ、小売業界への普及が見込めれば、多くの消費者が選択する暗号通貨の方式になる可能性を秘めています。

Goodomyの最近のニュース・最新情報・今後の予定

「ショップミープラットフォーム」はAndroidとiOSで2018年第1四半期に公開予定です。

Goodomy(グッドミー/GOOD)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる