仮想通貨(コイン)の HiCoin(ハイコイン/XHI)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のHiCoinの価格・時価総額・出来高

通貨名HiCoin
通貨略号XHI
公開日
システムScrypt
発行上限枚数100億枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Ccex,
公式サイト

HiCoin()のローソク足リアルタイムチャート

HiCoin(ハイコイン)とは?基本情報

Hicoinは、2016年5月に取引が始まった、仮想通貨業界の中では比較的歴史の長い仮想通貨になります。略号表記はXHIです。

HiCoinは、ビットコインのようなオープソースであり、ピアコインであり、仮想通貨コミュニティのプラットフォームでもあります。このHiCoinは、ゴールドによって裏付けられた仮想通貨という世界で最初のパラダイムを持った投資機会を提供するよう、デザインされています。

このHiCoinを利用することで、世界中のどこでも、購入時の現金やクレジットカードでの支払いのように、リアルタイムで支払いを行うことができます。HiCoinは、決済としての仮想通貨に焦点を当てているプロジェクトであると言えます。

HiCoin(ハイコイン)の特徴・仕組み

HiCoinは、オープンソース型の決済利用に照準を合わせた仮想通貨プロジェクトです。HiCoinは、PoS(Proof of Stake)を利用しており、このPoSと菌に裏付けられているという点が最大の特徴になります。ここでは、PoS(Proof of Stake)について説明します。

  • PoS(Proof of Stake)マイニング
  • 安全なネットワーク
  • 報酬の獲得

PoS(Proof of Stake)マイニング

ほとんどの暗号化のマイニングにはASIC(※)と呼ばれる特殊なハードウェアが利用されていますが、HiCoinのマイニングはどのコンピュータでも可能です。

ステーキングは、処理能力ではなく、所有しているHiCoinをベースにしているため、エネルギー効率がビットコインなどで使われるPoWに比べ非常に良いものとなります。

※ASIC・・・Application Specific Integrated Circuitの略。日本語では特定用途向け集積回路といい、ビットコインなどでは、マイニングを効率よく行うことを目的とした回路が利用されている。その開発や購入には多額の資金が必要であることから、マイナーが資本を持っている人に偏り、マイニングネットワークが不均衡になるといった懸念がなされている。

安全なネットワーク

利用者のノードがブロックを生成するたびに、コインが生成され、ネットワークは保護されます。HiCoinネットワークを確実に攻撃するには、悪意のあるユーザーがすべての貨幣の大部分をコントロールしなければならず、それによって自分の投資に害を及ぼすことさえあります。

この攻撃に際して、攻撃者が非効率な負担を強い、攻撃するインセンティブを削ぐようデザインされていることで、ネットワークは保護されています。

報酬の獲得

ステーキングは、毎年コインの所有者に5%の収入をもたらします。コインは、移転されてから30日後に最初の資格が与えられ、90日後に成功のチャンスが最大になります。多くのステーキングを行うことで、利用者は報酬を大きくすることができます。

HiCoin(ハイコイン)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2016年5月4日
  • 取引開始時価格:0.081798$
  • 直近価格   :0.000889$
  • 最高値    :0.090707$(2016年5月9日)
  • 最安値    :直近価格

HiCoinは、2016年5月に取引が始まりました。

取引開始当初、価格が急騰しますが、すぐに大きな下落がおこります。結果的に現時点まででの最高値はこの急騰時に記録した価格であり、取引開始時価格の約1.1倍になります。

下落過程で時折、大きな急騰が起こり、ボラティリティが大きな中で推移していきます。しかし、その後は徐々にボラティリティが収まっていき、2016年12月ごろからは低調な価格帯に収束していきます。

そのまま低調な価格帯の推移が続きますが、緩やかに価格は下がっていき、現在では取引開始時価格から90%以上も下落した最安値を更新する展開となっています。今後も、引き続き価格が下落していくことが考えられ、取引にはかなり注意が必要でしょう。

HiCoin(ハイコイン)の買い方・売り方・購入方法・取引所

HiCoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Ccex,
※HiCoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

HiCoin(ハイコイン)の将来性

2009年にBitcoin(ビットコイン)が誕生して以来、仮想通貨とブロックチェーンテクノジーは、にわかに注目を集めてきました。2014年にはEthereum(イーサリアム)が誕生し、仮想通貨以外へのブロックチェーンの利用可能性が一気に広がりました。

さらに、最近ではブロックチェーンの次の技術と言われるDAGと呼ばれるネットワークを利用した仮想通貨まで誕生し、日進月歩で開発が進められています。そして、昨年Bitcoin価格の急騰により、世界中から熱い視線が送られ、各国の中央銀行や規制当局はその挙動に大きな関心を持っています。

一方で、こういった流れの中で、多数の仮想通貨プロジェクトが並行して進められており、仮想通貨とブロックチェーン業界は非常に競争の激しい分野にもなっています。

この激しい業界の中で、HiCoinがどのように頭角を表すのか、今後の活動に期待です。

HiCoin(ハイコイン)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

今後のロードマップは公表されておりません。

HiCoin(ハイコイン/XHI)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる