仮想通貨(コイン)の IncaKoin(インカコイン/NKA)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のIncaKoinの価格・時価総額・出来高

通貨名IncaKoin
通貨略号NKA
公開日2013年8月28日
システムSHA-256
発行上限枚数91億7000万枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所,Yobit,Novaexchange
公式サイト

IncaKoin()のローソク足リアルタイムチャート

IncaKoinとは?基本情報

IncaKoin(インカコイン)は、取引を処理しブロックチェーン上に新しいコインを生成するために、Proof of WorkとProof of Stakeの両方を使用する最初のSHA-256(ブロックチェーン上におけるハッシュ関数の一つ)ハイブリッド通貨の1つです。2013年8月に開発され、通貨単位はNKAです。

IncaKoin(インカコインは)、ビットコインよりはるかに少ないエネルギーしか使わないため、環境により良い通貨となっています。

  • 開始時期:2013年8月
  • 最大発行枚数:13,105,300,663
  • アルゴリズム:SHA-256 PoW-PoS Hybrid

IncaKoinの特徴・仕組み

Proof of WorkとProof of Stakeの両方を使用するIncaKoinの特徴は主に2つあるため、まとめて紹介します。

  • 通貨保有者/マイナー/取引者にメリットがある
  • 長く安定したブロックチェーンで、コミュニティがある

通貨保有者/マイナー/取引者にメリットがある

IncaKoinはそれぞれのユーザーに明確なアドバンテージがあります。

通貨保有者

通貨保有者はIncaKoinを保有していると35日ごとに、ネットワークを強化することに貢献しているため、9%のボーナスを得ることができます。これは非常に高いROI(Return on Investment;投資利益率)になります。

マイナー

マイナーは60秒ごとに1ブロックにつき100コインの報酬を受け、処理能力でネットワークを保護し、作業によってコインを生成します。

取引者

取引者は、できる限り好きなように取引できるよう、低い手数料で利用することができます。

長く安定したブロックチェーンで、コミュニティがある

IncaKoinのブロックチェーンは、長い時間使用され続けていて、非常に安定しています。また、創設者や開発チームも通貨やブロックチェーンの改善に常に努めており、コミュニティからの意見も大切にしています。

IncaKoinには素晴らしいコミュニティがあり、掲示板を見てみると、いつも問題を解決して支援をしてくれるよう心強いコアサポーターの雰囲気が感じられます。

コミュニティはIncaKoinが特別な価値を持ち、将来評価されるような可能性があると感じています。

IncaKoinの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2015年1月
  • 取引開始価格:0.000033USD
  • 直近価格:0.000260USD
  • 最高値:0.006009USD
  • 最安値:0.000002USD

IncaKoinは2015年1月に0.000033$と非常に低い価格から取引が開始され、約2年ほど大きな価格変化はありませんでしたが、2017年5月に価格が上昇し、初めて0.0001$に到達しました。その後7月価格は上昇して、0.0004$に達し取引価格から10倍を達成しました。

そして2018年1月、価格は大暴騰し一時的に0.006$を記録しました。これは取引開始価格から180倍の価格変動となります。現在では0.0005$前後を推移しています。

IncaKoinの買い方・売り方・購入方法・取引所

IncaKoinの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 ,Yobit,Novaexchange
※IncaKoinを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

IncaKoinの将来性

IncaKoinはPoWとPoSのハイブリッドアルゴリズムでブロックチェーンにおける両方の利点がありますが、PeerCoin(ピアコイン)など他の暗号通貨も採用しているためそれほど珍しいことではありません。

そのためIncaKoinがそれらの暗号通貨に勝つためには差別化を図る必要があり、現在ではIncaKoinしかない目立つポイントはないため、それらの発展によって大きく将来性が変わると考えられます。

しかし、コミュニティが大規模でパワーを持っていることは暗号通貨において非常に大きな点なので、それはプラスになると期待されます。また、ロードマップも詳しく説明されているおり、様々な言語に対応するためユーザーの増加が期待されます。

IncaKoinの最近のニュース・最新情報・今後の予定

公式にロードマップがあったため掲載しておきます。

2018年 – 1月 2月 3月

  • プレスリリース:PRwebと広告通信社による大幅なマーケティングの推進。
  • ワンクリックマイニング:ワンクリックするだけで、ウォレットマイニングがオンまたはオフになります。
  • ワンクリックステーキング:ワンクリックするだけで、ウォレットからの出資のオンオフを切り替えます。
  • マウスオーバーハッシュ統計:マウスをかざした時にマイニングや統計情報を表示するかどうかを表示します。
  • ステータス上のマウス:マウスをかざした時に出資や統計を表示するかどうかを表示します。

2018年  – 4月 5月 6月

  • インストールディレクトリオプション:カスタムインストールディレクトリまたはデータディレクトリの場所を指定するオプション。
  • ワンクリックedit.conf:マウスを1回クリックするだけで、ウォレット設定ファイルを開いて編集できます。
  • ワンクリックウォレットの修復:マウスを1回クリックするだけで、再インデックス、再スキャン、およびスナップショットが実行されます。
  • オンラインのみのステークング:ネットワークに接続されている間は、ノードは出資されません。
  • ソート可能なステークテーブル:ウォレットは、さまざまな重要な出資の詳細を表示します。

2018年 – 7月 8月 9月

  • 多言語ウォレット:中国語、英語、スペイン語、アラビア語、ヒンディー語、ロシア語、ベンガル語、ポルトガル語、フランス語に対応したウォレットの実装。
  • シードワードの復元:wallet.datのバックアップコピーなしでウォレットコインを復元する機能。
  • iPhone / Androidアプリ:完全な機能を備えたネイティブアプリ。
  • 64バイナリ – Win / Mac / Lin:3つの主要オペレーティングシステムで32ビットと64ビットのバイナリが利用可能になります。
  • マスターノード:マスターノードの実装に切り替え、ネットワークをさらに安全にします。

IncaKoin(インカコイン/NKA)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 1件

  1. 0

    匿名 ID:da791e513 返信

    急騰の理由がきになる、ウォレットのロードマップとかが細かいので開発の体制見えてるのかなと思う。

    2018/02/07(水) 13:21:56

他のコメントの書き込みをみる