なぜブロックチェーンは企業の「新たな標準」となりつつあるのか

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

注:本記事の著者、Richard Gendal Brown氏はR3社のCTOである。

数年に渡る議論と計画立案を経て企業ブロックチェーンは、保険、医療、金、石油ガス、金融などの幅広い業界で実現されようとしている。しかしその理由を一歩離れてよく考えてみる価値はあるだろう。

ビジネスの機能の仕方とこのビジネスが活動する市場の機能の仕方の違いについて、あなたはこれまでゆっくり考えたことがあるだろうか?

ほとんどのビジネスは中央管理されており、ビジネスを効率的に実行するために必要なCEOや取締役会、そして事業部門で構成される。しかし、市場のほとんどは分散化しており、中央管理する主体は存在しない。その結果、ビジネスと市場は密接に結びついていながら、まったく逆のやり方で機能している。

何十年も前にIT革命が始まったとき、企業などの中央管理型組織がIT技術のアーリー・アダプターとなるのは当然のことだった。企業活動を最適化することで競争上の優位に立つことができた。またIT技術を採用するために指揮管理機構が必要となったことで、業務慣例は変化した。

その結果、最近数十年間のIT産業の功績を振り返ってみたとき、技術プラットフォームはほとんどが社内向けに最適化された形で展開され使われていたとしても意外なことではない。

しかし業界レベルあるいは市場レベルで見てみると、まったく異なるシナリオを目にすることになる。非常に多くの市場がほとんど変化していないことは本当に注目に値することだ。今日の世界貿易は300年前の商人を考えると容易に理解できるだろう。複雑な保険契約を交渉する仕組みは100年前とほとんど変わっていないように見える。このような例は他にもたくさんある。

中央管理に掛かるコスト

実際、私たちが今まで産業全体が転換するのを目にしたのは、金融市場のインフラのような高度に統制された中央管理体制を市場が導入した場合だけだ。

その結果は目覚しいことが頻繁にあった。しかしそれらは、このような新たな制度が一旦確立した後でレントシーカー(規制を自分に都合良くするため規制機関に働きかける者)にならないこと、あるいは革新を抑止しないことを保証するのに必要な、新たな仲裁者やより大きなリスクの集中化、その結果として起こる規制という代償を払って実現してきたものだ。

最近まで私たちは、新たな集権化や制御を導入せずにそのような変更ができる技術を持っていなかった。今日存在するほとんどのソフトウェアがもっとも根本的な前提としているのは、企業内で展開され、その企業が管理し、企業が自社のために実行するので企業の従業員はそのソフトウェアの生産物を信頼する、ということだ。

いま私たちがいる世界では、一つの市場に集まる各企業は数百あるいは数千もの企業向けアプリケーションに囲まれたとてつもなく複雑なIT資産を保有し、その多くはライバルアプリケーションと同じことをする。しかし実際にはもっと悪い状況だ。

私たちは大量の複製したシステムを持っているだけでなく、そのどれもがこれまで協調して動作したことはない。そのようなシステムは取引先あるいは契約相手が互いに同期するように定期的に調整しチェックしなければならない。

ビットコインの教訓

しかし、ビットコインの出現は私たちに非常に興味深いことを教えてくれた。それは、互いに信頼していないが取引はしたいと思っている複数の主体に展開されるシステムを構築することは可能だ、ということだ。ただし、新たに中央管理型の当事者を導入せずに取引するためには彼ら全員が信頼することが必要だ。

このようなシステムは、合法的契約や医療記録、あるいは再保険ポリシーや複雑なローンのような分野にこれと同じロジックを適用するための強力な突破口となり得る。

このようなシステムは、今日のソフトウェアが要求するような現実に合わない中央管理モデルに適合するように作り変えることをこのような市場に強いることなく、市場全体を最適化するための聖杯となる可能性がある。それは中央管理型システムと分散型システムのどちらの世界にも一番良いことで、生産性の革命を引き起こす可能性がある。

私たちR3社が考えているのは、ブロックチェーン技術に基づくアプリケーションをビジネスに展開する可能性がここにある、ということだ。ブロックチェーン技術は正しく利用すれば、プライバシーと拡張性を保証し、「互いに同じものを見ている(”what I see is what you see”)」ことを約束しつつ、オープンネットワーク上で直接取引する能力を与える。

今や、企業ブロックチェーン技術のおかげで市場全体で変革が進行している。このプロセスは新たな仲裁者が介在したり、大胆に分散化された市場を不適切に中央管理されたモデルに誘導したりすることなく起きている。

ブロックチェーンは今日の市場のための分散型ソフトウェアであり、次の10年の間に世界中のさまざまな産業分野で新たな標準となるだろう。

Why Blockchain Is Becoming the ‘New Normal’ In Enterprise