仮想通貨(コイン)の Phoenixcoin(フェニックスコイン/PXC)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のPhoenixcoinの価格・時価総額・出来高

通貨名Phoenixcoin
通貨略号PXC
公開日2013年5月8日
システムNeoScrypt
発行上限枚数9800万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
公式サイト

Phoenixcoin()のローソク足リアルタイムチャート

Phoenixcoin(フェニックスコイン)とは?基本情報

Phoenixcoinは、2013年5月20日に取引が開始された仮想通貨で、略号はPXCです。X11 ライセンスによるポピュラーなビットコインの派生形であり、Litecoinの発展したものです

Phoenixcoinは、ハイレベルな透明性を有し、高度な技術を擁するコミュニティによって開発されており、誰もが発展に貢献することができます。

Phoenixcoinの特徴・仕組み

  • ブロック報酬
  • ブロックチェーン
  • アドレス
  • 採掘アルゴリズム

ブロック報酬

ブロック報酬は25コイン、報酬は100万ブロック(およそ2.85年)ごとに半減します。ブロック間隔は1.5分です。総供給量は有限で、9,800万と見積もられています。

ブロックチェーン

トランザクション(取引)はブロックに含まれます。 すべての有効なブロックがネットワーク上のブロックチェーン、すなわち起点ブロックであるナンバー1ブロックから始まるすべての生成ブロックのリストに追加されます。

すべての次のブロックは1つ前のブロックを参照し、チェーンが作成されていきます。トランザクションは6回の確認の後、すなわち取引を含むブロックの後に6つのブロックがブロックチェーンに追加された場合、完了したとみなされます。ただしこれは必須ではなく、受信者によって異なる場合があります。

アドレス

Phoenixcoinネットワークでの支払いは、デジタル署名に基づいた固有のアドレスに行われます。 通常は33文字の文字列として表示され、常に ” P ”で始まります。

すべてのアドレスは、所有者だけが知っている秘密鍵に対応しています。 ブルートフォース攻撃(暗号への総当たり攻撃)を使用して秘密鍵を見つけることはほぼ不可能です。

採掘アルゴリズム

Phoenixcoinは当初、コリン・パーシヴァルによって導入された作業証明のためのScryptアルゴリズムを使用しました。コイン生成の目的で初めて使用され、Litecoinのおかげで非常に普及しました。

ビットコインは、異なるSHA-256のハッシュ関数を採用しています。 Phoenixcoinはビットコインの10分より約7倍高速な1.5分のブロックターゲットで動作し、トランザクション処理を可能にしています。

Phoenixcoinネットワークは、ブロック生成の速度を一定に保つために、20ブロックごとにハッシングの難易度を調整します。このプロセスは「リターゲット」と呼ばれます。Litecoinとビットコインははるかに遅く、2016ブロックをリターゲットの頻度としています。

難易度は、ネットワーク全体の計算能力(ハッシュレートと呼ばれます)に従って調整されます。難易度が1.02より高く、または0.95より低く減少しないように制限されています。

Phoenixcoinは、NeoScrypt(ネオスクリプト)アルゴリズムを採用しています。しかし当初は、FPGA(製造後に構成を設定できる集積回路)やASIC(特定用途向け集積回路)で実装できる非常にメモリ的に安価なアルゴリズムであるSHA-256が採用されました。2013年には最初のSHA-256d ASICであるAvalon 1が採用されました。

Scryptは、SHA-256よりもCPUとGPUに適していました。Scryptでは、ハッシング・スレッドごとに128キロバイトという非常に大きなメモリ領域が必要で、これがFPGA、ASIC開発の難点でした。

しかし、Scryptには利用可能な技術があり、メモリ要件を64キロバイトまで減らすことができました。 2013年にLitecoinと他のScryptベースの暗号通貨の時価総額が上昇し、eDRAMの製造が組み合わされ、ScryptのASIC開発が可能になりました。

2014年初頭、55nm GridChip GC3355をベースにした最初のScrypt ASICがリリース、同年7月27日にはより改良されたNeoScrypt と呼ばれる新しいアルゴリズムがリリースされ、採用されました。

Phoenixcoinの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2013年7月(公表)
  • 開始価格 :0.011663USD
  • 直近価格 :0.009852USD
  • 最高値  :0.121416USD
  • 最低値  :0.000049USD

Phoenixcoinは、2013年7月すぐに0.040USD台にまで値を上げますが、8月には下降し、10月以降、取引開始価格を90%ほど下回る値が続きます。同年11月末から12月にかけて取引開始価格の10倍ほどまで急上昇し、最高値0.121416USDの値を付けました。

しかし、すぐに再び取引開始価格を90%ほど下回るほど下落します。2014年以降、0.00010USD台付近を維持し、2016年には最低値0.000049USDの値を付けました。2017年末から翌18年1月にかけては取引開始価格の約3倍まで急上昇しました。

Phoenixcoinの買い方・売り方・購入方法・取引所

Phoenixcoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所
※Phoenixcoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

Phoenixcoinの将来性

イギリスの週刊紙『エコノミスト』1988年1月9日付では、30年後に「フェニックス通貨」が流通するという予言がなされていることもあり、注目されています。

Phoenixcoinの最近のニュース・最新情報・今後の予定

Phoenixcoinについての最新情報や技術的な内容は公式サイトから確認することができます。

Phoenixcoin公式サイト

Phoenixcoin(フェニックスコイン/PXC)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる