仮想通貨(コイン)の HyperStake(ハイパーステーク/HYP)とは?買い方・価格・取引所・時価総額・チャート・将来性・高騰/暴落

Translate this article into English

シェアする

最新のHyperStakeの価格・時価総額・出来高

通貨名HyperStake
通貨略号HYP
公開日2014年5月30日
システムProof of Stake
発行上限枚数2枚
取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所Cryptopia,Coin exchange,Bx thailand
公式サイト

HyperStake()のローソク足リアルタイムチャート

HyperStakeとは?基本情報

HyperStakeは、複雑なマイニングツールが不要なブロックチェーンを保証することにより、ユーザーに大きな報酬をもたらす先進的なブロックチェーンプラットフォームです。

トップクラスのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)通貨であること、また長期的にバリューを蓄積するために最適な仮想通貨であることに主眼を置いており、ホルダーには、「ミンティング」(いわゆるマイニング)を利用して大きな報酬がもたらされます。

このミンティングの報酬により、ユーザーの仮想通貨のポートフォリオが、休止状態となったり、潜在的に価値が減少せず、ユーザーの作業のモチベーションとなることでしょう。

HyperStakeのどこでもステーキングを可能にする最先端のウォレットとツールにより、ユーザーはステーキング戦略とインベストメント・リターンを最大限にする機能で完全支配が可能となります。

HyperStakeの特徴・仕組み

HyperStakeには、以下のような特徴があります。

  • 基本システム
  • ステーク報酬
  • ブロックの分割
  • ウォレット

基本システム

  • アルゴリズム:プルーフ・オブ・ステークのみ
  • ブロックタイム:90秒
  • 最低熟成期間:8.8日
  • 最大熟成期間:30日
  • 熟成期間は他のコインに比べて長くなっています。

ステーク報酬について

現在は、1ステークにつき最大1,000 HPYまでのステーク報酬となるよう管理されております。これにより、1日あたりの最大コインは960,000 HYPとなります。

ブロックの分割について

おすすめのブロックサイズは、15,000-30,000 HYPです。15,000 HYPよりもブロックサイズが小さい場合は、マイニングの難易度が高まるため、ステーキングができるまで時間がかかります。1,000 HPYのステーク報酬を確実に獲得するには、より早くステーキングができる大きめのブロックサイズにしておくという意見が多いようです。

ウォレットについて

HyperStakeのウォレットには、以下のような特徴があります。

ウォレットのカスタムテーマ

ZeeWolfが、HyperStakeのためにカスタムテーマコードをデザインし、現在6種類のデザインからテーマを選ぶことができます。テーマは動作中に切り替えることができます。ユーザーが既存のテーマをコピーし、簡単に自分のテーマを作成したり、編集不要で動作中にテーマを追加できます。

進化したコインコントロール

HyperStakeには、どんな仮想通貨ウォレットよりも最新バージョンのコインコントロールが実装されています。ウォレットでは、コインフィルターボックスにより手軽に大量のコインを選び出すことができます。HyperStakeのウォレットには、一般的なコインコントロールの画面よりも、「熟成期間」、「重み」、「ステーキングまでの予想日数」、「潜在的ステーキングバリュー」といった、より多くの項目が表示されています。

手軽にブロックを分割

1回のシンプルな処理でコインブロックを分割できます。詳しくはYouTubeをご参照ください。

MultiSend機能

MultiSend機能は、かつてはStake For Charity(s4c)と呼ばれていました。この機能により、ユーザーは、ステーキング報酬の一部を寄付したいアドレスに自動的に送信できます。MultiSend機能は、コインが熟成した場合に発動されますが、現在はステーキングしたものを100%以上は送信できない仕様となっています。

ステーキングの無効化

HyperStakeのウォレットでは、ウォレット内の重みやネットワークでの難易度を監視することで、一定のパラメーターを満たした場合に、ステーキングを無効化する設定を行なうことができます。

HyperStakeの相場・チャート・高騰/暴落情報

  • 取引開始日:2014年8月19日
  • 取引開始価格:0.002671USD
  • 直近価格:0.009053USD
  • 最高値:0.030306USD(2014年10月19日)
  • 最安値:0.000010USD(2017年3月)

2014年8月の取引開始後、順調に価格が上がり、同年10月には最高値を記録しました。しかしながら、その後長く価格低迷が続いておりました。2017年12月後半以降、再び価格が上がり始め、順調に推移しております。

HyperStakeの買い方・売り方・購入方法・取引所

HyperStakeの購入できる取引所はこちらです!

取り扱い国内取引所
取り扱い海外取引所 Cryptopia,Coin exchange,Bx thailand
※HyperStakeを購入するには、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」に登録し、ビットコインを購入してから海外取引所に送金する必要があります。 国内取引所はアプリの使いやすさNo.1のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ビットフライヤーの無料登録はこちら

海外で使いやすいオススメの取引所「Coinexchange.io(コインエクスチェンジ)」

おすすめのポイント

  • 取引できる仮想通貨の量が多い!
  • 海外取引所の「Binance(バイナンス)」では買えない通貨が購入できる
  • これから日本に入ってきそうな良い通貨を早く発見できる!

新しい通貨、上昇している、これからの新しい通貨を見つける・購入するのにオススメの取引所は、「Coinexchange.io」です。

Coinexchangeの登録は最短30秒!「メールアドレス」と「パスワード」・「ユーザーネーム」だけで 無料で登録できます

無料登録はこちら

世界最大級の暗号通貨取引数!

コインエクスチェンジ

通貨のソートができて騰落率や1日の高値、安値が見やすい

新しい通貨を見つけるときに、24時間での銘柄の騰落率を並び変えることができます。下がっている通貨を安く買うこともできますし、自分が購入した通貨が上昇しているときに売るというのを一目で判断することができます。また、チャートが非常に見やすくカスタマイズも簡単にできるので、自分の見たい・トレードしやすい形にすることができます。

日本で取引されていない、海外取引所にもない通貨の取引が可能!

日本のビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどではおおよそ全部合わせても15種類程度の通貨の売買しかできません。しかしCoinexchangeはおよそ80種類程度の通貨の取引が可能です。新しい通貨、これから注目されるであろう通貨を早く見つけることで、資産上昇のチャンスに繋がります。

無料登録はこちら

HyperStakeの将来性

HyperStakeは、大規模なインフレーションを起こすことなく、ブロックチェーンを保証し、大きな報酬をもたらす仮想通貨を作り出すことを第一の目標としています。その意味では、HyperStakeは、仮想通貨経済における試みとなるはずです。

現在、マーケティングと開発に資金を提供するための予算システムに基づいたステーキングとなる「HyperChain」プロジェクトの新白書を展開中です。HyperStakeでは積極的な開発が始まった段階であり、2018年には多くの新しいユースケースが発表されることでしょう。

HyperStakeの最近のニュース・最新情報・今後の予定

HyperStakeでは、以下のような積極的な開発ロードマップを公開予定です。

  • ホームページのリデザイン
    • わかりやすいデザインで直観的なユーザー体験を提供できるよう、ホームページを一新します。
  • BIP38 Encrypt/Decryptツール
    • BIP38ツールとHyperStakeのウォレットを合体させることで、簡単にペーパーウォレットの作成や買い戻しが可能になります。
  • マルチシグネチャGUI
    • GUIに、他者間取引を簡単で信頼できるものにするマルチシグネチャ機能を追加します。
  • 新しい両替サービスやその他のサービス
    • HyperStakeを新しい投資家やサードパーティー事業者に拡大させるため、新しい両替サービスや決済サービスを追加します。
  • モバイルウォレット
    • 持ち運びできる買い戻し機能やHyperStakeを利用できるモバイルウォレットを開発します。

HyperStake(ハイパーステーク/HYP)の評判・感想・雑談の掲示板

※禁止事項に反する書き込みは見つけ次第、削除致します。※悪質なユーザーの書き込みは制限します。

コメント数 0件

他のコメントの書き込みをみる