中国の仮想通貨富豪がBitcoinを使って海外不動産を購入

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

仮想通貨富豪のカリフォルニアの大邸宅で成長しているチャイブ(ネギ属の葉菜)には隠されたメッセージがあります。

中国の山西省で牛肉販売員であったグオ・ホンカイ(Guo Hongcai)氏は、初期のビットコイン投資家であり、海外の不動産を購入することによって、富裕層の一員となりました。

4月には、500枚のビットコインをアメリカで売却し、サンフランシスコから車で90分にあるロスガトスに、100,000平方フィートの邸宅を購入しました。 ビットコインのアービトラージ取引の成果で購入した彼のロールスロイスは、小さなチャイブガーデンの近くの車道に止まっています。

「アメリカでビットコインを売るのは普通のことです。ビットコインを売った後は、欲しいものを買います。」と彼は語りました。

ホンカイ氏は、この別荘を「チャイブ屋敷」と呼んでいますが、その由来は、チャイブは急落に弱い仮想投資家の中国での隠語を表しているところから来ています。

中国の規制当局が、中国国内での仮想通貨業界のビジネスを取り締まるにつれ、仮想通貨による億万長者は外国の不動産市場に転じ、その保有を多様化させています。

仮想通貨で直接購入することもあれば、銀行を経由せずに外貨を得るためにホンカイ氏がビットコインを使ったような手段もあります。

米国の仮想通貨による不動産スタートアップの創設者は、匿名の条件で以下のような話をしてくれました。中国の投資家を含むアジアからの利用者の約3分の1は、香港の証券ブローカーを通じてトークン化された財産権を求めています。

South China Morning Post紙によると、香港で購入された不動産は、海外で保有している他の金融資産と同じ税金や書類を必要としないため、香港のブローカーを通じて外国の不動産への中国の投資は年々増加しています。今や初期のビットコイン投資家は、このパターンによって、新しい富を築いています。

「シリコンバレーでは、5万ドルから10万ドルで開始しましたが、最近では3〜4百万ドルまで高騰しました」と、仮想通貨不動産企業であるPropy社のCEOであるナタリア・カラヤネワ(Natalia Karayaneva)氏は語りました。

彼女は以下のように付け加えました。

香港に拠点を置く銀行に口座を開設してお金を国外に出すのではなく、ビットコインを使って国外に資金を引き出すことがより容易になっているため、仮想通貨で物件を購入するニーズが高まっています。ビジネスチャネルを使用しています。

人気投資先

カラヤネワ氏によると、米国と英国、特にロンドンやカリフォルニアのベイエリアなどの不動産は、フィンテック拠点の中で最も人気のある場所です。

彼らは主に、スタンフォード大学のような良い教育の隣にある居住用の物件に興味がありました。また、彼らは多様化させたいと思っていますし、より安定した国々に資産の一部を海外に持ちたいと考えています。

これまでのところ、Propy社ウェブサイトへの月間50,000件のトラフィックの約半分は中国からのものです。

ATTOM Data Solutionsが 10年以上に渡って集めた統計によると、すべての戸建て住宅のほぼ4分の1が今では抵当権なしの現金払いのみで購入されているカリフォルニアは、中国国内への不動産投資をはるかに超えた人気の投資先となっています。

カリフォルニアに本拠を置くSetSchedule社は、ライセンスを受けた不動産業者が、バイヤーや住宅所有者とつながることを手助けする企業ですが、そのCEOのロイ・デケル(Roy Dekel)氏によると、中国のビットコイン長者の間では、不動産を直接ビットコインで購入するよりも、一度現金化する方が一般的となっています。

我々は中国国内への関心が低下したことに気づきましたが、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークのようなある都市は依然として人気があります。

超裕福な中国人は、この投資先を投資多様化のための手段として利用してきました。

仮想通貨による高額物件投資

一方、デケル氏は、「多くのブロックチェーン愛好者」が投資先として、別荘または土地を購入していることに気づき、国外のバイヤーから直接的に仮想通貨で決済してもよいという売り手を増やしています。

この傾向の背景にあるのは、Propy社のようなプラットフォームは管轄区域に準拠しているため、脱税を超えて正当な市場における真の苦境に向かう可能性があるからです。

1月に、ニューヨークタイムズ紙は、中国の巨額の住宅市場が「カジノのようだ」と主張しました。さらに、ロイター通信は、中国における住宅開発者のための補助金の削減など、不動産開発の制約が引き続き厳しくなっていると報告しました。

「北京では、昨年だけで40%の価格上昇が見られた」とカラヤネバ氏は語りました。

歴史的に、中国の不動産投資家は、自国の不動産市場が狂っているため、海外市場でも非常に活発に活動しています。

ただし、よく調査してみると、このように仮想通貨で不動産を購入するのは中国人だけではありません。2017年、ヨーロッパの人達は、ドバイの高級マンションであるAston Plaza & Residencesを購入するためにビットコインを使用しました。

このプロジェクトでは、英国男爵ミシェル・モーン(Michelle Mone)氏が先導しています。

しかし、このような行為が実際に起こっているところでは、仮想通貨億万長者が世界中の不動産市場に影響を大きな与える可能性が指摘されています。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

China’s Crypto Millionaires Are Using Bitcoin to Buy Real Estate Abroad