仮想通貨(コイン)の Solaris(ソラリス)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のSolarisの価格・時価総額・出来高

通貨名Solaris
通貨略号XLR
公開日2017年9月30日
システム
発行上限枚数96万6000枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Coin exchange
公式サイト

Solaris()のローソク足リアルタイムチャート

Solarisとは?基本情報

Solarisは分散型仮想通貨で、仮想通貨であるXLRは2017年3月18日にリリースされました。XLRの発行はビットコインのようにマイニングによって行われますが、マイニング方法がビットコインの使用するシステムであるPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)に変わり、PoSになってからは発行上限はなくなりました。

2017年10月7日にはSolarisブロックチェーンがリニューアルされ、以前のNist5アルゴリズムはXEVANに置き換えられ、最新のXEVANの最先端の技術でXLRの発行が可能になりました。

貨名(通貨単位) Solaris(XLR)
システム(アルゴリズム) PoW/PoS(XEVAN)
最大供給量 上限なし
現在の供給量(記事作成時) 902,793 XLR
公開日 2017年3月18日
公式サイト https://solariscoin.com/

Solarisの特徴・仕組み

特徴をポイントに沿って説明していきます。

  • 素早いブロック生成時間
  • 高いプライバシーと安全性
  • ASIC(特定用途向け集積回路)からのマイニングを防ぐ
  • マスターノード

素早いブロック時間

solarisはすでに60秒という非常に高速なブロック生成時間を提供しています。しかし、加えてsolarisユーザはSwiftTXと呼ばれる仕組みを使用する事が可能な為、トランザクションを瞬時に行うことができ、すぐにコインを使用できるようになります。

高いプライバシーと安全性

Solarisは最初の匿名仮想通貨を確立することを目指しています。Zerocoinプロトコルをフルタイムトランザクションプロトコルとして使用予定で、これが実現すると、トランザクションの履歴などの詳細をZerocoinプロトコルにより隠す事が可能になり、トランザクション等の追跡が大変困難になる為、プライバシーが確保できるようになります。

またBitcoin Core 0.10.xで構築されており、DERと呼ばれる公開鍵のみのエンコードだけが使用可能等、安全性が高いとされています。

ASIC(特定用途向け集積回路)からのマイニングを防ぐ

Solarisは、XEVANをマイニングとスポークアルゴリズムとして使用します。このアルゴリズムは当初Bitsend(BSD)によって発見されたアルゴリズムで、ASICマイニングハードウェアから保護することが証明されています。

ASIC(特定用途向け集積回路)とは:仮想通貨のブロックを効率よく計算できるようにカスタムされて作られた集積回路でマイニングのスピードを急速に上げてしまいます。これによりマイニングコストが上がるとマイナーの数が減る可能性があり、仮想通貨の開発者は特定のマイナーにより急速にマイニングできるASICのシステムから仮想通貨を守れるよう試行錯誤しています。

マスターノード

SolarisはMasternodesを使用しています。Masternodesは、Solaris Walletを実行し、SwiftTXによるトランザクションのロックや、コイン難読化の調整を行ったり、予算の調達の決定を下すコンピュータで、1000 XLRの担保を持っており、1時間以上のコネクションロスなしに24時間稼働することができます。

Solarisの相場・チャート・高騰/暴落情報

取引開始日  :2017年4月1日
取引開始時価格:0.04$
直近価格   :44.57$(2018年1月8日現在)
最高値    :44.57$(2018年1月8日)
最安値    :0.04$(2017年2月1日)

2017年4月3日には2日の最安値の6倍にもなる0.26ドルとなりました。その後は0.1ドルから0.2ドルを比較的激しく上下したのち、5月に一時4.39ドルの高値を出しますが、すぐに急落しました。

7月に入るとまた上昇を始め、0.3ドルから0.5ドルほどに推移、しかしその後また緩やかに下がって行きました。10月には上下はあるものの、1ドルから2ドルに推移するようになり、その後も激しい上下を繰り返しながら、徐々に上昇し、2018年1月には最高値の44.57ドルとなります。

Solarisの買い方・売り方・購入方法・取引所

Solarisの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Coin exchange
※Solarisを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

Solarisの将来性

Solarisは常に進化、開発を続けています。PoWからPoSにすぐに乗り換え、アルゴリズムも良いものを採用し最適化しています。その為か仮想通貨の振れ幅も大きいですが、現在は取引開始価格から1000倍にもなる44ドルまで値を上げしています。

リスクはありますが、今後とも開発が続けば将来性のある仮想通貨として生き残っていく可能性はあるでしょう。

Solarisの最近のニュース・最新情報・今後の予定

2018年Q1マイルストーン

  • Macウォレット
  • zXLRトランザクション開始
  • 取引所に追加される
  • コミュニティフォーラム開始
  • アンドロイドウォレット

Solaris(ソラリス)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる