仮想通貨(コイン)の Pure(ピュア/PURE)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のPureの価格・時価総額・出来高

通貨名Pure
通貨略号PURE
公開日
システム
発行上限枚数
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Pure()のローソク足リアルタイムチャート

Pure(ピュア)とは?基本情報

Pureは、2017年11月4日に取引が始まった比較的新しい仮想通貨になります。

Pureは、オープンソース、ピアツーピア、分散型という特徴を兼ね備えた、ブロックチェーンベースの仮想通貨になります。そして、世界のどこでも、そして誰であろうとも、その場ですぐに送金ができるよう、設計されています。

また、Pureは、マスターノードと匿名トランザクション機能も実装しています。

Pureのスペックの概要は下記になります。

  • アルゴリズム: X11PoS(Proof of Stake)
  • ブロック承認時間: 180秒
  • ブロック報酬: 20Pure
  • 総供給量: 2,000万コイン
  • マスターノードの報酬: ブロック報酬の65%

Pure(ピュア)の特徴・仕組み

日々増え続け、1,700人以上もいるとても強力なコミュニティに支えられて、Pureは公平かつ正当な分散型システムの利用とより良き未来を追求するため、明確なビジョンとアイディアをもとにブロックチェーンテクノロジーの精度を高め、世界に広めていくことをその目的としています。

Pureは、マスターノードと匿名トランザクションを備えた、オープンソース型ピアツーピア仮想通貨です。

Pureの特徴・仕組みは以下になります。

  • インスタント
  • 安全
  • 匿名
  • マスターノード

インスタント

InstantSend(即時決済機能。DASHでも実装されている)を統合したことにより、非常に早いトランザクションが実現されています。

安全

X11 PoW/PoSハイブリッド型アルゴリズム(※)によって、ネットワークがトランザクションを守るように設定されています。

※ハッシュ関数生成アルゴリズムにX11を利用したPoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)を合わせたアルゴリズム

匿名

DarkSend(匿名性の高さで定評のある取引機能。匿名通貨で有名なDASHでも使われている)を使って、完全に匿名なトランザクションを達成しています。

マスターノード

マスターノードは、ネットワークの統合やを助け、DarkSendやInstantSendなどの機能をサポートします。

マスターノードの所有者は、ネットワークを維持するためにマスターノードを走らせることで、ブロック報酬の65%を得ることができます。

マスターノードの委託保証金は、2,500Pureです。

Pure(ピュア)の相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日  :2017年11月4日
  • 取引開始時価格:0.26$
  • 直近価格   :3.01$
  • 最高値    :6.10$(2018年1月3日)   取引開始時価格の約23倍!!
  • 最安値    :0.26$(取引開始日)  取引開始時価格を下回ったことが無い!!

Pureは、2017年11月4日から取引が始まりました。

取引開始後、低調なまま価格は推移しておりましたが、取引開始時価格を一度も下回ることなく、微増の状態を維持しておりました。

2017年12月中盤の仮想通貨全体の盛り上がりに合わせ、Pureも価格をどんどん上げていき、2018年1月3日には取引開始時価格の約23倍となる最高値を記録しました。

その後、半値にまで急落しておりますが、以前よりも高値はキープしております。

Pure(ピュア)の買い方・売り方・購入方法・取引所

Pureの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所

Pure(ピュア)の将来性

2009年のBitcoinの誕生は、中央集権制を排除し、一般市民によって分散されて維持される通貨として、今まで大きなインパクトを与えてきました。

一方で、そこにはスケーラビリティーやプライバシーの問題、ブロック承認時間の長さや未承認ブロックの溜まり、さらにはマイニングによる大量の電力使用や51%アタックなど、多くの問題も指摘されています。

現在、数多ある仮想通貨プロジェクトの多くは、Bitcoinのこういった問題点を解消することを目的に様々な研究や開発、テクノロジーの実装などが行われています。

Pureは、Bitcoinの数多くの問題点の中でも匿名性と即時トランザクションを追求した仮想通貨になります。また、マスターノードを走らせることで、健全かつ堅牢なネットワークの構築も行なっています。

様々な最新テクノロジーを実装することで、利便性を高めておりますが、一方で競争が非常に激しい分野であることに変わりなく、2017年11月と他のプロジェクトよりも少し遅いスタートでハンディを背負ってるからこそ、技術開発やコミュニティ育成を行うと同時に認知度を高めるマーケティング戦略をどう打っていくかが今後のポイントになってくると思います。

Pure(ピュア)の最近のニュース・最新情報・今後の予定

  • 2017年9月
    • Pureネットワークスタート(完了)
  • 2017年10月
    • Webサイトスタート(完了)
    • Mac、Linuxウォレットリリース(完了)
  • 2017年11月
    • 多数の取引所への上場(進行中)
  • 2017年12月
    • ソーシャルメディアキャンペーン
    • ブロックチェーンのアップデート
  • 2018年1月
    • ニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaに上場(予定)

Pure(ピュア/PURE)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる