スイス金融市場監査局、100万ドルのICOに頭を悩ませる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

スイスの金融市場監査局(FINMA)は木曜日、ブロックチェーンのスタートアップEnchion AGを調査し、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で金融市場のルールを破る可能性があると発表しました。

FINMAのプレスリリースによると、今年初めにICOで1億ドルを調達したEnvionは、そのような取引が許可されていないにもかかわらず、EVNトークンと引き換えに公的預金を受け入れて銀行法を破ったとされています。

規制当局はこのように述べます。

FINMAが現在行っている調査ではICOとの関連で、EVNトークンを発行し約3億人の投資家から、約1億フラン相当の資金を受けとったことが示されています。

これは、幹部が不正行為を互いに告発し始めてから数ヵ月間にわたり黙っていたスタートアップの唯一の後退ではありません。

New York Timesは5月、Envion社の最高経営責任者(CEO)、Matthias Woestmannが、創業者が追加のEVNトークンを強奪したという主張したを、報告しました。一方、創業者たちは、Woestmannが会社の支配権を奪い、契約を破ったと主張したようです。

Swiss Markets Authority Investigates Troubled $100 Million ICO