QRコードで管理する仮想通貨ウォレット

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

分散型仮想通貨ウォレットであるSafeWalletは、パスワードや秘密鍵を置き換える新しいQRコードベースのユーザー識別システムを開始すると発表しました。

プレスリリースによると、中国のCheetah Mobileが運営するこのアプリは、2層のセキュリティシステムを使ってユーザーに所持品へのアクセスを許可します。最初の段階では、ユーザーが個人用の暗号化されたQRコードをスキャンし、2番目の段階ではセキュリティ用の質問が表示されます。

QRコードは高度に暗号化されているため、他のソフトウェアでスキャンすることでは解読できません。また、SafeWalletはQRコードをサーバーに保存しません。

特に、システムは、ユーザーが簡単に紛失、盗難、破損する可能性のある、バックアップ・フレーズを紙に書かないようにしたいと考えています。

と、企業の代表が語りました。

このシステムは、企業が伝統的なパスワードよりも安全であると主張し、使い易さも向上させています。

SafeWalletは、マルウェアを含む可能性のある電子メールやインスタントメッセージング・プラットフォームを使用してユーザーがパスワードを自分自身に送信したり、悪意のある人物にメッセージを漏らしたりすると、新たなシステムが危機管理を行い、ユーザーを保護することもできると考えています。

QRコードへのアクセス権は、デバイスやクラウド(企業が便利なバックアップアクセスを推奨している)に保存されている場合、誰かがアクセスできる可能性がある一方、代表は次のように述べました。

ハッカーはあなたのQRコードだけで、あなたの資産にアクセスすることはできません。あなたのセキュリティに関する質問(通常のSafeWalletのパスワードに加えて)に対する回答を知る必要があります。

たとえ誰かがユーザーに非常に近い人であっても、推測するのが非常に難しいでしょう。常に資産を完全に管理しています。

さらに、盗難に対する保護手段として、秘密鍵はウォレットにはテキストとして表示されないという。また、SafeWalletは、ユーザーのデバイスで悪質なコードを含むアプリケーションをスキャンし、疑わしいものが見つかった場合にユーザーに通知します。

SafeWalletの製品責任者であるカイザー・チャン(Kaiser Zhang)氏は声明で、この新しいツールは「長いパスワードや秘密鍵を暗記する必要はもはやない」と述べています。

この複雑なバックアッププロセスは、暗号化方式のウォレットのユーザー、特に仮想通貨に初めて参入したユーザーの主な障壁の1つです。

この最新のアップデートでは、SafeWalletのセキュリティ機能を犠牲にすることなく、このような使い勝手の問題を解決しています。

さらに、サードパーティの開発者にセキュリティツールへのアクセスを許可し、他のユーザーが自分のプロジェクトに同様のセキュリティ機能を追加できるようにしました。

SafeWalletの革新的なIDシステムは、分散化および集中化されたシステムに接続し、ブロックチェーン製品の使いやすさとセキュリティの問題を解決する橋渡し役を果たします。

Crypto Wallet to Replace Private Keys With Encrypted QR Codes